十三非常階段
●トランスフォーマー ジェネレーションズ  限定品 サンダークラッカー
Transformers GENERATIONS 2014 Exclusive THUNDERCRACKER 0163

アレンジを施しながらもG1トランスフォーマーが基になっていると
一目で分かるリメイクTFは、往年のファンのみならず
幅広い世代のTFファンに指示される注目に値するシリーズだ。

トランスフォーマーの長い歴史を知るには恰好のアイテムであり、
更には最新の技術で製作されている精度の高い仕様も魅力となっている。

サンダークラッカーもG1初期からの歴史あるキャラクターの為、
限定品と言えど、無事日本でも発売された事は嬉しい限りである。



トランスフォーマージェネレーションズ 限定品 サンダークラッカー 0138  ◆ 名前 : サンダークラッカー

  ◆グループ: ディセプティコン

  ◆ 役割 : 航空兵

  ◆ 変形 : ジェット戦闘機

 
  ◆シリーズ: トランスフォーマー ジェネレーションズ

  ◆ 発売 : 2014年3月29日

  ◆ 価格 : 3500円




Transformers GENERATIONS 2014 Exclusive THUNDERCRACKER package

パッケージ




Transformers GENERATIONS 2014 Exclusive THUNDERCRACKER 088

ビークルモード

TFジェネレーションズ版サンダークラッカーは、
惑星サイバトロンに於ける姿を再現しており、海外で発売された
ビデオゲーム『TRANSFORMERS WAR FOR CYBERTRON』用に
デザインされた新たな解釈のジェット機モードとなっている。



Transformers GENERATIONS 2014 Exclusive THUNDERCRACKER 0089

リア

日本版パッケージでは単に『ビークルモード』とされているが、
海外版では『サイバートロニアン・ジェットファイター モード』と記載している。

特徴的な前進翼には青地に赤いラインが入り、サンダークラッカーらしさが
表現され、翼下には大型の武器を装備した攻撃的なスタイル。




トランスフォーマージェネレーションズ 限定品 サンダークラッカー 0093

三角形のジェット機モードは、最初のG1アニメ作品
戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』第一話冒頭の
サンダークラッカージェットロンが変形した姿に端を発している。

アニメでは三角錐に近い形状のジェット機というデザインだった。



トランスフォーマージェネレーションズ 限定品 サンダークラッカー 109

アニメでは変形させる事が出来ても実際の立体物では不可能な為、
トイでセイバートロンモードのジェット機を造るという発想は長らく無かった。

この三角錐型ジェットファイターを基にした初のトイは、2004年末に登場した
トランスフォーマー ギャラクシーフォース』のスタースクリームで、
後に『タイタニウム』版のスタースクリーム及びジェットロンも製作されている。




Transformers GENERATIONS 2014 Exclusive THUNDERCRACKER 106

ジェット機型TFの機体底面にはランディングギアが
搭載されている事がG1期からの伝統
だが、この型の
ジェットロンには前輪、後輪共にランディングギアが無い。

トランスフォーマー故に滑走路を必要とせず着陸脚も不要と
解釈する事も出来るが、大抵のジェット機型TFに
搭載されてきた機構だった為、些か寂しい感がある。




トランスフォーム!
Transformers GENERATIONS 2014 Exclusive THUNDERCRACKER transform




トランスフォーマージェネレーションズ 限定品 サンダークラッカー 129

ロボットモード

TG-09 スタースクリームのリカラー版。

このタイプのジェットロンは、長い腕部と大きめの拳に加え、
脚部も太い為、マッシブな印象のスタイルである。

ボディ正面にキャノピー、背部にに主翼を背負う
伝統的なジェットロンスタイルは受け継いでいる。



トランスフォーマージェネレーションズ 限定品 サンダークラッカー 0132

リア

先行して2013年に発売された海外版サンダークラッカーとは
成形色を始め、ボディ各所の塗装の配色、
ディセプティコンマークのタンポ印刷も変更されている。

日本版の青いボディは、メタリック調の成形色を
使用している事で美しい仕上がりとなっている。




Transformers GENERATIONS WFC Exclusive THUNDERCRACKER 0211

『「空を飛ぶ事」それは、サンダークラッカーからすると
トランスフォーマーの進化の最終到達点である。

彼にとって飛行能力を持たないトランスフォーマーは、
地を這う事を運命付けられた劣等な存在なのだ。

その為、彼は事ある毎にその様な者達に対し軽蔑を示す。』



Transformers War For Cybertron THUNDERCRACKER 0184

『しかし、その傲慢さの奥底には不安も垣間見える。

サンダークラッカーは自らに自信が無く、ディセプティコンの
一員として役に立てるかどうか疑念を抱いている。

何よりも、いずれは自分も地に囚われる時が来る事を恐れているのだ。』




Transformers GENERATIONS WFC Exclusive THUNDERCRACKER Tech Specs 157

テックスペック

・体力 : 7
・知力 : 7
・速度 : 9
・耐久力: 7
・地位 : 5
・勇気 : 5
・火力 : 8
・技能 : 7





Transformers GENERATIONS WFC Exclusive THUNDERCRACKER ASSAULT CANNONS 0166

アサルトキャノン

三つの銃身を備えたガトリング砲タイプの重武装。

従来のG1型ジェットロンは、銃身が一つの
細身のレーザー砲を装備
する事が多かった為、
ジェネレーションズ版はボリュームと迫力が感じられる。

この武器は腕部側面だけではなく、拳に装備させる事も可能。



Transformers GENERATIONS WFC THUNDERCRACKER NEUTRON ASSAULT RIFLE 0189

双方の武器を組み合わせて合体させる事が出来、
より強力な大型武器モードに変化するギミックが備わっている。

5ミリ径のグリップは片側2箇所、合計4箇所設けられており、
合体時には両サイドに位置するので両手で保持する事も可能。



Transformers GENERATIONS WFC THUNDERCRACKER NEUTRON ASSAULT RIFLE 196

アサルトキャノンの合体モードでは、中央でギアが噛み合っている為、
サイドのダイヤルを回す事で連動して両側の銃身が回転する。

単なる武器ではなく、合体、回転ギミックまで搭載している
遊び甲斐のあるアイディア溢れる武器の付属が嬉しい面だ。




Transformers GENERATIONS WFC Exclusive THUNDERCRACKER ASSAULT CANNONS 0171

日本版では武器名称は与えられていない為、
アサルトキャノン』は海外版パッケージからの引用。

タカラトミーのトランスフォーマー公式サイトの告知では、
ブラスター』と記載されている物の、
単なる“銃器”という意味合いが強い感がある。



Transformers War For Cybertron THUNDERCRACKER 246

又、TG-09 スタースクリームでは『スクラップメーカー砲』、
誌上限定品・インフィルトレータースタースクリーム
設定では、ビデオゲーム内で登場する武器の一つ
ニュートロン アサルトライフル』の名を採用している。

サンダークラッカーの武器はスタースクリームの物と同型だが、
G1期のジェットロンの様に同型でも機能が異なる可能性がある為、
武器名称は各人が好む物を選ぶしかないだろう。





トランスフォーマージェネレーションズ 限定品 WFC サンダークラッカー 177

ロボット、ビークルモード共にビデオゲームに於けるデザインを
再現している事に加え、全身の可動箇所も多くポージングの幅は広い。

特に二の腕、手首、大腿部のロールがポーズ付けに有用、
更に肘は二重関節、足首は左右に動かせる為、接地性向上に一役買っている。

可動軸、ロール、ボールジョイントを併用して可動面の精度を高めている事は、
従来の技術を受け継ぎ、TFトイが発展してきた証明と言える。




トランスフォーマージェネレーションズ サンダークラッカー 集光ギミック 0287

集光ギミック

G1初期アニメからの伝統で、サンダークラッカーは
赤い目に設定されているが、トイではキャノピーと
同色のクリアオレンジの成形色が使用されている。

赤と類似した印象の色なので然して問題は感じられず、
透明度も高くよく光るので満足のいく仕様である。





Transformers GENERATIONS 2014 Exclusive THUNDERCRACKER 200

日本版ジェネレーションズ・サンダークラッカーは、
ショップ限定品として2014年3月29日(土)に発売された。

取り扱いショップはいずれも家電量販店の玩具取り扱い店舗で、
エディオン、ヨドバシカメラ、ヤマダ電機、ベスト電器の限定品とされている。

パッケージにも明確に『限定品』と印刷されており、
バックカードもグレーの背景色にして通常アイテムと差別化している。



トランスフォーマージェネレーションズ 限定品 WFC サンダークラッカー 0241

限定品だからといって、通常商品のTGスタースクリーム
TGスカイワープと比較して、特に豪華な仕様に変更されている訳ではない。

それでも思わず手が伸びてしまうのは、スタースクリーム
スカイワープサンダークラッカージェットロン3体は、
揃えてコレクションしたいというTFファンの心理が働くからだろう。



トランスフォーマージェネレーションズ 限定品 サンダークラッカー 0179

通常商品のスタースクリームとスカイワープは2013年5月までに発売されており、
その後サンダークラッカーの日本に於ける発売の情報は久しく無かった為、
限定品として発売が決定したという知らせはファンを歓喜させた。

加えて、サンダークラッカースカイワープはコンビの印象が強い為、
スカイワープを既に入手していたファンにとっては、サンダークラッカーが
高価な限定品であろうと入手せずにはいられないのが心情だ。





Transformers GENERATIONS 2014 Exclusive THUNDERCRACKER Vertical tail

説明書では特に触れられていないのだが、
背中に配置された三角形の垂直尾翼は取り外す事が出来る。

垂直尾翼パーツを外すと背中には三つの5ミリジョイントが現れる。

下側の六角形のジョイントは垂直尾翼を取り付ける物、
上側の二つの丸いジョイントは付属する武器を装着するジョイントである。



Transformers GENERATIONS 2014 Exclusive THUNDERCRACKER Vertical tail 2

二つの穴には合体させた状態のアサルトキャノンを装備出来る。

この武器は腕部、主翼、背中と、取り付け位置が豊富に
設けられている事で、様々な姿を作り出す事が可能となっている。

又、アサルトキャノンは合体させる事で凹型のジョイントが構成される為、
これに垂直尾翼を取り付けられる仕様に設計されている事が分かる。




Transformers GENERATIONS WFC THUNDERCRACKER NEUTRON ASSAULT RIFLE 0223

この武器装着方法はジェットファイターモードでも有効で、
主翼に武器をマウントした状態とは全く異なるスタイルとなる。

ジェット機型TFのビークルモードでは武器の取り付け位置が
一つの場合が多いので、TFジェネレーションズ版の様に
複数の武装モードを構築出来る例は非常に珍しい。



Transformers GENERATIONS WFC THUNDERCRACKER ASSAULT CANNON 240

武器を機体天面に装備する事でボリュームが増したジェット機モードは、
正面から見ると三角形の形状を構成している事が見て取れる。

元々G1アニメに登場した三角錐型ジェット機を意識しているデザイン故か、
各部には『三角形』が配置されており、機体形状や垂直尾翼、ジェットノズル、
ガトリング砲の並び方も三角形という拘りの造形に感心する。




Transformers GENERATIONS WFC Exclusive THUNDERCRACKER 0249

武器の装備方法がビークル、ロボットモード共に複数選ぶ事が
出来る仕様により、非常に遊び甲斐のあるトイに仕上がっている。

ビデオゲーム用にデザインされた姿を再現するだけではなく、
トイとして楽しめる様に工夫が施されている事は素晴らしいの一言に尽きる。




トランスフォーマージェネレーションズ 限定品 WFC サンダークラッカー 255

ジェットロン型のTFトイは完成度が高いアイテムが多い為、
同型だと分かっていてもスタースクリームのみならず
サンダークラッカースカイワープも追い求めてしまう。

3体共に通常商品で発売される事が望ましいが、
このサンダークラッカーの様に高額な限定品とされてしまう場合もある。

それでも自分が欲するならば迷う事は無い。
コレクションの探求の道を突き進むしかないのだ。








Transformers THUNDERCRACKER 260

⇒ ◆参考にならない比較◆





⇒ TFクロニクル EZコレクション サンダークラッカー
⇒ ロボットヒーローズ サンダークラッカー       `







テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog