十三非常階段
●トランスフォーマーGo!  限定品 ハンターネメシスプライム
TRANSFORMERS Go! Cybertron Satellite Exclusive HUNTER NEMESIS PRIME 044

ブラックカラーのコンボイは、新しいコンボイ(オプティマス)が
造られる度に登場しているが、そのどれもが絶大な魅力を備えている。

加えてオプティマスプライムと同等の能力を備えた悪の司令官という
キャラクター面でも、興味を惹かれる存在となっている。

コンボイのブラックVer.は限定品とされるケースが多い事も特徴の一つで、
入手する為には労力を惜しまず奔走する事は必至である。



トランスフォーマーGo! 限定品 ハンターネメシスプライム 7089
  ◆ 名前 : ハンターネメシスプライム

  ◆グループ: ディセプティコン

  ◆ 役割 : 虚像司令官

  ◆ 変形 : トラック


  ◆シリーズ: 参乗合体 トランスフォーマーGo!

  ◆ 発売 : 2013年12月27日

  ◆ 価格 : 5000円





Transformers Go! Exclusive HUNTER NEMESIS PRIME package

パッケージ




Transformers Go! Exclusive HUNTER NEMESIS PRIME package 2 813

パッケージ裏面は横向きのレイアウトで、ハンターネメシスプライム
設定文とトイの写真が大きく配置され、通常商品とは異なる特別感を放っている。

横向きのスタイルは、同じくトランスフォーマーGo!・シリーズの限定品、
ケンザン・黒武者Ver.ゲキソウマル・黒獅子Ver.と同様。




トランスフォーマーGo! サイバトロンサテライト限定 ハンターネメシスプライム トラックモード 6992

ビークルモード

大型の6輪トラックが変形モチーフ。

角張った厳つい車体に加え、ブレードが備わった
フロントバンパー等から、単なるトラックというよりは
装甲車や戦闘車両のイメージが濃厚なデザイン。



トランスフォーマーGo! サイバトロンサテライト限定 ハンターネメシスプライム トラック 995

リア

ロボットモードでのバックパックが天面に、
ウイングが側面、足の裏が車体後部に配置される。

これ等のグレーのパーツでコンテナを表現している様だ。

SF調なデザインながらも上方に突き出たマフラー等から、
大型トラックとしても納得の形状に纏め上げている。



トランスフォーマーGo! サイバトロンサテライト限定 ハンターネメシスプライム トラック 997

サイド

コンテナを形成する2枚のウイングは、武器をセットする為の
5ミリジョイントが露出する様にずらして配置する。

タイヤはシャフトを使用しない嵌め込み式の構造だが全て回転可能。
ホイール部分に塗装があれば、より完成度が高くなっていたであろう。




トランスフォーム!
Transformers Go! Exclusive HUNTER NEMESIS PRIME transform




TRANSFORMERS Go! Exclusive HUNTER NEMESIS PRIME 099

ロボットモード

マッシブ体型のハンターオプティマスプライム
ブラックカラーになった事により迫力が増している。

トラックモード・フロントの四つのブレードを再現した
パーツが腹部に造形されており、悪役らしさが感じられる。

頭部が小さい為、頭身が高く、太い手足や広い肩幅等、
パワフルな印象を引き出しているデザインだ。



TRANSFORMERS Go! Exclusive HUNTER NEMESIS PRIME 205

リア

大型のウイングユニットを背負っている事が特徴。

巨大なジェットパックを背負うスタイルは
ギャラクシーコンボイ・スーパーモードを想起させ、
X型に広がったウイングは、『TFダークサイド・ムーン』で
発売されたジェットウイングオプティマスプライム
アルティメットオプティマスプライムの影響が感じられる。




TRANSFORMERS Go! Cybertron Satellite Exclusive HUNTER NEMESIS PRIME  53

ビーストハンターズ版オプティマスプライム、日本では
G-11 ハンターオプティマスプライムのリデコレーション版。

ブラックコンボイカラー、又はネメシスカラーと俗称される
黒とメタリック・ブルーグリーンの配色で纏められている。

特筆すべきは頭部が新造されている事で、口が露出していた
ハンターオプティマスと異なり、マスクを装着した
伝統的なコンボイ顔に変更されている。



トランスフォーマーGo! サイバトロンサテライト限定 ハンターネメシスプライム 148

全身各所に可動軸が組み込まれており、充分な可動を誇る。
首、腰、手首、二の腕、膝にロールが仕込まれているのでポーズ付けに有用。

腕部を上げる際に大型の肩パーツがウイングに干渉するが、
ウイングユニットも自在に動き逃がす事が出来る為、問題は感じられない。

ボールジョイントは一切使用しておらず、肩の横方向の可動と膝には
クラッチ式可動が取り入れられている為、ポーズの保持力が強い構造。




トランスフォーマーGo! 限定品 ハンターネメシスプライム 109

黒い成形色とメタリック調の青緑色の塗装が施された
オプティマスプライムのリカラー版は、最早定番と化しており、
コンボイ型のTFトイが登場すればブラックバージョンも大抵発売される。

オプティマスプライムのブラックVer.は、ショップ限定品や
イベントで限定発売されるケースがほとんどである。



TRANSFORMERS Go! Exclusive HUNTER NEMESIS PRIME 7162

ハンターネメシスプライムは『トランスフォーマーGo!』シリーズの
限定品として発売され、全国のサイバトロンサテライト限定であった。

サイバトロンサテライトは2012年3月から設置され、全国の様々な店舗が加盟していたが、
2012年4月から2013年3月まで展開した『トランスフォーマー プライム』の
TVアニメ放送が終了すると、全てのトイザらス各店が撤退した。



トランスフォーマーGo! サイバトロンサテライト限定 ハンターネメシスプライム 7113

これによりサイバトロンサテライトは大幅に店舗数が減少し、
ハンターネメシスプライムが発売された2013年12月末の時点では、
全国で13店舗のみであった為、地域によっては近隣に
サイバトロンサテライトが全く無いという状況も少なくなかった。

13店舗の内、半数は関東の東京周辺に集中しており、
他の地域は主要都市以外は全滅に近かった為、
サイバトロンサテライト限定品は明らかに地域差が生じていた。





TRANSFORMERS Go! Exclusive HUNTER NEMESIS PRIME Sword 7139



クリアレッドで成形された大型の剣が付属、
柄の部分はガンメタルで塗装されている。

ハンターネメシスプライムの目やウィンドーと同じ成形色を
使用している為クリアレッドなのだが、悪のオプティマスには
邪悪さを連想させる赤く輝く剣がよく似合っている。



トランスフォーマーGo! サイバトロンサテライト限定 ハンターネメシスプライム 156

ハンターオプティマスプライムの海外版設定では、
付属する剣は『スターセイバー』の名称が与えられていた。

別次元のハンターオプティマスであるハンターネメシスプライムは
同じ形状のボディを有し、同じ武器を所持している為、
これをスターセイバーと呼んでも良いのかもしれない。



TRANSFORMERS Go! Cybertron Satellite Exclusive HUNTER NEMESIS PRIME Sword 171

又は悪の力を備えている為、ダークスターセイバー
(日本名:ダークエネルゴンセイバー)の方が相応しい名称と言える。

しかしトイパッケージや説明書には『』と記載されているだけである。

いずれにしてもハンターネメシスプライムが
手に取る剣には、明確な名称は与えられていない。





TRANSFORMERS Go! Exclusive HUNTER NEMESIS PRIME Missile Launcher 7116

ミサイルランチャー

スプリングによるミサイル発射ギミックを搭載した
ミサイルランチャーが2基付属し、手持ち武器として装備出来る。

こちらの武器も特別な固有名称は
設定されていない所が、少々寂しい面である。



TRANSFORMERS Go! Exclusive HUNTER NEMESIS PRIME Missile Launcher 122

ランチャー両サイドに設置されたバーは開閉可能で、
開くとボウガンの様なシルエットを作り出す。

拳は上下に穴が開いている為、ミサイルランチャーを
両側に同時に装備させる事も出来る。




TRANSFORMERS Go! HUNTER NEMESIS PRIME Back Pack 7083

ミサイルランチャーはバックパックの両サイドに装着可能。

武器の円筒形の形状や取り付け位置から、
ジェットブースターを意識している事が窺える。

ミサイルの形状も噴射煙の様な造形の為、
ランチャーはジェットエンジンも兼ねていると思われる。



TRANSFORMERS Go! HUNTER NEMESIS PRIME Back Pack 7086

バックパックには5ミリジョイントが設けられている為、
付属する剣も背中に装着させる事が出来る。

ミサイルランチャーと剣の全ての武器を装備可能な為、
余剰パーツを無くす配慮が成されている事が分かる。




TRANSFORMERS Go! Exclusive HUNTER NEMESIS PRIME Battle Truck 977

ビークルモードでも全ての武器をマウント可能。

厳ついボディのトラックに武器を装備させる事により、
更に戦闘的なシルエットとなる為、悪役らしさが増す。



TRANSFORMERS Go! Exclusive HUNTER NEMESIS PRIME Battle Truck 6989

トラッックの側面に装備したミサイルランチャーは
任意の方向に向ける事が出来、ミサイル発射ギミックも健在。

様々な形態を作り出せる構造の為、大いに楽しめるアイテムである。




トランスフォーマーGo! サイバトロンサテライト限定 ハンターネメシスプライム 集光ギミック 167

集光ギミック

悪の黒いコンボイには、クリアレッドに輝く目が最も似合っている。
クリアレッドの透明度も高い為、光り方は申し分無い。

ブラックコンボイ・タイプのアイテムは今後も登場するだろうが、
クリアレッドの目は受け継いで欲しい要素である。





TRANSFORMERS Go! Exclusive HUNTER NEMESIS PRIME 036

ブラックレジェンディスクの未知なるパワーは、
時間断層面より別次元に存在する悪の
ハンターオプティマスを地球に召喚してしまった。

ハンターオプティマスは、自分にそっくりな姿をした
漆黒の戦士に対して、かつて、記憶を失いディセプティコンマークを
身に付けてしまった事を思い出し、積年の後悔を晴らす為にも、
ハンターネメシスプライムとの一騎打ちを挑む。

正義と悪の対決は、ブラックレジェンディスクの争奪戦に発展し、
激闘が繰り広げられる事になる。』



トランスフォーマーGo! サイバトロンサテライト限定 ハンターネメシスプライム  7126

パッケージの設定文では、アニメ『トランスフォーマー プライム』で
オプティマスプライムが記憶を失くし、オライオンパックスとして
ディセプティコンに力を貸したエピソードが巧みに取り入れられている。

作品を知るファンがニヤリとしてしまいそうな、少々マニアックな設定を
組み込んでいる事は、コアなファン向けの限定品ならではと言えるだろう。




TRANSFORMERS Go! HUNTER NEMESIS PRIME Tech Specs 039

テックスペック

・体力 : 10
・知力 : 7
・速度 : 8
・耐久力: 10
・地位 : 10
・勇気 : 7
・火力 : 10
・技能 : 8





TRANSFORMERS Go! HUNTER NEMESIS PRIME DECEPTICON Mark 030

『ブラックレジェンディスクの未知なるパワーにより、
別次元から召喚された悪のハンターオプティマスプライム。

左腕に刻まれたディセプティコンマークが悪の象徴。
ハンターオプティマスプライムとの一騎打ちに挑む。』


こちらの設定文はトイパッケージには記載されていない。
トランスフォーマーは、トイだけで全ての情報が入手出来るとは限らない。



トランスフォーマーGo! サイバトロンサテライト限定 ハンターネメシスプライム  店頭告知 2

店頭告知(拡大可能)

サイバトロンサテライトのトランスフォーマー玩具売り場に
設置されたパネルには、独自の設定文が記載されていた。

トランスフォーマー公式サイトのハンターネメシスプライムの告知文と
ほぼ同内容の設定だが、店頭でしか知る事が出来ない情報は貴重だ。




トランスフォーマーGo! サイバトロンサテライト限定 ハンターネメシスプライム 7046

サイバトロンサテライト限定アイテムは、在住する地域によって
簡単に手に入れられる者も居れば、入手困難であった者も居ただろう。

己が欲しいと感じた物を追い求める事は道理だ。

発売日に早起きをして遠出するも良し、ネットを駆使して転売品を手にするも良し、
各人それぞれの方法で入手の為に尽力する行動力が肝心である。




TRANSFORMERS Go! Cybertron Satellite Exclusive HUNTER NEMESIS PRIME 198

元々マッシブで戦闘的なデザインのハンターオプティマスだった為、
悪役としても相応しい姿であり、ハンターネメシスプライムは
同型でもブラックカラーにより魅力溢れるアイテムとなった。

又、新規のマスク装着の頭部も嬉しい変更点であった。

海外では個人主義を強調する為か、口が露出した“素顔”の
オプティマスプライムが度々描かれているが、日本人の視点では
初代コンボイの様なマスク顔の方が恰好良く感じる物だ。

ファンが求めている仕様のアイテムとなった事は嬉しい限りである。








NEMESIS PRIME 221

◆参考にならない比較◆







テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog