十三非常階段
●トランスフォーマーGo!  限定アームズマイクロン セン
トランスフォーマーGo! 伍乗合体キャンペーン 限定アームズマイクロン セン 8630

ショップ限定アイテムの難点は、各店舗の方針を
一個人ではどうする事も出来ない所にある。

全国に無数の店舗を構えるイオンだが、その全てがTFトイを
販売しているとは限らず、店舗によって大きな差が生じる。

イオン限定の配布アームズマイクロン・センは、店舗が
取り扱っているか否かの明暗がはっきりと分かれたアイテムである。



TransformersGo! Exclusive Arms Micron SEN 8609

  ◆ 名前 : セン

  ◆グループ: アームズマイクロン
         / オートボット

  ◆ 変形 : ハンマーアーム






TransformersGo! Exclusive Arms Micron SEN package

◆シリーズ: 参乗合体 トランスフォーマーGo!

◆ 配布 : 2013年11月9日          `

◆ 価格 : 非売品              `




TransformersGo! Exclusive Arms Micron SEN 8616

ビーストモード

タコ型ロボットという、多くのトランスフォーマーの中でも
一際奇妙な姿を有しているアームズマイクロンである。

イカに変形するTFは少数存在するが、タコをモチーフとしている例は、
G1TFのプリテンダー・オクトパンチのアウターシェル、変形出来る物では
ビーストウォーズⅡ』のタコタンク以来であり貴重かもしれない。



TransformersGo! Exclusive Arms Micron SEN 619

リア

大きな頭部と凸型5ミリジョイントを口に見立てて、
タコらしさを表現しているアイディアが巧い。

腕が4本、脚も4本造形されており、タコとして
8本脚である事も再現している見事なデザインだ。




トランスフォーマーGo! 伍乗合体キャンペーン 限定アームズマイクロン セン 625

トランスフォーマー プライム』のアームズマイクロンシリーズ、
AM-30 ランブル及び、AM-31 フレンジーに付属する
アームズマイクロン・ダゴのリカラーアイテム。

4本の腕は全て可動可能な為、ポーズの幅が広いアームズマイクロンだ。



TransformersGo! Exclusive Arms Micron SEN 8663

基となったダゴはディセプティコンに属していた為、
タコという動物モチーフのアームズマイクロンなのだが、
トランスフォーマーGo!』ではモチーフに関するルールは無い。

センは動物型アームズマイクロンながら、オートボット側のTFであり、
胸部にはオートボットマークもプリントされている。




限定アームズマイクロン セン 8634

セン』の名称はソードボット・忍チームの一員である
G-20 センスイマルから採られた物で、クリアパープルの
カラーも紫色のセンスイマルに合わせた物である。

トランスフォーマーGo!の限定アームズマイクロンは、
どれも大型TFの名称の一部を採って名前としている特徴がある。



トランスフォーマーGo!  限定アームズマイクロン セン 8632

又、サメに変形するセンスイマルの特徴を考慮してか、
海洋生物のタコを選んでいると思われる。

サメ型アームズマイクロンであるジグギザではない辺りが
捻りを利かせており、意外性があって好感が持てる。





TransformersGo! Exclusive Arms Micron SEN 690

限定アームズマイクロン 伍乗合体キャンペーン』で用意された
プレミアムの一つで、センはイオン限定で配布された。

このキャンペーンは公式には2013年11月中旬から実施とされていたが、
プレミアムが店舗に引き渡された時点の2013年10月26日(土)から
始めている店舗も多く、ネット情報が全て正確ではない事が露呈していた。



トランスフォーマーGo! 限定アームズマイクロン・セン ゲキソウマル黒獅子Ver. 637

その中でもセンは唯一、2013年11月上旬から実施と告知されており、
更にイオン限定品のゲキソウマル・黒獅子Ver.の発売日に
キャンペーンを合わせた為、2013年11月9日(土)から配布が行われた。

イオン限定品が発売された為、センの配布は告知通りの日程で実施されている。



トランスフォーマーGo!  限定アームズマイクロン セン 662

限定アームズマイクロンの配布条件は、『トランスフォーマーGo!』商品を
税込み3000円以上の購入でプレゼントされた為、店頭価格が5980円の
ゲキソウマル・黒獅子Ver.を購入すれば、センも貰えた事になる。

しかしながら、これは理想的なパターンに過ぎない。




TransformersGo! Exclusive Arms Micron SEN 8641

イオンは日用品を販売する大型スーパーの為、
玩具の取り扱いを最重要視している訳ではない。

即ちトランスフォーマー玩具を取り扱わない店舗も多いのだ。

トランスフォーマーの映画公開やTVアニメ放送が行われる年にはTFトイを
販売する事があっても、2013年の『トランスフォーマーGo!』の様な
児童誌を中心とした一般的にはマイナーな展開時期は
TFトイが売れる見込みが薄い為、終始入荷しない店舗も多い。



トランスフォーマーGo! 伍乗合体キャンペーン 限定アームズマイクロン セン 615

最初からTFトイを扱っていないのだから、
TFのプレゼントキャンペーンが実施される筈がないのだ。

かなり広範囲に及ぶ5~6軒の店舗を巡ったが、
当方の在住する地域にあるイオンは全滅であった。

ゲキソウマル・黒獅子Ver.はイオン限定品と銘打ってある為、
TFトイを取り扱っていない店舗でも取り寄せてもらう事が
可能な場合もあり得るが、キャンペーン用店頭配布品のセンは難しい。



TransformersGo! Arms Micron SEN 8685

センは、TFトイを販売しているイオンでは簡単に入手可能だったが、
TFトイを扱っていない店舗では入手出来る可能性が極めて低いという、
両極端な状況を作り出していた限定アームズマイクロンと言えよう。

残された手段は、多大な出費を覚悟して転売品を買うしかない。




トランスフォーム!
TransformersGo! Exclusive Arms Micron SEN transform




TransformersGo! Arms Micron SEN Weapon Mode 648

ウェポンモード

ハンマーアームをモチーフにしている為、本来ならば
ランブル又はフレンジーとセットとなるべきウェポンモードである。

しかし前面の部分には銃口のモールドがある事により、
手持ちの銃にも見える形状の武器になっている。



TransformersGo! Arms Micron SEN Weapon Mode 655

リア

後部底面にグリップが設けられている為、
ハンドガンとしても認識出来るデザインである。

凹凸の5ミリジョイントも多数設置されており、
他のアームズマイクロンとの合体による拡張性も高い。




トランスフォーマーG2 ホットロウ アームズアップ 671

トランスフォーマーGo!』のアニメが収録された
児童誌の付録DVDや店頭配布DVDには、
トイを使用したジオラマストーリーも収録されている。

その中で伍乗合体した『伍乗撃弩砲』モードでは、ライフルの様な武器の
先端に位置して銃口となっているセンから強力なエネルギー弾を
発射しているので、センが銃としても機能する事が示されている。





トランスフォーマーGo! 限定アームズマイクロン セン エネルゴンクリスタル 38

エネルゴンクリスタル

台形のHPクリスタル(ヒットポイントクリスタル)を装着。

エネルゴン属性は設定されておらず、トランスフォーマーGo!の
アームズマイクロンのエネルゴンクリスタルは、
軍団マークを示す為のパーツとなっている。




トランスフォーマーGo! 限定アームズマイクロン セン ランナー 597

ランナー

パーツ数は10個だが、半分は脚とエネルゴンクリスタルなので、
本体の組み立て方は然程難しくはない。

但し、本体、脚部共にパーツの向きに注意して製作する必要があり、
説明書とよく照らし合わせて作る事が賢明である。




トランスフォーマーGo! 伍乗合体キャンペーン 限定アームズマイクロン セン 682

ビックカメラ等の家電量販店や玩具専門店のトイザらス等では、
TFの配布キャンペーンをほぼ確実に実施しているが、
イオンの場合はキャンペーンを行う店舗がまちまちな所が問題だ。

ファンとしてはメーカー側に徹底する姿勢を示して欲しい所だが、
タカラトミーに小売業者の方針を左右する程の強制力は無いだろう。

後は各人の物欲に従い、持てる限りの行動力を発揮するしかない。
入手するまでの過程もコレクションをする上での楽しみの一環なのだ。







TransformersGo! Arms Micron 676

◆参考にならない比較◆





⇒ 限定アームズマイクロン ショウ
⇒ 限定アームズマイクロン エクス


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog