十三非常階段
●トランスフォーマー ロストエイジ  AD-11 ディスペンサー
トランスフォーマー ロストエイジ AD-11 ディスペンサー 3043

TF実写映画の新作公開に合わせて、既存のトイのリカラー版が
発売される事は予想の範囲内ではあった物の、
ディスペンサーの様なマイナーキャラを採用するとは驚きであった。

誰も予想しなかった素体の選択も興味深く、ジュース販売機であった
ディスペンサーをトラックに変貌させた事や納得のカラーリング、
新規パーツの追加等、TFロストエイジの新作トイを凌駕する程の
インパクトを放つ、注目に値するアイテムとなっていた。



トランスフォーマー ロストエイジ AD-11 ディスペンサー 013
  ◆ 名前 : ディスペンサー

  ◆グループ: ディセプティコン

  ◆ 変形 : ドリンク運搬車

 
  ◆シリーズ: トランスフォーマー ロストエイジ

  ◆ 発売 : 2014年5月17日

  ◆ 価格 : 3200円





TRANSFORMERS LOST AGE AD-11 DISPENSOR package

パッケージ




トランスフォーマー ロストエイジ AD-11 ディスペンサー 048

ビークルモード

グリーンの車体が眩しいドリンク運搬車に変形。

ディスペンサーは2007年に発売されたMD-17 ペイロード
リデコレーション版の為、車体はアーマードトラックの
形状をしているが、カラーリングによりイメージを一新している。



トランスフォーマー ロストエイジ AD-11 ディスペンサー 3049

リア

ペイロードは現金輸送車をモチーフとしていただけに、
ドリンク運搬車に大変貌を遂げるとは予想も出来なかった。

元々装甲車両の為、各部は厳ついスタイルのトラックながらも、
グリーンのカラーとドリンクのロゴマークにより、
一般の配送車両の様な雰囲気が感じられる。



Transformers LOST AGE AD-11 DISPENSOR Mood Wiplash 054

サイド

コンテナのサイドにはドリンクのロゴがタンポ印刷されている。

文字を赤と緑で描き、周りに黄色い円を配置している面は、
清涼飲料水マウンテンデューのロゴを模した物である。

車体全体もマウンテンデューのイメージカラーのグリーンになっている。




Transformers LOST AGE AD-11 DISPENSOR Mountain Dew Mood Wiplash Logo

ロゴマーク比較

全体のイメージはマウンテンデューなのだが、メーカーライセンスを
取得していないアイテムの為、文字は『Mood Wiplash』に変更されている。

ムードウィップラッシュとは、IDWコミックスに登場する
TF用の飲料で、コミックスでは『Mood Whiplash』と記述される。



Transformers LOST AGE MOVIE ADVANCED SERIES AD-11 DISPENSOR 3056

TFコミックスに登場する飲料というマニアックさに加え、
Mountain Dew(マウンテンデュー)と同じく
で始まる物を選んでいる拘りに感心する。

ディスペンサーは単なるリデコ版ではなく、
TFファンを楽しませてくれる洒落の利いたアイテムである。




トランスフォーム!
TRANSFORMERS LOST AGE AD-11 DISPENSOR Transform

トラックの外側と内側が逆転する様な奇抜な変形工程は、
リデコ元のペイロード時代から定評があった。




トランスフォーマー ロストエイジ AD-11 ディスペンサー 928

ロボットモード

上半身にボリュームがある体格の良いスタイル。

ペイロードのリデコ版の為、人型の体型を維持しているが、
四つ目や牙を剥いた様な口等、不気味なデザインの頭部により、
クリーチャー要素が強かった映画版ディスペンサーの
雰囲気が表現されており、頭部の変更は大正解であったと言えよう。



トランスフォーマー ロストエイジ AD-11 ディスペンサー 936

リア

トラックのコンテナ部分の外装は、幾度も折り畳まれて
両肩に配置するという巧い変形工程だ。

クローアクションギミックが搭載されている為、
背中からギミックのスイッチとなるシャーシ部分と
バンパーが突き出ている独特のスタイルを有している。




トランスフォーマー ロストエイジ AD-11 ディスペンサー 3006

胸部のドリンクロゴが印刷されたパネルは、
ビークルモードではコンテナの内側に位置しており、
実は変形では使用しないパーツである。

ビークルの外装が胸部に変形している事を表現する為、
分割されたドリンクロゴを印刷しているアイディアは評価に値する。



TRANSFORMERS LOST AGE AD-11 DISPENSOR 989

肩、手首、股関節にボールジョイントを使用し、
首と二の腕、腰、大腿部にロール、
肘と膝、足首も曲げる事が出来る。

元々は2007年に発売されたトイながらも、全身の可動は充分な物で、
2014年に登場したTFロストエイジのアイテムと比べても遜色は無い。




TRANSFORMERS AGE OF EXTINCTION AD-11 DISPENSOR 3000

『暴走したオールスパークの力によって生命を得たディスペンサー。

生まれたばかりの彼には、右も左も分からない…。
だが体の底から湧き起こる破壊衝動が彼を突き動かす!』




トランスフォーマー ロストエイジ ムービーアドバンスドシリーズ AD-11 ディスペンサー 039

元々のディスペンサーは、2007年の実写映画第一作目の
トランスフォーマー』に数秒間のみ登場したTF。

トイパッケージの設定にある様に、オールスパークが発したパワーの
影響を受けたマウンテンデューの自動販売機が生命を宿し、
トランスフォーマーとして誕生した変わり種のTFである。



TRANSFORMERS AGE OF EXTINCTION AD-11 DISPENSOR 3037

ディスペンサーは映画に於けるジョーク的な要素も
含んだTFだけに、変形トイの開発は行われなかった。

しかし2009年には、PVC製のディフォルメフィギュア
ロボットヒーローズ』で初商品化され、ファンを驚かせた。




トランスフォーマー ロストエイジ ムービーアドバンスドシリーズ AD-11 ディスペンサー 023

それから数年を経た2014年、『トランスフォーマー ロストエイジ』の
トイシリーズで、装いも新たにディスペンサーが
変形トイとして登場するとは誰が予想したであろうか。

更にジュースの自動販売機ではなく、ドリンク運搬車という
トラックに変更し、ジュースに関連付けながらも
イメージを一新させたアイディアにも感心するばかりである。



TRANSFORMERS LOST AGE AD-11 DISPENSOR 3032

ディスペンサーは日本独自のトイラインである
ムービー アドバンスド シリーズ』の一体として発売され、
2014年5月の時点では日本限定品とされている。

基となったペイロードとは異なる新規造形の頭部と、新規パーツの
ロケットランチャーが付属し、新作トイの様な仕上がりの優れたトイだ。





Transformers LOST AGE AD-11 DISPENSOR Rocket Launcher 009

ロケットランチャー

映画劇中でも印象的だった、ジュース缶を連続発射する
“カン・ランチャー”とも呼ぶべき武器が付属する。

回転式弾倉を備えたグレネードランチャーの様なスタイル。

腕部パネル内に手を折り畳んで収納し、
腕部側面のピンにジョイントを差し込んで取り付ける。

左右どちらの腕にも装備出来る設計も嬉しい所だ。



Transformers LOST AGE AD-11 DISPENSOR Can Launcher 3052

ロケットランチャーはビークルモードでも装備可能。

ロボット時に肩に位置する固定用のジョイントを利用して
武器を装着出来る様にしたアイディアは見事。

ジョイントは両サイドにある為、左右どちらでも装備可能。





TRANSFORMERS LOST AGE AD-11 DISPENSOR ATTACK CRAW 2966

アタッククロー

腹部から飛び出す大型のクローを搭載。

トラックの軸となるシャーシ部分が胴体を貫いており、
連動変形ギミックを内蔵したクローになっている。



TRANSFORMERS MOVIE AD-11 DISPENSOR 942

ロボットモードを真横から見ると、背中から
シャーシパーツが長く突き出ている事が分かる。

クロー展開ギミックを第一に考慮している事が窺え、
他に類を見ない独自性の強いデザインである。




TRANSFORMERS LOST AGE AD-11 DISPENSOR ATTACK CRAW 11

背中に伸びるシャーシ部分のバーを押し込むと、
腹部パーツが飛び出し、更に折り畳まれていたクローが展開して開き、
180°回転してクローが閉じるアクションを備えている。

面白味のある変形工程だけではなく、大掛かりな
連動ギミックを搭載したアイディア溢れる機構は、
基となったペイロードの登場時と変わらない新鮮さを感じさせる。



TRANSFORMERS LOST AGE AD-11 DISPENSOR EZ Collection TRAILBREAKER 987

クローの開閉ギミックにより、別売りのTFトイを挟み込む事も出来る。

クローとシャーシ内部にはスプリングが仕込まれており、
バーを離すと自動的にクローが畳まれて元通り腹部に収まる仕組み。

ストッパーは無いので、クローはバーを押し込んでいる間しか展開出来ない物の、
ダイナミックな動きの連動ギミックは、トイとして大いに楽しめる。






トランスフォーマー ロストエイジ AD-11 ディスペンサー 022

トランスフォーマーとマウンテンデューと言えば、真っ先に思い浮かぶのは
2007年の実写映画『トランスフォーマー』に登場したディスペンサーであろう。

しかしTFムービーシリーズには、もう一体マウンテンデューと関連がある
トランスフォーマーが存在し、トイも発売されている。



TRANSFORMERS LOST AGE DISPENSOR TRANSFORMERS REVENGE EJECTOR 3069

そのもう一体とは、2009年の『トランスフォーマー リベンジ』シリーズで
登場した、トイオリジナルTFのRD-15 イジェクターである。

イジェクターの元々のデザインは、マウンテンデューの
アメリカ版CMに登場するTFをモチーフとしている。

マウンテンデューに関連したTFが増員された事に驚きを禁じ得ない。

又、映画に登場するディスペンサーは、頭部が大きく、
腕が4本という事もあり、イジェクターに近い体型のロボットであった。






TRANSFORMERS LOST AGE AD-11 DISPENSOR Dispenser Mode 907

自動販売機モード

コンテナの天面には自動販売機を再現したタンポ印刷が施されており、
車体を立てる事で、ジュースの自動販売機の様な形態にする事が出来る。

しかし元々トラックのトイなので、車体を立ててもコンテナより
リアバンパーの方が出っ張っている為、自立は出来ない。

写真では、身体が薄い事が特徴のTF、
ガチャ版アームズマイクロン・ザドを支えにしている。



TRANSFORMERS LOST AGE AD-11 DISPENSOR Dispenser Mode 3064

コンテナ部分を開けば、より自販機らしい姿を再現可能で、
ミニフィギュアを並べれば雰囲気が出る。

ジュースは緑と赤の2種類、下方にはドリンク取り出し口まで印刷して
自販機の意匠を取り入れている拘り振りは、評価に値する物だ。

この様な洒落の利いたオマケ的なギミックは、
誰もが楽しめる物なので好感が持てる。





Transformers LOST AGE MOVIE ADVANCED SERIES AD-11 DISPENSOR 3031

日本語表記では片仮名のディスペンサーとなっている為、
自動販売機の英語ディスペンサーと同じだが、
英語表記では一字スペルを変えている。

・自動販売機     : DISPENSER
・トランスフォーマー : DISPENSOR

名前のスペルという細かな部分にも拘りが垣間見える側面である。




TRANSFORMERS MOVIE AD-11 DISPENSOR 995

ディスペンサーはディフォルメフィギュアのロボットヒーローズ版が
発売されただけでも快挙と言える物であったが、ロストエイジ シリーズで
変形トイとして復活させた開発陣の発想力とマニアックさを称えたい。

2007年に登場したトイを素体としている物の、古さは全く感じられず、
当時のTFトイが如何に優れていたかを再認識するきっかけにもなった。

ディスペンサーの様なリデコ版は大いに歓迎出来る物であり、
多くのファンが楽しめるトイが登場した事を嬉しく思う。








DRINK TRANSFORMERS 3083

◆参考にならない比較◆







テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

コメント
こんばんは
ディスペンサーのレビューお疲れ様です、無色の幻影です。
ディスペンサーは初期販売した中では唯一同名キャラがいないアイテムでしたので、どういったレビューになるのか楽しみにしておりました。
他サイト様でのレビューで、『映画無印のネタ枠がまさかの抜擢』という事はなんとなく理解していたのですが、マウンテンビュー風ロゴのワードの元ネタや、イジェクターとの意外な接点等、付喪氏ならではの着眼点には本当に頭が下がる思いです。
自販機モードは他にもやっている方がいましたが、ザドがとんでもない事に(笑)
2014/06/16(月) 00:43:51 | URL | 無色の幻影 | [ 編集 ]
>無色の幻影さん
個人的には、TFロストエイジの第一弾トイの中では
ディスペンサーが最も興味を引くTFでした。
確かに「まさか!」のキャラでしたし、
新解釈ながら変形トイになった事が嬉しかったです。

イジェクターは、緑にリペイントして自販機のプリントを加えたら
ディスペンサーとしても通用しそうな感じもしますね。

ザドは試してみたら概ね調度良かったので使ってみましたw
2014/06/16(月) 23:19:06 | URL | つくも | [ 編集 ]
新作のラインナップにこれが入っていたのには驚きました。
ホントに数秒のシーンですが、ちゃんと人間型ロボットに変形し、なかなかデザインも良かったこともあって商品化して欲しいという声も多かったと思います。
携帯電話のとか生まれた時に既に銃火器を有する者もいましたが、ディスペンサーに関してはどうやら内蔵されていた缶をそのまま飛ばしていてポンッポンッという射撃音(笑)も良かったですね。対人間となるとそれなりの威力になりそうです。やっぱり打ち止めが訪れてしまうのでしょうか(笑)
僕も旧作キャラなのに真っ先に迷うことなく予約して楽しみにしていました。ペイロードは持っていませんでしたが、トイでも好きな物が多い一作目の型に対する安心感というのもありました。
ドリンク運搬車という設定も無理がないですし、自販機にも見立てられるとは型の選択にも感心しました。センスの光るリデコ商品ですね。
2014/06/18(水) 02:43:33 | URL | チャックルベリー | [ 編集 ]
>チャックルベリーさん
映画のディスペンサーは僅かな登場シーンながら、非常にインパクトがありましたね、
私も商品化を望んでいた一人なので、このトイを入手した時は悲願達成みたいな心境でした。

今回、記事を作るに当たり映画を観直したのですが、ディスペンサーが
缶を射出している時には、発射の衝撃でジュースが飛び散っているという、
コマ送りしないと分からない様なCGの作り込みに驚きました。
ポンッポンッという射撃音はコミカルで良かったですね、私も気に入ってますw

TFロストエイジ・トイのラインナップが発表された時、ディスペンサーは
私にとってはダイノボット以上に魅力的に映りました。
コンテナのジュース自販機のプリントも楽しめますし、
仰る通りリデコ元の選択が非常に巧いアイテムだと思います。
2014/06/18(水) 20:00:35 | URL | つくも | [ 編集 ]



URL

 
PASS
SECRET

Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog