十三非常階段
●ビーストウォーズ ネオ  D-31 スリング
Transformers BEAST WARS NEO D-31 SLING 8309

恐竜型ロボットのTFは、G1期のダイノボット部隊から始まった。

子供に人気がある恐竜をモチーフにしたTFは、その後何度も採用され、
ビーストウォーズ時代にも数多くの恐竜型トランスフォーマーが登場している。

ビーストウォーズネオ』に於けるデストロン軍団は全て恐竜型TFで
構成される為、それまでのTFシリーズには存在していなかった
少々マイナーな恐竜が数多く採用され、恐竜型TFが大幅に増員された。



トランスフォーマー ビーストウォーズネオ D-31 スリング 306  ◆ 名前 : スリング

  ◆グループ: デストロン

  ◆ 役割 : 突撃兵

  ◆ 変形 : ディメトロドン


  ◆シリーズ: トランスフォーマー ビーストウォーズ ネオ

  ◆ 発売 : 1999年2月11日

  ◆ 価格 : 880円




TF Beast Wars NEO D-31 SLING package

パッケージ




BEAST WARS NEO D-31 SLING Dimetrodon 8276

ビーストモード

約2億8千万年前の古生代・ペルム紀に生息していた
肉食の哺乳類型爬虫類で、正確には恐竜ではない。

ディメトロドンは変温動物だが、背中の巨大な帆を
太陽に当てて熱を吸収し、血液を暖めて体温調節を行っていた。



BEAST WARS NEO D-31 SLING Dimetrodon 278

リア

トカゲに巨大な背鰭が備わった様な姿のディメトロドンは、
特異な存在ながらティラノサウルストリケラトプス等の
有名な恐竜に比べると一般認知度は低い。

トランスフォーマーに採用されたのもBWネオスリングが初で、
デストロン軍を恐竜型TFで統一しているシリーズならでは。



Beast Wars NEO D-31 SLING Demetrodon side

サイド

脚部は左右対称ではなく、這って歩いているかの様な
動きのある形に造形されている事が特徴。

ハウリンガーバズーカ等も同様で、ビーストウォーズでは
躍動感のあるスタイルで立体化されているタイプが幾つか存在する。




BEAST WARS NEO D-31 SLING Dimetrodon 286

口は開閉可能で、細かく造形された歯の表現が見事。
体中の鱗もリアルに造り込まれており、爬虫類らしさの再現も巧い。

四肢はボールジョイントで接合されており自由に動かす事が出来る。
又、首もボールジョイントを使用している為、任意の方向に向けられる。




スリング、変身!
Trandformers Beast Wars NEO D-31 SLING transform




Transformers BEAST WARS NEO D-31 SLING 298

ロボットモード

ディメトロドンの身体が分割されて、胸部と腕部に配置されている。

右腕には恐竜の下半身がそのまま位置して巨大な武器となり、
左腕にはヒレ部分がシールドとして配置されている。

これ等の武器と盾は取り外す事は出来ないが、
特異なシルエットはスリングの個性にもなっている。



Transformers BEAST WARS NEO D-31 SLING 8302

リア

腕部に取り付けられた大型の武器と盾のパーツに対し、
全体的な体型は細身のスリングだが、踵パーツも
造形されている為、接地性は良く問題は感じられない。

左右で異なる形状の恐竜の脚部が組み合わさって、
背中のスペースを隠しているアイディアも巧い。




トランスフォーマー ビーストウォーズネオ スリング  8317

スリングの全身には充分な可動が備わっており、
首、肩、肘、腰、股関節、膝、足首が自在に動く。

各関節は全てボールジョイントが使用されていて自由度が高く、
トイ自体が小サイズのベーシッククラスで軽い為、
ポージングの保持力は問題無い。



トランスフォーマー ビーストウォーズネオ D-31 スリング 8357

ディメトロドン最大の特徴である背中のヒレを
意識したと思われるモヒカン刈り型のヘルメット。

ギザギザの歯を剥き出しにした怒れる表情とも相俟って、
下っ端としての雰囲気が巧く表現されている。




トランスフォーマー ビーストウォーズネオ スリング  8324

『あまり物事を深く考えないストレートな性格。
邪悪だが、少し惚けた所もある。

知能は高くない為、作戦を考えるのは苦手。
単純明快で猪突猛進な、デストロンの突撃野郎だ。』



Transformers BEAST WARS NEO D-31 SLING Tech Spec 369

テックスペック

・パワー  : 6
・知力   : 3
・スピード : 7
・耐久力  : 7
・階級   : 6
・勇気   : 9
・火力   : 4
・テクニック: 7





ビーストウォーズネオ D-31 スリング  テールバンカー 326

テールバンカー

『右腕に付いている尻尾をマッハ2の速度で敵に打ち出す攻撃。
高速で、しかも連続して打ち出す為、回避する事は難しい。』


鞭にも似た打撃系の武器としてスリングが度々攻撃に用いる。
尻尾の先端からはビームを発射可能で、レーザー銃としても機能する。

トイのテールバンカー基部はヒンジで腕に設置されている為、
これを動かして前方に伸ばす事も出来る。



BEAST WARS NEO D-31 SLING Sling Lancer 8328

スリングランサー

アニメ設定やパッケージにはテールバンカーの名称が使われているが、
説明書には『スリングランサー』と記載してある事から、
当初は鞭ではなく槍として設定されていた事を窺わせる。

テールバンカーは、鞭、レーザー銃、そして槍という
三つの機能を持ち合わせている万能の武器と考えられる。




BEAST WARS NEO D-31 SLING Sling Shield 8332

スリングシールド

左腕のディメトロドンのヒレが開きシールドになる。
充分な大きさを備えている為、盾として説得力がある。

ヒレにはスプリングが内蔵されており閉じる仕組みになっているが、
ストッパーがあるので開いた状態を維持出来る。



BEAST WARS NEO D-31 SLING Sling Shield 8330

メルトビジョン

『シールドからレーダーを乱す花粉を撒き散らして、
姿を風景に似せ、相手から見えなくする。』


アニメではこの機能を全く使用しておらず、単なる盾として扱っていた。
戦略を考えず、戦う事だけに専念しているスリングは、
自身の持つ武器の機能すら忘れているとも考えられる。




BEAST WARS NEO D-31 SLING Spark Crystal 8362

スパーククリスタル

恐竜の頭部を持ち上げると、胸部に埋め込まれた
スパーククリスタルが現れる。

通常は隠れてしまうクリスタル周辺の胸部も
細かく造形されている優れたトイである。





トランスフォーマー ビーストウォーズネオ D-31 スリング 344

マグマトロン部隊切っての暴れ者のスリングは、
戦闘に於いて真価を発揮する好戦的な戦士だ。

知略家のガイルダートセイバーバックとは正反対で、
常に真っ向勝負を仕掛ける戦闘スタイルで戦う。



Transformers BEAST WARS NEO D-31 SLING 354

勇気があるというよりは考え無しで向こう見ずな性格の為、
相手が誰であろうと大勢の敵が居ようと、臆する事無く
先陣を切って戦いを挑む、切り込み隊長的なキャラクターだ。

正に『突撃兵』という役割に相応しいスリングは、
デストロン軍団の戦闘には欠かせない兵士と言えよう。



トランスフォーマー ビーストウォーズネオ D-31 スリング 8349

戦いを好むスリングは普段から喧嘩っ早く、
仲間のデストロン達と衝突する事もある。

しかし頭脳面は芳しくない為、ガイルダートセイバーバック
口車に乗せられ、利用されてしまう事もしばしば。

スリングはこの事に少なからず気付いているが、
物事を深く考えない性格なので、大した問題にはならない。





Transformers BEAST WARS NEO D-31 SLING Trap Mode 440

トラップモード

『花に化け、甘い匂いで敵を誘う。
近寄って来た敵を挟み、絶対離さない。

締め付ける力は直径1mの鋼の棒も引き千切る程だが、
雷が鳴ると、びっくりして花を開き、逃げられてしまう事もある。』



Transformers BEAST WARS NEO D-31 SLING Trap Mode 8393

ディメトロドンの背中のヒレが開いて巨大な花に擬態する。

中央の雌しべ状の突起がスイッチになっており、
押すとロックが解除されてスプリングの力で花が閉じる。


デラックスクラスのセイバーバーッククロートラップモード
類似した機能で、敵を挟み込む攻撃方法も同様の物。



Transformers BEAST WARS NEO D-31 SLING Trap Mode 383

黄色と赤の毒々しい花の表現も然る事ながら、
周囲に位置した恐竜の脚も植物の意匠を取り入れている。

足の裏には『』を表現したモールドがあり、
緑色の成形色である事も植物を示す表現の一つとなっている。




ビーストウォーズネオ D-31 スリング 8341

この様に、ビーストウォーズネオの新作トイは、
全ビースト玩具の中でも目を見張るアイディアに溢れている。

生身の動物をモチーフとした、いわゆるリアルビーストのトイでは
最終期のビーストウォーズネオの玩具は、BWシリーズの
集大成の様な取り組み方で製作されていた事が分かる。




Transformers BEAST WARS NEO D-31 SLING 367

スリングはディメトロドンという珍しいモチーフに加え、
特徴的な背鰭を開いて盾にし、更に単なる盾ではなく
花に擬態する機能を持たせてトリプルチェンジを実現させている、
予想を超えた数多くのアイディアが満載のTFだ。

小サイズのベーシッククラスにも惜しみなくギミックを
投入している仕様は、BWネオのトイ開発に
力が入っていた姿勢の表れと言っても良いだろう。







BEAST WARS NEO 8429


◆参考にならない比較◆







テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

コメント
どのキャラも重んじるTFならではの玩具ということになるでしょう。解説を見て手に取りたくなりました。
時期としてトリケラトプスにステゴサウルスが主力なのは必然ですが、恐竜枠の展開がもう少し後であれば、やはり帆のあるスピノサウルスモチーフの玩具も出たかもしれません。
2014/03/24(月) 10:46:26 | URL | 紅澪斗燭鍍 | [ 編集 ]
>紅澪斗燭鍍さん
ビーストウォーズネオは傑作トイばかりなのでお勧めです。
BWネオの恐竜TFは変わり種のモチーフが多く楽しめました。

映画ジュラシックパーク3以降であったなら、スリングも
ディメトロドンではなくスピノサウルスだったかもしれませんね。
その数年後のギャラクシーフォースではスピノサウルス型のダイノシャウトが登場していますし。
2014/03/25(火) 22:55:32 | URL | 付喪 | [ 編集 ]



URL

 
PASS
SECRET

Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog