十三非常階段
●X-MEN GENERATION X  ホワイトクイーン
X-MEN GENERATION X WHITE QUEEN Emma Frost 713

アメコミには魅力的なヴィランが数多く登場し、
ヒーロー達に迫る人気を獲得しているキャラクターも少なくない。

元々ヴィランとして登場したホワイトクイーンことエマ・フロストは、
数十年の歴史の中で大きな変貌を遂げ、後にヒーロー側に属し、
更にはチームのリーダーにまで上り詰めている稀なキャラクターだ。

このフィギュアはその第一段階とも言える、ジェネレーションX
指導者としてのエマを立体化しているアイテムである。



X-MEN ジェネレーションX ホワイトクイーン 696
  ◆ 名前 : ホワイトクイーン

  ◆ 本名 : エマ・フロスト

  ◆ チーム: GERENATION X 他


  ◆メーカー: TOYBIZ

  ◆シリーズ: X-MEN GERENATION X

  ◆ 発売 : 1996年

  ◆ 価格 : 日本未発売




X-MEN GENERATION X WHITE QUEEN Figure Package

パッケージ




X-MEN ジェネレーションX ホワイトクイーン 4688

フロント

ホワイトクイーンは1980年代初期から活躍する
ヴィランの一人であったがフィギュ化の機会は無く、
このジェネレーションX版フィギュアが初となる。

自信に溢れた表情にホワイトクイーンらしさが
表れており、造形のレベルは非常に高い。



X-MEN ジェネレーションX ホワイトクイーン 4692

リア

可動箇所は首、肩、股関節のロールのみで、
可動よりもスタイル重視のフィギュアという事が分かる。

袖の部分を除くジャケットはボディとは別のパーツで
造られており、軟質素材で柔軟性があるが着脱は出来ない。




X-MEN GENERATION X WHITE QUEEN Emma Frost 700

アメリカ・マサチューセッツ州ボストンの名家に生まれたエマは、
その莫大な遺産を相続する事になるが、一度は拒否しており、
自らの力で成功者となれる事を証明している野心家である。

成長した彼女は経営能力に優れた才を発揮し、運送と電子機器を専門とする
フロスト・インターナショナル社を興し、一方で名門私立高校の
マサチューセッツ・アカデミーを買収して
校長に就任する等の多才さを備えている。



X-MEN ジェネレーションX ホワイトクイーン エマ・フロスト フィギュア 736

失恋により人間への信頼を失ったエマは、ミュータントの
秘密結社ヘルファイアークラブに加入して頭角を現し、
幹部で構成されるインナーサークルに於いて
ホワイトクイーンの名を戴く大幹部となる。

尚、インナーサークルのコードネームは、ブラックキング
ホワイトビショップ等、チェスの駒に由来する物だ。



X-MEN GENERATION X WHITE QUEEN Emma Frost 4705

ホワイトクイーンのミュータントパワーは、強力なテレパシー能力である。

精神攻撃を得意とし、強力なメンタルボルトを放ったり、
マインドコントロール、記憶操作等、テレパスとして万能。

その力はシリーズが進むに連れて強力さを増し、
プロフェッサーXジーン・グレイと並ぶ最強レベルの物に達している。




X-MEN GENERATION X WHITE QUEEN  PSYCHIC ENERGY SPEAR 4724

サイキック・エナジースピア

コミックスには登場しないフィギュアオリジナルの槍型の武器が付属する。

テレパシー能力者である事から「サイキック」の名称が与えられていると思われる。
又、槍の先端には炎が備え付けられており、これはヘルファイアークラブに
属していた為、「ファイアー」の意匠を取り入れた物であろう。



X-MEN GENERATION X WHITE QUEEN  PSYCHIC ENERGY SPEAR 719

フィギュアの身長を軽く凌駕する迫力の武器である。

成形色は炎に合わせたクリアオレンジで、更に炎には
オレンジ色で彩色も施してグラデーションの効果が現れている。

柄の部分はゴールドで全塗装するという豪華な仕様で、
取り付けられた軟質素材のベルトにより、
フィギュア本体に背負わせる事も出来る。





X-MEN GENERATION X WHITE QUEEN  717

元々ヴィランとして登場したホワイトクイーンは、
ヘルファイアークラブの首領、ブラックキングこと
セバスチャン・ショウの右腕として悪の限りを尽くし、
X-MENとも度々戦ってきた強敵の一人だ。

テレパシー能力は悪役時代から既に強力で、
ストームウルヴァリンコロッサスの強力メンバー三人を
一人で相手にし、精神攻撃で容易く倒してしまう程であった。



X-MEN ジェネレーションX ホワイトクイーン エマ・フロスト 773

又、私立学園マサチューセッツ・アカデミーの理事長という
教育者でもあるエマは、チャールズ・エグゼビア
ミュータント学校に対抗して若いミュータント達を召集し、
ヘリオンズなるチームを結成した。

ホワイトクイーンというヴィランでありながらも、若者の教育には
情熱を注いでおり、自ら指導者となり訓練を施している。




X-MEN ジェネレーションX ホワイトクイーン エマ・フロスト 740

しかしヘルファイアークラブの内部抗争の中で
政敵アップスターツの攻撃を受けて重傷を負い、
ホワイトクイーンは昏睡状態となった。

彼女を守ろうとしたヘリオンズは、アップスターツの
トレバー・フィッツロイが放ったセンチネルにより全滅してしまう。



X-MEN GENERATION X WHITE QUEEN Emma Frost 4770

以降、ヘリオンズ全滅はエマのトラウマとなり、
若い命を散らせてしまった自責の念に駆られ続ける事になる。

その後プロフェサーXの活躍により救われたエマは
X-MENの基地で療養中であったが、そこに現れた
機械生命体ファランクスとの戦いに巻き込まれ、
元X-MENメンバーのバンシージュビリーと共に戦った。



X-MEN ジェネレーションX ホワイトクイーン フィギュア 747

ファランクス事件をきっかけにX-MENと行動を共にする様になり、
事件で知り合った若年のミュータント達を教育する為、
バンシーと共に新生『恵まれし子らの学園』の指導者となる。

世界各国の十代のミュータント達が参加する事となったチームが
ジェネレーションX』であり、2人の指導者と
生徒8人のメンバーで構成される新たなXチームだ。





X-MEN GENERATION X WHITE QUEEN Emma Frost Costume 761

このフィギュアは、ジェネレーションX時代の
教師のエマ・フロストとしての姿を再現した物である。

しかし露出度の高いコスチュームスタイルは、
ヴィランであったヘルファイアークラブの
ホワイトクイーンの頃とほとんど変わらない。

マントがジャケットに変更された程度である。



X-MEN GENERATION X WHITE QUEEN Emma Frost Costume 702

ホワイトクイーンのフィギュアには2タイプ存在し、
初期版は太腿の部分が肌色に塗装されていた。

二次生産以降の物は白い成形色のままで、
タイツを履いている様なスタイルに変更されている。

これはアメリカの国柄を反映した変更点である。



X-MEN ジェネレーションX ホワイトクイーン エマ・フロスト 748

アメリカでは「オモチャは子供の物」という考え方が一般的だ。

1990年代のX-MENフィギュアのメインターゲット層は、
あくまで低年齢の子供達であった。

日本の美少女フィギュアの様に大人を対象とした物ではなく、
幼児から小学生の低学年位までを顧客としていた為、
セクシーな表現は極力排除する姿勢が定着していた。



X-MEN GENERATION X WHITE QUEEN Emma Frost Figure 4757

コミックスのホワイトクイーンも太腿は露出していないデザインの
コスチュームの為、フィギュアもコミック版に合わせた変更とも考えられる。

然れど、どちらにせよ教師らしさは欠片も無い
コスチュームである事に変わりは無い。

傲慢で高飛車なエマの性格を表すかの様なコスチュームと言えよう。





X-MEN ジェネレーションX ホワイトクイーン フィギュア 4753

ジェネレーションX解散後、エマはミュータント国家ジェノーシャ
身を寄せていたが、カサンドラ・ノヴァの攻撃によりジェノーシャは壊滅。

この戦いの中で第二のミュータント能力を開花させたエマは、
身体を生体ダイヤモンド化するダイヤモンドフォームを身に付けた。



X-MEN GENERATION X WHITE QUEEN Emma Frost Figure 778

この能力は超硬質のボディとなる為、防御力向上や打撃系の攻撃に有効だが、
ダイヤモンド化している間はテレパシー能力が使用出来ず、
逆にテレパシー能力を発揮している時はダイヤモンド化出来ない。

ダイヤ化の能力は、2011年の実写映画『X-MEN ファースト・ジェネレーション』でも
効果的に描かれていた為、一般層にも認知された能力である。




X-MEN GENERATION X WHITE QUEEN  PSYCHIC ENERGY SPEAR 738

紆余曲折を繰り返すX-MENのストーリーは劇的な展開が多く、
中心メンバーであったジーン・グレイの死亡、
X-MENの創始者であり指導者であったプロフェッサーXの離脱等、
X-MENのコミックスは次々に大事件が起こる為、
メンバー構成も流動的で驚かされる事も多い。



X-MEN ジェネレーションX ホワイトクイーン & サイクロップス 785

ホワイトクイーンことエマ・フロストは後にサイクロップスと共に
X-MENを率いる立場の重要人物になるが、このフィギュアが発売された
1996年の時点で、それを予想出来たファンは皆無であった事だろう。

かつて仇敵であったホワイトクイーンがジェネレーションXの
指導者になった時も驚きであったが、2000年代に入った後、
X-MENの中心人物に迎えられる展開はその上をいく物であった。






X-MEN ジェネレーションX ホワイトクイーン スタンド 789

スタンド

ジェネレーションXのフィギュアシリーズには、
共通したスタンドが付属している。

ジェネレーションXのマークを模った形状で、
全体はメタリックレッドのメッキ加工が施してある。



X-MEN GENERATION X WHITE QUEEN Emma Frost 795

このスタンドにはフィギュアを固定する為のピンが設置されており、
立たせ難いフィギュアも存在する為、ディスプレイする際に重宝する。

ジェネレーションXシリーズのフィギュアは、従来のX-MENフィギュアの様な
アクションギミック
を搭載していない物が多い為、これを補う為にメッキ仕様の
スタンドを付属させ、セットとしての豪華さを付加していると思われる。




X-MEN ジェネレーションX ホワイトクイーン エマ・フロスト 782

アメコミは時代毎に様々なクリエイターが参加する為、
新たな解釈が加わって各キャラクターも進化していく。

エマ・フロストも、初登場時の魔女の如き悪人面であった
ヴィラン時代からは想像も出来なかった、
X-MENの中心キャラクターに変貌している。

ターニングポイントとなったのは『ジェネレーションX』であり、
フィギュアも発売される程の人気キャラクターに昇格した事が、
後々の展開に影響を与えている事は間違いないだろう。







X-MEN WHITE QUEEN 765

◆参考にならない比較◆


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog