十三非常階段
●X-MEN MUTANT GENESIS  キャメロン ホッジ
Imgp2994.jpg

差別と迫害を扱ったストーリーが多いエックスメンの中でも
その権化たる存在がキャメロン・ホッジと言えるでしょう。

反ミュータント主義の狂信者である彼は、誰からも嫌われる様なキャラクターですが、
それでもフィギュア化してしまうTOYBIZは懐が深いと言おうか、
売れるなら何でも出すと言うべきか、その姿勢に逞しさを感じます。



Imgp2981.jpg
  ◆ 名前 : キャメロン ホッジ

  ◆ 本名 : キャメロン ホッジ

  ◆グループ: ファランクス


  ◆シリーズ: X-MEN MUTANT GENESIS  

  ◆ 発売 : 1995年

  ◆ 価格 : 日本未発売





cameron hodge package

パッケージ

1991年にスタートしたTOYBIZ・X-MENフィギュアシリーズは
1995年にパッケージを一新、バックカードの図柄を統一した。

それまでのバックカードよりサイズが大きくなったので、
初期タイプはスモールカード、1995年以降の物はラージカードと呼ばれる。




Imgp2970.jpg

フロント

エンジェルことウォーレン・ワージントンⅢ世の
学生時代のルームメイトがキャメロン・ホッジだった。

ホッジは反ミュータント主義を隠し、ウォーレンの友を装い、
初代Xファクターの創設にも助力し広報官も務めた。



Imgp2975.jpg

リア

本性を現したホッジは狂気を露にし、
エンジェルを欺き背中の翼を切断したり、
反ミュータント組織『ザ・ライト』を編成、
Xメンバーのサイファーを死に追いやる等の悪行を重ねた。




Mgp3003.jpg

一時はアークエンジェルに斬首され、
トドメを刺されたかと思われたホッジは、
悪魔ナスティアと契約を交わしており、
不死を手に入れていた。



X-MEN MUTANT GENESIS CAMERON HODGE PHALANX Ver. 992

反ミュータント国家ジェノーシャに姿を現したホッジは
頭部以外は全て機械の蜘蛛の様な体となっていたが狂気の精神は変わらず、
国の中枢を支配し、軍隊を動かしてX-MENを奇襲、
ミュータントを奴隷化したミューテイトの製作にも加担した。

ミューテイトにはXメンバーのストームウルフスベーンも含まれていた。



Imgp3006.jpg

Xメンバーの連合軍によりジェノーシャ国家は転覆、ミューテイトも開放された。
その戦いの中でホッジはXメンバーの機械生命体の異星人ウォーロックを殺害。

戦いの末、ホッジは敗北し体はバラバラになったが頭だけになっても死ぬ事は無く、
リクターのパワーが作りだした地震により地中深く葬られた。



Imgp2995.jpg

それでも滅びないキャメロン・ホッジは、
新生命体ファランクスと合体して復活を果たす。

ファランクスとは先の異星人ウォーロックが持つ、
有機体を機械化するトランスモード・ウィルス
人間に感染させた新種の機械生命体。
全体知性の元、ミュータントの撲滅と
全ての生命体を吸収する事を目的としている。





Imgp3005.jpg

このフィギュアはファランクスとなった
キャメロン・ホッジを再現した物である。

全身の細かい機械のモールドと
メタリックな塗装が機械生命体を表現している。



X-MEN MUTANT GENESIS 5インチフィギュア キャメロン・ホッジ ファランクスVer. 980

頭部はドレッドヘアの髪型ではなく、
機械のコードやチューブを造形化した物。

顔と一体化した眼鏡と満面の笑顔が、
狂ったマッドサイエンティストの特徴を良く表している。




Imgp2985.jpg

バイオウェポン

ファランクスは周囲の物を吸収、どんな形にも変形可能。
その能力を表した右腕はブラスターガンに変化している。

この右腕は例によって水鉄砲になっている。



Imgp2986.jpg

ポンプに水を入れて背中にセット。
蛇腹を押すと、右腕から水が発射される仕組み。

このギミックのお蔭で背部のスタイルが犠牲になっているが、
この時期のX-MENフィギュアは何かしらギミックを搭載する事が
パターンとなっており、フィギュアによってはこのホッジの様に
微笑ましい雰囲気を醸し出している物もある。





Imgp2991.jpg

ファランクスの生みの親であり自身もファランクスであるスティーブン・ラング
ホッジの狂気を危ぶみ、Xチームに助力する行動に出る。

ファランクスの巣窟は破壊され崩壊するが、
怒り狂ったホッジはラングを道連れに爆発炎上した。



Imgp2989.jpg

数十年の歴史を持つアメコミシリーズでは、
敵も味方もその時代に合わせた形で何度でも蘇る。

キャメロン・ホッジも例外ではなくバスチオンにより再生され、
X-MENにとって宿敵とも言えるヴィランであると再認識させられた。




Imgp2979.jpg

ミュータントを敵視するあまり、ミュータント以上の怪物に成り果てた
キャメロン・ホッジは皮肉としか言い様が無いキャラクターです。
この様な救い難い存在まで商品化したTOYBIZに拍手を贈りたい。

残念と言うか、当然なのだがキャメロン・ホッジのフィギュアは
このファランクスバージョンのタイプのみ。

現在の技術で蘇った上質で不気味な
キャメロン・ホッジを見てみたい物です。






Imgp3010.jpg

◆参考にならない比較◆







テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

コメント
ご無沙汰しております^^

す・・・すごい!!!
キャメロン・ホッジって・・・立体化されてるのですね・・・初めて見ましたです(焦)

いや~これは、良い物が見れました♪
TFもマーベルもまだまだ中途半端道半ば途中なので・・・勉強不足を痛感><

しっかし・・・あの巨大化したキャメロン・ホッジをビルドで発売して欲しい物です!
MLでも・・・このくらい、最強最凶最悪な敵が、新たに発売されても言いと思うのですが^^!
2010/06/02(水) 00:05:08 | URL | akikke | [ 編集 ]
>akikkeさん
そう言えば私もキャメロン・ホッジのレビューは見た事ないです。
普通、誰も取り上げませんね、このキャラは…w

ホッジって意外と最強クラスのヴィランなのに立体化に恵まれませんね。
あの極悪非道振りじゃ人気なさそうですが…。
私もマーベルレジェンドのビルドで欲しいです!
やはりエクスティンクション・アジェンダで見せた巨大サイボーグの姿が良いですね!
2010/06/02(水) 22:15:28 | URL | 付喪 | [ 編集 ]



URL

 
PASS
SECRET

Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog