十三非常階段
●トランスフォーマー クロニクル  EZコレクション 02 ハウンド
トランスフォーマー クロニクル EZコレクション 02 ハウンド 646

偵察任務や敵の攪乱に力を発揮するハウンドは、
戦略上、欠かせないメンバーの一人である。

ジープに変形する事がハウンドの個性の一つとなっているが、
リメイク版もジープがモチーフに選ばれており、
それは小サイズのEZコレクションにも当て嵌まる。

奇を衒った変更よりも、従来のイメージを
受け継いでいる姿勢は好感が持てる物だ。



トランスフォーマー クロニクル EZコレクション 02 ハウンド 643  ◆ 名前 : ハウンド

  ◆グループ: サイバトロン

  ◆ 変形 : ジープ

 
  ◆シリーズ: トランスフォーマー クロニクル

  ◆ 発売 : 2011年12月17日

  ◆ 価格 : 500円




TRANSFORMERS CHRONICLE  EZ COLLECTION 02

パッケージ




TRANSFORMERS CHRONICLE EZ Collection 02 HOUND JEEP 609

ビークルモード

G1期のハウンドのトイを強く意識しているカーモードは、
三菱・J59ジープに類似した形状で造形されている。

しかしメーカーライセンス取得商品では無い為、
ヘッドライトを四角くしたり、ボンネット中央を突出させた
デザインにする等、実車とは異なる物にしている。



TRANSFORMERS CHRONICLE EZ Collection 02 HOUND JEEP 2615

リア

G1ハウンドと同様のオープンカータイプのジープという
特徴も再現されているが、EZコレクションの為、
流石に機銃パーツは付属していない。

四つのタイヤは全て回転可能、ジープらしく
オフロードタイヤで造られている造形が見事だ。




TRANSFORMERS CHRONICLE EZ Collection 02 HOUND JEEP 2617

ボディ形状は変更されながらも、武骨な軍用ジープの
雰囲気は充分に再現されており、ハウンドのイメージにも合致する。

フェンダーには、G1ハウンドと同じくアメリカ軍を示す星マークも
タンポ印刷されており、小サイズのEZコレクションながらも完成度は高い。



TRANSFORMERS CHRONICLE EZ Collection 02 HOUND JEEP 2620

オープンカータイプのジープの為、運転席も再現されている。

驚くべきはステアリングやシフトレバーまで造形している事で、
最小サイズのトイながらも妥協しない拘りは大いに評価出来る。




トランスフォーム!
TRANSFORMERS Chronicle EZ Collection Hound transform




トランスフォーマー クロニクル EZコレクション 02 ハウンド 684

ロボットモード

G1版ハウンドを再現している為、ジープのフロントが
胸部に配置される変形は同様の物になっている。

胸部や角張った四角い頭部、頭身のバランスは
G1期のアニメ版も想起させるが、肩や下半身等、
多くの部分はEZコレクション独自のデザインである。



トランスフォーマー クロニクル EZコレクション 02 ハウンド 688

リア

フロントウィンドーが背中に位置する面も
G1ハウンドと共通で、G1版トイを意識している事が窺える。

EZコレクション故に、肩のミサイルランチャーや
ホログラムガン等の武器が付属しない所が惜しい。




TRANSFORMERS CHRONICLE EZ Collection 02 HOUND 2658

可動軸が膝と足首に備わっており、
肩と股関節にボールジョイントを使用している事で
可動範囲は比較的広く、膝は深く曲げる事が出来る為、
立て膝ポーズもこなしてしまう等、可動面は優れている。




TRANSFORMERS CHRONICLE EZ Collection 02 HOUND 654

『勇敢で恐れを知らない戦士。
地球の自然や文化に興味を持っている。

立体映像を作り出して、デストロンを
混乱させるのが得意だ。』



トランスフォーマー クロニクル EZコレクション  ハウンド テックスペック 2651

テックスペック

・体力 : 5
・知力 : 8
・速度 : 5
・耐久力: 7
・地位 : 6
・勇気 : 10
・火力 : 3
・技能 : 9





トランスフォーマー クロニクル EZコレクション ハウンド 2672

ハウンドはトランスフォーマーが1984年にスタートした時点から
活躍しているG1初期メンバーの一人で、特殊な作戦で
能力を発揮する技能系のサイバトロン戦士だ。



TRANSFORMERS CHRONICLE EZ Collection 02 HOUND JEEP 2697

ハウンド(猟犬)の名の通り、偵察任務に力を発揮し、
デストロンの発見や動向を探る能力に秀でている。

ジープというカーモードを活かして、荒地を走破する姿や
小回りの利く走行能力の描写も度々描かれている。




トランスフォーマー クロニクル レジェンドクラス ハウンド 2665

最も記憶に残る特殊能力はホログラムを投影出来る事で、
デストロンの目を欺く作戦では、必ずと言って良いほど
ハウンドが起用され、ホログラム投影能力を披露している。



TRANSFORMERS CHRONICLE Legends Class HOUND 662

ホログラムは多種多様で、自身を分身させたり
岩に偽装する等の数メートル以内の物から、
デバスターを凌ぐ身長の巨大ロボットや
広大な面積のロケット基地という大規模な物まで、
あらゆる種類のホログラムを自在に作り出す事が出来る。



トランスフォーマー クロニクル EZコレクション  ハウンド 701

又、気さくな性格で、スパイク少年と一緒にダイノボット製作に
必要な恐竜の資料を集めに博物館に赴いた事もある。

戦闘時には勇敢な戦士となるが、平時は穏やかな態度を示し、
ジョークでホログラムを使う等の一面も持ち合わせている。





トランスフォーマー クロニクル レジェンドクラス ハウンド 2668

ハウンドの初のリメイク版は、2004年に日本で発売された
トランスフォーマー バイナルテック』で、
ハウンドのトイでは最も大きいサイズだった。

G1アニメに於いて、檻に捕らえたジャガーを作戦上、
故意に逃がすシーンが印象的であった事からか、
2008年に『変形!ヘンケイ!トランスフォーマー』で
リメイクされたトイには、新規造形のジャガーも付属していた。



TRANSFORMERS CHRONICLE Legends Class HOUND 659

2008年には『TRANSFORMERS UNIVERSE 2.0』シリーズで
小サイズのレジェンドクラス版も発売されたが、当時日本では未発売だった。

このEZコレクション版ハウンドは、TFユニバースのレジェンドクラス版と
同じトイを日本独自のカラーリングに変更して2011年に発売した物である。



TRANSFORMERS CHRONICLE EZ Collection 02 HOUND 671

海外版が初登場してから数年経っていた為か、
トランスフォーマー クロニクル』のEZコレクションは、
全て日本独自のカラーに変更している事が特徴。

ハウンドは明るめのグリーン成形色に変更されており、
アニメ版を再現している様なカラーになっている。




トランスフォーマー クロニクル EZコレクション ハウンド 681

トランスフォーマーは毎年の様に進化し続けており、
時代に合わせて新要素を導入する事は理に適った手法だ。

然れども、歴史あるキャラクターは従来の伝統的な要素を
残して欲しいと願うのがファンの心情でもあるのだ。

EZコレクション版ハウンドの様にG1TFを強く感じさせるトイは、
正にファンが望んでいた物であり、歓迎出来るアイテムと言えよう。







TRANSFORMERS CHRONICLE 2708

⇒ ◆参考にならない比較◆





⇒ ロボットヒーローズ オートボット ハウンド







テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

コメント
カーモードの実在感を高める座席が足首になるアイデアも気に入っています。
2014/06/11(水) 21:53:38 | URL | 紅澪斗燭鍍 | [ 編集 ]
>紅澪斗燭鍍さん
EZコレクション故の限られたパーツ構成の中で、
シートを足に変形させるアイディアは非常に巧いですね。
2014/06/12(木) 19:37:05 | URL | 付喪 | [ 編集 ]



URL

 
PASS
SECRET

Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog