十三非常階段
●ビークール  B-03 トレーラー オプティマスプライム
Transformers Be Cool B-03 Trailer OPTIMUS PRIME 195

トランスフォーマーの歴史は脈々と受け継がれており、
毎年登場する様々な新シリーズにも従来の設定は取り入れられている。

それはトランスフォーマーである事を重要視していない
ビークール』という幼児向けシリーズにも当て嵌まり、
従来のTFシリーズの知識がある大人のファンをも唸らせる拘りに驚く。

ビークールは何も知らない児童にも通用する面白さを備えているが、
それまでのTFシリーズの設定を知っていれば、更に楽しむ事が出来る。



トランスフォーマー ビークール B-03 トレーラー オプティマスプライム 183
  ◆ 名前 : オプティマスプライム

  ◆グループ: ビークール

  ◆ 変形 : トレーラー


  ◆シリーズ: ビークール

  ◆ 発売 : 2012年12月28日

  ◆ 価格 : 680円





Transformers Be Cool B-03 OPTIMUS PRIME package

パッケージ




Transformers Be Cool B-03 Trailer OPTIMUS PRIME 1346

ビークルモード

ムービー版オプティマスプライムと同じ
ボンネット型のトレーラートラックがモチーフ。

フロントグリルの上部にはオートボットマークの
エンブレムがモールドされており、ディフォルメトイながらも
映画版オプティマスの特徴を細かく再現している。



Transformers Be Cool B-03 Trailer OPTIMUS PRIME 350

リア

コンテナを牽引しているトレーラートラックを
ディフォルメしたカーモードであり、タイヤが6輪ある事からも
巨大なトラックをモチーフにしている事が分かる。

尚、中央のタイヤは左右共にダミーで回転しない。




ヘンケイ!
Transformers Be Cool B-03 OPTIMUS PRIME transform 1




Transformers Be Cool B-03 OPTIMUS PRIME transform 2

びっくりヘンケイ!』と称される自動変形機構を搭載。

車体フロントの大型バンパーがスイッチを兼ねており、
ここに衝撃が加わるとロックが外れ、スプリングの力で
ボンネット、車体側面、ロボット脚部が展開する。



Transformers Be Cool B-03 OPTIMUS PRIME transform 3

ビークール・オプティマスプライムは、コンテナが
一体化されている事により接地性が大幅に向上している。

瞬間変形の勢いで後ろ側に倒れない様に、
コンテナ部分が支えになっている巧い設計である。




トランスフォーマー ビークール B-03 トレーラー オプティマスプライム 1173

ロボットモード

青い頭部と脚部、赤いボディと腕部という配色は、
G1期の初代コンボイを再現しているカラーリングだ。

目は水色に塗装されており、アニメ版コンボイ

特徴を色濃く感じさせる仕様となっている。



トランスフォーマー ビークール B-03 トレーラー オプティマスプライム 177

リア
背部にコンテナを背負っている所が、
従来のコンボイ(オプティマスプライム)と異なる面だ。

コンテナにはG1コンボイを思わせるラインが
モールドされており、細かな箇所の拘りが見事だ。




Transformers Bot Shots Be Cool Trailer OPTIMUS PRIME 358

『みんなから頼られる力持ちのトレーラー。
よく寝てパワー全開 出動だ!』


ビークールの世界『びっくりワールド』に於けるオプティマスは
司令官やリーダーという訳ではないが、皆からビークル名の
トレーラーさん」と呼ばれ、慕われている中心的な存在だ。



ビークール B-03 トレーラー オプティマスプライム 362

ビークール』は幼児向けトイを前提としている為、
意図的に『トランスフォーマー』という事をアピールしていない。

各キャラクターもビークールのオリジナル要素が顕著であるが、
それでも基としているTFのキャラクター性は引き継がれている。




トランスフォーマー ビークール B-03 トレーラー オプティマスプライム 392

最も分かり易い例のオプティマスプライムは、
完全なセルフパロディのキャラクターとして描かれており、
G1期のコンボイ司令官(オプティマスプライム)がよく口にしていた
私にいい考えがある!」という名台詞を多用する。



ビークール B-03 トレーラー オプティマスプライム 395

トイを使用したストーリームービーの動画に於いて、
バンブルビーと並び中心的なキャラであるオプティマスプライムは、
事ある毎に「私にいい考えがある!」の台詞を発し、
G1コンボイと同様に持ち前の行動力を発揮する。

しかし突飛な発想により、裏目に出る事がほとんどで笑いを誘う。



Transformers Bot Shots Be Cool Trailer OPTIMUS PRIME 206

「パワーが並外れて強い」、「正義感が強く仲間の為に尽くす」、
「高い所から落ちる」等、ビークール・オプティマスはG1コンボイと
共通する面が多数設定されており、児童向け作品ながらも
往年のファンの心にも響く要素が多い事が特徴。

又、小難しい設定が無く、心底楽しめる所もG1とビークールの共通点だ。





トランスフォーマー ビークール B-03 トレーラー オプティマスプライム ビークールマーク 青 187

ビークールマーク

荷物を運搬するトレーラートラック。



トランスフォーマー ビークール B-03 トレーラー オプティマスプライム ビークールマーク 赤 190

仲間想いのオプティマスの性格に合致する握手。



トランスフォーマー ビークール B-03 トレーラー オプティマスプライム ビークールマーク 黄 91

寝ている事を示す「ZZZ…」の文字。





試作品 ビークール B-03 トレーラー オプティマスプライム

試作品

フロントガラス部分に、ノーマルの
丸い目のステッカーが貼付されている。

マスク顔で表情に乏しいコンボイの
特徴を引き継いだかの様なステッカーだ。






Transformers Be Cool B-03 OPTIMUS PRIME ChoroQ Robo CONVOY 1

ビークール・オプティマスプライムは、他のビークールと同じく
頭部はG1アニメを意識したデザインで造形されている。

マスクの両脇にラインが入る所は、IDWコミックス版や
マスターピースMP-10 コンボイ Ver.2.0の影響が感じられる。



Transformers Be Cool B-03 OPTIMUS PRIME EZ Collection Movie OPTIMUS PRIME

ロボットモードはG1コンボイのイメージが濃厚だが、
ビークルモードはムービー版オプティマスプライム
ボンネット型トレーラートラックに変形する。

タイヤを6輪備えている所も共通している。



Transformers Be Cool B-03 OPTIMUS PRIME ChoroQ Robo CONVOY 2

コンボイ(オプティマスプライム)はトラック部分がロボットに
変形する事が常であり、ビークール・オプティマスの様に
コンテナごとロボットになるアイテムは極僅かだ。

この辺りはディフォルメトイならではの仕様でもあり、
写真のチョロQロボ・コンボイもコンテナごとロボットに変形する。






Transformers Be Cool B-03 Trailer OPTIMUS PRIME 356

ビークール・オプティマスプライムの3枚の胸部パネルの内、
黄色の『ZZZ…』マークには意味が籠められている。

ストーリームービー劇中ではオプティマスが疲れた際に
黄色のパネルになり、眠る描写が描かれていた。

ビークールでは感情や状態を表すビークールマークだが、
この『ZZZ…』マークの場合、それ以上の内容が読み取れる。




トランスフォーマー ビークール トレーラーさん G1 コンボイ司令官 385

G1期の初代コンボイは機能停止状態でいる事が多いキャラクターだ。

アニメ第一作目『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』の
ストーリー冒頭、地球で400万年間停止状態であった事、
各話でも昏睡状態や仮死状態になったり、意識を乗っ取られる等、ピンチに陥る事が多い。

その後も『トランスフォーマー・ザ・ムービー』で死亡してから
トランスフォーマー2010』でクインテッサ星人の手により再生するまでの間。
2010シリーズ内でも一度機能停止し、最終話のストーリーで再起動するまでの間。




トランスフォーマー ビークール オプティマスプライム ザ・バトルスターズ スターコンボイ 390

日本版では『TF ザ・ヘッドマスターズ』でパワーを使い果たして眠りに就き、
TF ザ・バトルスターズ』でスターコンボイとして復活するまでの長い期間。

海外の『マーベルコミックス』ではアニメとは異なる理由で死亡、
後にネビュロン人・ハイQの協力を得て、新ボディの
パワーマスター・オプティマスプライムとして復活するまでの長期間。

これ等の機能停止もしくは死亡していた期間は、解釈を変えれば「寝て」いた事になる。
実際、『コンボイ・スリープモード』なるアイテムが発売された事もある。




Transformers Bot Shots Be Cool Trailer OPTIMUS PRIME Sleep Mode 201

コンボイというキャラクターは重要な存在故に、他にも例を挙げれば
枚挙に暇が無いほど、機能停止~復活という展開が数多く見られるのだ。

この様なコンボイの長い歴史を想起させる「機能停止」という特徴を
寝る」という表現で取り入れているビークールの胸部パネルは、実は非常に
マニアックな物であり、コンボイのキャラクター性を反映した絵柄なのである。




Transformers Be Cool B-03 Trailer OPTIMUS PRIME 364

幼児向けシリーズの『ビークール』と言えども、その実、
マニアも納得の熟慮された設定を採用している事には驚きを禁じ得ない。

トランスフォーマー』は長期シリーズの為、過去作品の設定やオマージュ、
パロディ等を新シリーズに取り入れている場合も多々見受けられる。

その中でも最も有名なTFであるコンボイは比較的分かり易く、
どの世代のファンでも楽しめる所が偉大なキャラクターである。







TRANSFOMERS OPTIMUS PRIME 1368

⇒ ◆参考にならない比較◆







テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

コメント
初めまして
初めまして、無色の幻影という者です。普段は読み専でコメントを残す事はあまりないのですが、ビークールのトレーラーの考察が素晴らしかったもので、居てもたってもいられず、書きこませていただきました。

付喪氏のレビューはいつも面白く、また自分には出来ない観点からの見解も多いので為になっております。
今回も何気なく見たのですが、ビークールトレーラーの眠りマークにそんな意味があったなんて!非常に為になりました。

付喪氏のレビューにはトランスフォーマーに対する深い見識と広い視野、そして何よりも、愛情で溢れています。今後もそのTF愛で、マイナーなトランスフォーマー達に注目の機会を与えてくれる事を期待しています。
今後ともよろしくお願いします。
2014/05/19(月) 00:18:33 | URL | 無色の幻影 | [ 編集 ]
>無色の幻影さん
はじめまして、ブログ読んで頂きありがとうございます。
細かい所まで見てくれた様で大変嬉しく思います!

ビークールを始め、TFの様々なシリーズは過去作品の
オマージュが散りばめられているので面白いですよね、
私も知識不足だったり至らない所がまだまだありますが、
気付いた所があれば記事にしていこうと思います。

暖かいお言葉ありがとうございます、励みになります!
こちらこそ、今後も宜しくお願いします。
2014/05/19(月) 23:21:21 | URL | 付喪 | [ 編集 ]



URL

 
PASS
SECRET

Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog