十三非常階段
●ビーストウォーズ  D-5 テラザウラー
BEAST WARS D-5 TERRORSAUR 896

1990年代半ば、トランスフォーマーは大幅な方向転換をするに至り、
約10年間貫いてきたロボットのスタイルを一変させた。

スポーツカーや戦闘機等のビークルを変形モチーフとしていた物を動物に変更、
“ロボットはメカでなくてはならない”という常識を覆した。

初期アイテムのテラザウラーはこの傾向が顕著で、
ビーストモードは勿論の事、ロボットモードも
有機的で人間に近いスタイルが与えられている。



ビーストウォーズ D-5 テラザウラー 969  ◆ 名前 : テラザウラー

  ◆グループ: デストロン 

  ◆ 役割 : 空中戦闘員

  ◆ 変形 : プテラノドン


  ◆シリーズ: トランスフォーマー ビーストウォーズ

  ◆ 発売 : 1997年7月17日

  ◆ 価格 : 750円




Transformes BEAST WARS D-5 TERRORSAUR package

パッケージ




BEAST WARS D-5 TERRORSAUR Pteranodon 836

ビーストモード

白亜紀後期に北米大陸に生息した大型翼竜で、
最大1.8mにも及ぶ長い頭骨を有する事が特徴。

プテラノドンの飛行能力は高く、滑空して
海面近くの魚を掬い取って主食にしていたと考えられている。



BEAST WARS D-5 TERRORSAUR Pteranodon 843

リア

翼を広げた状態で造形されており、頭部の長い鶏冠や
背中から尻尾に掛けての鱗のモールド等の造り込みが見事。

背面には緑色で鱗のタンポ印刷も施されており、
翼竜としてのリアルさも表現されている。




BEAST WARS D-5 TERRORSAUR Pteranodon 964

巨大な顎は開閉可能で表情が付けられる。

プテラノドンとは“有翼で歯の無い者”という意味を持つが、
テラザウラーのトイは明確に歯がずらりと並んでいる。

この辺りは一般的な“恐竜のイメージ”を先行させていると思われる。




テラザウラー、変身!
Beast Wars TERRORSAUR Transform

ビーストウォーズの初期アイテムの中で最小サイズのベーシッククラスは、
全て一発変形を内蔵したフリップチェンジャーであった。

テラザウラーもプテラノドンの首を跳ね上げると、スプリングの力により自動変形する。




ビーストウォーズ D-5 テラザウラー 6869

ロボットモード

テラザウラーは悪役ながらも、設計の図面の段階から
ヒーロー的なデザインが与えられていた。

プテラノドンの臀部が胸となる事で、分かり易く
逆三角形体型を作り出しているアイディアが巧い。



ビーストウォーズ D-5 テラザウラー 6884

リア

背中に配置されたプテラノドンの翼は、
アメリカンヒーローのマントの様である。

人間を思わせる細身ながらも筋肉質な胴体と手足も、
アメコミヒーローを意識した事が窺える。




トランスフォーマー ビーストウォーズ D-5 テラザウラー 954

それまで自動車やジェット機といったビークルに変形していた
トランスフォーマーが、『生身の動物』に大転換された事には理由がある。

1990年代に入るとアメリカではフィギュアブームが到来し、
男児玩具で人気を占めるのは、X-MENスポーンの様な
アメコミヒーローのフィギュアにシフトしていた。



BEAST WARS D-5 TERRORSAUR 6932

当時展開していた『TRANSFORMERS GENERATION 2』の新作トイは
どれも名作揃いであるにも拘らず人気を維持出来なかったのは、
世相が求めるニーズに合致していなかったからに他ならない。

変形ロボットよりもマッチョなフィギュアが求められていた時代である。




ビーストウォーズ D-5 テラザウラー 904

アメコミフィギュアの要素をトランスフォーマーに取り入れた
ビーストウォーズ』のトイは、機械パーツが組み合わさった
無機質なロボットではなく、ロボットモードでも人間的なスタイルや
筋肉のモールドが意図的に組み込まれている事が分かる。



Transformers BEAST WARS D-5 TERRORSAUR 923

更にアクションフィギュアという面も考慮されており、
従来のTFと比べると全身の可動が飛躍的に向上している。

BWトイの多くにボールジョイントが採用されている事は
その表れと言うべき物であり、様々なポーズ付けが可能となっている。

有機的で生命力溢れるアクションフィギュアと変形ロボットの
融合という難題の答えが『ビーストウォーズ』なのである。





Transformers BEAST WARS D-5 TERRORSAUR 936

『全ビースト戦士の中でも最速の飛行スピードを誇る戦士。
飛ぶのも速いが喋りも早く、いつも甲高い声でキーキー叫んでいる。

性格はキザで自惚れ屋。
メガトロンを倒してデストロンのリーダーになろうと企んでいる。』



トランスフォーマー ビーストウォーズ D-5 テラザウラー 925

『風を読みグライダーの様に無音飛行する。
小型なので地上から攻撃しても、なかなか命中させ難い。

ビーストモードではマッハ9、ロボットモードでは
時速120㎞で飛行する事が出来る。』



BEAST WARS D-5 TERRORSAUR Pteranodon 57

テックスペック

・パワー  : 6
・知能   : 5
・スピード : 8
・耐久力  : 4
・階級   : 6
・勇気   : 7
・火力   : 5
・テクニック: 6





BEAST WARS D-5 TERRORSAUR Terror Beam Gun 907

テラー・ビームガン

『背中に隠されているビームガン。
軽くて早撃ちに向いているが、威力はそれ程でもない。』


テラザウラーの主要武装で、CGアニメに於いても度々使用している。



Beast Wars TERRORSAUR TERROR BEAM GUN

ベーシッククラスのテラザウラーの武器の為、
サイズは非常に小さい物だが、二つのパーツで
構成されており、折り畳む事が出来る。



TF Beast Wars TERRORSAUR TERROR BEAM GUN 2

コンパクトに畳まれた銃は背中のスペースに収納可能。

シークレットウェポンの銃はパッケージでも
アピールされており、『秘密武器』と称している。




ビーストウォーズ D-5 テラザウラー アトミック・ビーム 6938

アトミック・ビーム

『両目から発射するビーム。
厚さ5mの鉄板も軽く貫いてしまう程の威力がある。』


アニメ劇中では幾度となく使用した武装。

ワスピーターダイノボット等、CG版ビーストウォーズには、
目からビームを放つキャラクターが複数登場してた。





ビーストウォーズ D-5 テラザウラー  902

テラザウラーは、隙あらばメガトロンを追い落として
自らがデストロン軍団のリーダーにならんとする野心家である。

自身のパワーはメガトロンより遥かに強大で、より賢く、
真の支配者に相応しいのは自分であると信じているが、
実際は何一つ勝っている面は無い。



BEAST WARS D-5 TERRORSAUR 948

デストロン軍団に“裏切り者”は伝統的な要素の一つだが、
その始祖とも言えるスタースクリームと比較すると
テラザウラーは大幅に格下の存在であり、計略も安直で
“裏切り”の徹底さにも欠ける為、痛々しさばかりが目立っていた。

テラザウラーの真の姿は、全くの臆病者に過ぎない。



BEAST WARS D-5 TERRORSAUR Pteranodon 850

テラザウラーは考え無しで頭脳プレーに欠ける為、
裏切り者のポジションは狡猾で用意周到なタランス
ブラックウィドーに移ってしまう。

結局の所、単なる一兵卒の域を脱しなかったテラザウラーは、
ワスピーターと共に空中戦闘を担当する役回りが多かった。




トランスフォーマー ビーストウォーズ D-5 テラザウラー 942

時代の流れに呼応したスタイルを導入した『ビーストウォーズ』により、
トランスフォーマーの人気は再燃し、現在へ続く道を切り開いた。

しかし単に流行を取り入れただけならば、シリーズは1年も持たなかっただろう。

誰も予想しなかった生身のロボットという新しいスタイルだけにとどまらず、
数々のアイディアやギミックを惜しみなく組み込んでいる事が、
ビーストウォーズ』を長期に継続させた要素の一つである事は間違いない。







BEAST WARS 6945

◆参考にならない比較◆





⇒ D-43 メタルステラザウラー


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

コメント
初コメ失礼します。
初期ビーストの中でもテラザウラーは小さいながら中々出来が良かったと思います。
ビースト腕と羽の膜の部分が好きです。
コイツとラットルは再販版だと一部塗装が違うんですよね。
最近集めだした身ですがどちらとも再販版初版共に中々手に入らない商品になってます。

当時のはパーツが欠けまくりでボロボロですが、こういうのをみると子供の頃から玩具は大事に扱おうと、自分の子供にも言ってあげたいですね。子供いませんが。
2014/02/28(金) 12:13:41 | URL | じょう | [ 編集 ]
>じょうさん
初期ビーストは名作が多かったですね、遊び易い所も良かったです。
日本版BWは初期版と後期版でカラー変更されたアイテムも多かったですね。

思えば当時から15年以上経っているので、今となっては入手が難しいのかもしれません。
ビーストウォーズはセカンドやネオも名作揃いなのでお勧めです。

子供の頃はオモチャを多少乱暴に扱っても良いでしょう、
当時の品を今も持っているなら良い思い出にもなりますし。
2014/03/01(土) 23:00:51 | URL | 付喪 | [ 編集 ]



URL

 
PASS
SECRET

Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog