十三非常階段
●トランスフォーマー ユナイテッド  UN-25 タンクメガトロン
TRANSFORMERS UNITED UN-25 TANK MEGATRON 839

銃規制は緩いが“銃のオモチャ”に対する規制は厳しいアメリカでは、
ワルサーP38に変形するG1メガトロンは販売し難い状況に陥った。

これにより、G2期からのメガトロンは変形モチーフをピストルから戦車に変更、
後のメガトロンのリメイク版も圧倒的に戦車タイプが多数を占めている。

様々な戦車型メガトロンが登場する中、日本での販売が
見送られていたTFクラシックスのDXクラス版メガトロンが、
日本独自のカラーで国内販売されるに至った事は大変喜ばしい。



TRANSFORMERS UNITED UN-25 TANK MEGATRON 831  ◆ 名前 : タンクメガトロン

  ◆グループ: ディセプティコン

  ◆ 役割 : 破壊大帝

  ◆ 変形 : ミサイルタンク

 
  ◆シリーズ: トランスフォーマー ユナイテッド

  ◆ 発売 : 2012年1月28日

  ◆ 価格 : 2800円




Transformers UNITED UN-25 TANK MEGATRON package

パッケージ




TRANSFORMERS UNITED UN-25 TANK MEGATRON Missile Tank 058

ビークルモード

実際の戦車を思わせる重厚な印象が感じられるが、
TFオリジナルデザインの戦車である。

パッケージにはビークルモード、又はタンクとしか記載されていないが、
タカラトミーの公式サイトでは『ミサイルタンク』と記してある。

しかし、このトイではミサイルの要素は欠片も無い為、モチーフにしている
1995年発売のG2メガトロンの変形モードをそのまま採用したと思われる。



TRANSFORMERS UNITED UN-25 TANK MEGATRON Missile Tank 063

リア

フェンダーには迷彩模様もプリントするという拘りを見せ、
車輪や履帯もリアルに造り込まれており戦車として納得の造形。

クローラーは前後で分かれており、全部で4基となっている事からも
SF的なデザインの戦車という事が見て取れる。

各クローラーには車輪が設置されているので転がし走行可能。




トランスフォーマー ユナイテッド UN-25 タンクメガトロン ミサイルタンク 119

付属する武器は砲塔右側のジョイントに取り付ける事が出来、
機関銃を装備した様なシルエットを作り出す。

戦車モードでの付属武器の取り付けは、モチーフとしている
G2期のメガトロンと同様で、G2版を意識した設計である事が分かる。



トランスフォーマー ユナイテッド UN-25 タンクメガトロン 078

G2メガトロンでは変形の都合上、砲塔は旋回出来なかったが、
タンクメガトロンはこの面を克服しており任意の方向に回転可能。

戦車のトイとして砲塔の回転は嬉しい可動であり、更に砲身は
上方に向ける事も出来る為、タンクモードでも表情が付けられる。




トランスフォーム!
Transformers UNITED UN-25 TANK MEGATRON transform

下半身は車体後部を下ろすだけという簡単な物だが、
砲塔が変形する腕部はパネルの展開や回転等、捻りの利いた変形を見せる。




TRANSFORMERS UNITED UN-25 TANK MEGATRON 816

ロボットモード

トランスフォーマーG2以降、定番となった戦車に変形するメガトロン。

従来の戦車型メガトロンと異なる面は、砲身が右腕その物に変形している事で、
加えてトイ特有のギミックが搭載されている為、右腕の拳は無い。



TRANSFORMERS UNITED UN-25 TANK MEGATRON 819

リア

説明書では右腕に内蔵された回転ギミックをアピールする為か、
砲身やクローパーツを展開した状態を掲載しているが、
纏まりが悪いので各人の好みの配置にする事が望ましいだろう。

又、つま先よりも大型の踵パーツの恩恵で接地性は抜群。




トランスフォーマー ユナイテッド UN-25 タンクメガトロン 878

アクションフィギュアとしても通用する可動を備えており、
首、肩、二の腕、大腿部にロールが組み込まれ、
肩、膝、足首、左腕の肘は可動軸により自在に動く。

ボールジョイントは股関節のみ使用されているがポーズの保持力は強い。



トランスフォーマー ユナイテッド UN-25 タンクメガトロン 0876

武器になっている右腕も砲身やクローの基部、肘部分を曲げる事が可能。

しかし大掛かりなギミックを内蔵している事から、
二の腕と肘は回転し易く、ポーズが付け難いマイナス面もある。

又、破損防止対策として右腕の肘から先は簡単に外れる様に設計されている。





TRANSFORMERS UNITED G2 HERO MEGATRON 021

メガトロンは新しく生まれ変わったオプティマスプライムを倒す為、
地球のある悪の組織のテクノロジーを使い、自らの姿を
タンクに改造してタンクメガトロンとして生まれ変わった。』




トランスフォーマー ユナイテッド UN-25 タンクメガトロン テックスペック 868

テックスペック

・体力 : 10
・知力 : 9
・速度 : 5
・耐久力: 9
・地位 : 10
・勇気 : 10
・火力 : 8
・技能 : 7





TRANSFORMERS UNITED UN-25 G2 MEGATRON 037

元々のトイは、2006年に海外シリーズ『TRANSFORMERS CLASSICS』で発売された
THE ULTIMATE BATTLE』VSセットにコンボイと共に同梱されていた物。
クラシックス版ではメガトロンのボディカラーはグリーンだった。

TFユナイテッドのタンクメガトロンは、『トランスフォーマーG-2』で登場した
G2メガトロンを再現したパープル主体のボディカラーが特徴で、
G2メガトロンの紫、青、オレンジ色のカラーを踏襲している事が見て取れる。




トランスフォーマー ユナイテッド  タンクメガトロン トランスフォーマーG2 G2メガトロン 099

G2メガトロンは2種類発売されており、一体目は1992年に登場した。

サウンドギミックを内蔵した巨大な緑色のメガトロンで、『トランスフォーマーG-2』の
日本展開時には、この大型メガトロンは未発売となっていた。

このトイは、日本では後に音声ギミックを廃し各部カラーを変更して
ビーストウォーズⅡ』のメガストームとして発売されている。




TRANSFORMERS Generation 2 HERO MEGATRON TRANSFORMERS UNITED TANK MEGATRON 103

二体目はG2後期の1995年に登場した、ポンプによる
ミサイル発射ギミックを搭載した紫色のメガトロンであり、
国内でトランスフォーマーG2が展開した際に日本でも発売された。

このメガトロンは海外版パッケージに於いて『HERO』という
サブグループ名が記載されている為、世界中のTFファンには
通称ヒーローメガトロンと呼称されているが、日本では
メガトロン・ミサイルタンクという見たままの姿で呼ばれる事が多い。




TRANSFORMERS UNITED UN-25 HERO MEGATRON 032

戦車に変形する事からG2メガトロンは「タンクメガトロン」と
呼称される事もあり、このユナイテッド・タンクメガトロンは
ファンの間で呼ばれていた俗称が正式名称となった例である。

分かり易さとファンが使用していた俗称を取り入れた事は評価出来るが、
タンクメガトロンという名称のネーミングセンスはゼロである。



TRANSFORMERS UNITED UN-25 TANK MEGATRON 875

タンクメガトロンメガトロン・ミサイルタンク
コンボイ・ミサイルトレーラー等の呼び名は、TFファンが
便宜上使用していた物なので、元々センスなどある筈が無い。

ビーストウォーズのコンボイを「ゴリラコンボイと呼ぶ様な物だ。

このタンクメガトロンを正式名称としてしまうのは些か違和感があるのだが、
トランスフォーマー ユナイテッド』というシリーズ故に混乱を避ける為、
別のシリーズ名が冠されたG2メガトロンという名称は使用しなかったのだろう。






TRANSFORMERS UNITED UN-25 TANK MEGATRON Black Hall Burn 846

ブラックホールバーン

『次元を超えてブラックホールと結び付き発射する
「ブラックホールバーン」は、想像を絶する程の超強力な武器だ。』


1995年の日本版G2メガトロンで登場した武器名称を引き継いでいる。

非常にマニアックな設定の採用が興味深く、TFの歴史をトイと共に
現在のファンに伝えていくという、TFユナイテッドシリーズの趣旨に沿う物である。



TRANSFORMERS UNITED UN-25 G2 MEGATRON Claw 49

バトルブレード

接近戦用の武器として機能し、遠距離だけではなく
近接戦闘にも対応するという万能さを誇る。

キャノン砲の反対側には展開可能なクローパーツが設置されている。

日本版では名称は与えられていないので、
『バトルブレード』は海外版パッケージからの引用。



TRANSFORMERS UNITED UN-25 HERO MEGATRON Submachine Gun 861



右腕に武装が集中しているタンクメガトロンだが、
左手に装備可能な手持ち武器も付属している。

こちらは例によって武器名称が与えられていない。

サブマシンガン型の銃の後部に設置されたストックは
別パーツで取り付けられている為、折り畳む事も可能。




トランスフォーマー ユナイテッド UN-25 タンクメガトロン 回転ギミック 0963

右腕には大掛かりな回転ギミックが内蔵されており、
二の腕のスイッチを押すと勢い良く回転する。

この様なスイッチによる回転ギミックは過去のTFトイにも採用されており、
ビーストウォーズ』のダイノボットサイバー・シールド
TFマイクロン伝説』のサンドストームプロペラ等の例がある。



トランスフォーマー ユナイテッド UN-25 タンクメガトロン 041

タンクメガトロンの右腕が回転するギミックは、
モチーフとしているG2メガトロンの得意技とされる
トルネード・アックス』を想起させるギミックである。

トルネード・アックスは、「腕部パネルを展開して
肘から先を急回転させて大規模なかまいたちを起こす。」という物で、
タンクメガトロンの腕部回転ギミックに類似した技である。




トランスフォーマー ユナイテッド UN-25 タンクメガトロン 集光ギミック 23

集光ギミック

ディセプティコンの大帝に相応しい
クリアレッドの目が非常にマッチしている。

後頭部に大きく採光窓が設けられているが
目の部分が奥まっている為、効果が現れ難く、
目を光らせるには光源に近付ける必要がある。





G.I.ジョー コブラコマンダー  トランスフォーマー ユナイテッド UN-25 タンクメガトロン 109

キャラクター設定にある『地球のある悪の組織』とは、
周知の通り『G.I.ジョー』に登場するコブラ軍団の事である。

トランスフォーマーとG.I.ジョーはG1期の頃から所縁があり、
双方共に同じハズブロ社の人気玩具シリーズである事に加え、
マーベルコミックスでもクロスオーバーが描かれている。



G.I.JOE COBRA COMMANDER TRANSFORMERS UNITED G2 HERO MEGATRON 115

コミックスでは、コブラ軍団によって新たなボディを与えられ、
G2メガトロンに転生するという展開となっており、
TFユナイテッドのキャラクター設定はこれを踏襲している事が分かる。

タンクメガトロンの設定文では『コブラ』の名こそ出していないが、
誰もがコブラ軍団だと分かる様な「地球のある悪の組織」という表現は気が利いている。




TRANSFORMERS UNITED UN-25 G2 TANK MEGATRON 056

メガトロンが戦車に変形する事は定番となっており、
海外版、日本版共に数多くの戦車型メガトロンが登場し続けている。

このタンクメガトロンは、TFクラシックスシリーズの
アルティメットバトル・メガトロンと同型ながらも、日本独自の
ヒーローメガトロン・カラーとしている事は嬉しい配慮だ。

海外版よりも後発で展開していただけに、TFユナイテッドは
マニアが唸る様な数多くのアイディアを取り入れている為、
新旧のTFファンが大いに楽しめるシリーズであった。








TRANSFORMERS TANK MEGATRON 125

⇒ ◆参考にならない比較◆





⇒ TFユナイテッド UN-04 メガトロン サイバトロンモード
⇒ TFクロニクル EZコレクション・メガトロン(G2) `
⇒ TFクロニクル EZコレクション・メガトロン(G1) `
⇒ ロボットヒーローズ メガトロン             `
⇒ ロボットヒーローズ ガルバトロン            `







テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog