十三非常階段
●トランスフォーマー ロストエイジ  ロストエイジシリーズ LA-09 ロックダウン
トランスフォーマー ロストエイジ ロストエイジシリーズ LA-09 ロックダウン 952

ムービー版トランスフォーマーには、作品毎に核となる強敵のディセプティコンが登場している。

第一作目ではメガトロン、二作目はザ・フォールン、三作目はショックウェーブ
そして第四作目となる『トランスフォーマー ロストエイジ』ではロックダウンである。

トランスフォーマー アニメイテッド』に於いて創造された、
比較的新しいキャラクターの起用は多くのファンを驚かせたが、
劇中の鬼神の如き暴れ振りは、更に予想を超えていた。



トランスフォーマー ロストエイジ ロストエイジシリーズ LA-09 ロックダウン 6943
  ◆ 名前 : ロックダウン

  ◆グループ: ディセプティコン

  ◆ 変形 : ランボルギーニ
         アヴェンタドール LP 700-4 クーペ

  ◆シリーズ: トランスフォーマー ロストエイジ

  ◆ 発売 : 2014年7月19日

  ◆ 価格 : 1200円




TRANSFORMERS LOST AGE LOST AGE SERIES LA-09 LOCKDOWN Package

パッケージ




TRANSFORMERS AGE of EXTINCTION LOST AGE SERIES LA-09 LOCKDOWN Lamborghini Aventador LP 700-4 904

ビークルモード

ムルシエラゴに変わるフラッグシップ車として、
ランボルギーニ社が2011年に発表したスーパーカー。

ミッドシップに搭載した6.5リッター大型V型12気筒エンジンは、700馬力を発生する。

カーボンファイバー製モノコックボディが採用されており、
車体自体の空力性能やタイヤのグリップ、ハンドリング等も向上している。



TRANSFORMERS AGE of EXTINCTION LOST AGE SERIES LA-09 LOCKDOWN Lamborghini Aventador LP 700-4 909

リア

海外版では車体後部のエンジンフードが青く塗装されていた為、
低年齢向けトイらしさが表れた「オモチャ」的な配色であった。

日本版は省略している物の、却ってリアルさが増しており、
カーモデルとして好印象の仕様となっている。




TRANSFORMERS AOE LOST AGE SERIES LA-09 LOCKDOWN Lamborghini Aventador LP 700-4 919

成形色は濃いダークブラウンで、満遍無くラメが練り込まれている。

ボンネット中央のディセプティコンマークはタンポ印刷、
ヘッドライトは青、ウィンドーはシルバーに塗装されている。

タイヤは個別に取り付けられており、
車高が低い設計ながらも転がし走行に問題は無い。



TRANSFORMERS AOE LOST AGE SERIES LA-09 LOCKDOWN Lamborghini Aventador LP 700-4  921

リア部の左側には金属パーツが埋め込まれている。

これは、ロストエイジシリーズの大型アイテムである
LA-01 バトルコマンド オプティマスプライムと連動の際に
使用するパーツで、バトルコマンドオプティマスに
ライドオン』させる事で、ライト&サウンドギミックが発動する。



TRANSFORMERS AGE of EXTINCTION LOST AGE SERIES LA-09 LOCKDOWN Lamborghini Aventador LP 700-4 964

低年齢層をターゲットにしたロストエイジシリーズのアイテムだが、
造形は非常にリアルに造られており、アヴェンタドールとして
全く破綻していないカーモードの再現度に驚く。

ビークルモードでも充分楽しめるトイと言えよう。




トランスフォーム!
TRANSFORMERS LOST AGE LOST AGE SERIES LA-09 LOCKDOWN Transform 1




TRANSFORMERS LOST AGE LOST AGE SERIES LA-09 LOCKDOWN Transform 2

特殊な変形機構を有しており、フロントウィンドーの
ボタンを押すと、全身に組み込まれているスプリングの力により、
一瞬でロボットモードに自動変形する。

ビーストウォーズ』期から登場したフリップチェンジャーの進化形であり、
遊び易さを第一に考慮して設計されているアイテムである。



TRANSFORMERS LOST AGE LOST AGE SERIES LA-09 LOCKDOWN Transform 3

ビークルモードからロボットに瞬間自動変形を行うTFトイは、
トランスフォーマー アニメイテッド』のアクティベイターや、
ビークール等が既に存在しているが、ロストエイジシリーズの
注目すべき点は、ビークルモードへの変形もワンステップで行える事だ。

ルーフのパーツを押し込むと、ボンネットが畳まれ、
ロボットの手足が車体に収納されてカーモードへの変形が完了する。

熟慮された変形機構を備えている驚くべきトイである。




TRANSFORMERS AGE of EXTINCTION LOST AGE SERIES One Step Changer LOCKDOWN 6934

ロボットモード

瞬間自動変形が組み込まれた低年齢向けの
トイながらも、ビークル、ロボットモード共に
ディフォルメされた物ではなく、非常にリアルな造形だ。

頭身の高さや手足のバランスも良く、
ムービー版TFトイとして納得の出来映え。



TRANSFORMERS AGE of EXTINCTION LOST AGE SERIES One Step Changer LOCKDOWN 936

リア

車体が展開してロボットに変形する為、
背部にはカーモードの外装が集中している。
 
後ろ側から見ると、瞬間自動変形によって
どの様に各パーツが移動しているかが理解出来る。




TRANSFORMERS AGE of EXTINCTION LOST AGE SERIES One Step Changer LOCKDOWN 985

ロストエイジシリーズの中でも価格1200円の小型トイは、
海外では『ワンステップチェンジャー』のカテゴリーに組み込まれている。

低年齢層をターゲットに遊び易さを優先し、一発変形を最大のポイントとしている為、
可動は意図的に減らされており、ロックダウンの可動箇所は両腕の肘のみである。




トランスフォーマー ロストエイジ ロストエイジシリーズ LA-09 ロックダウン 990

映画『トランスフォーマー ロストエイジ』の予告編でも
印象的であった、フルフェイスマスクを被った状態で立体化されており、
いわゆる「のっぺらぼう」の顔と髑髏を思わせるシルエットにより、
不気味な印象が感じられるデザインである。



TRANSFORMERS LOST AGE LOST AGE SERIES LA-09 LOCKDOWN 6983

フェイスマスクにはトランスフォーマーの索敵機能が備わっており、
単に顔をガードする為の防御用のマスクではない。

映画劇中でも素顔とフェイスマスクを装着した状態とを
使い分けており、マスク顔も非常に印象的であった。



トランスフォーマー ロストエイジ ロストエイジシリーズ ワンステップチェンジャー ロックダウン 6960

例えムービーアドバンスドシリーズAD-26 ロックダウン
所持していたとしても、マスク装着時の顔で造形されている
ロストエイジシリーズ LA-09 ロックダウンは、
外す事の出来ないアイテムと言えるだろう。

両方揃えたくなる程、劇中のロックダウンは魅力溢れるTFであった。





トランスフォーマー ロストエイジ ロストエイジシリーズ ワンステップチェンジャー ロックダウン 993

ロックダウンバウンティハンターのトランスフォーマーだ。

トランスフォーマーを狩る事を生業としている為、その戦闘力は
群を抜いており、強力な銃火器や数々の武器を扱う。

又、格闘能力も優れており、一回り以上も体格差があり、
パワーでは大幅に上回るオプティマスプライムとも互角に渡り合う程。



TRANSFORMERS AGE of EXTINCTION LOST AGE SERIES LA-09 LOCKDOWN 981

この強力なキャラクター性は、2014年夏季に無料配布された
オートボット大集合! トイ&ムービー スペシャルDVD』の
トイジオラマストーリーにも活かされていた。

バトルコマンド オプティマスプライム率いるオートボット
ダイノボットの連合軍を、ロックダウン一人で相手にしており、
強力無比な戦闘力で蹴散らしてしまうシーンも見られた。




トランスフォーマー ロストエイジ ロストエイジシリーズ ワンステップチェンジャー ロックダウン 978

これは、2014年7月の時点で、ロストエイジシリーズ
ディセプティコンはロックダウンしか発売されていなかった為とも受け取れるが、
映画『トランスフォーマー ロストエイジ』に於けるロックダウンの活躍を
考慮して、強力なキャラクターとしている事は間違いないだろう。




TRANSFORMERS AGE of EXTINCTION LOST AGE SERIES One Step Changer LOCKDOWN 57

低年齢層をターゲットにしているロストエイジシリーズは、
簡単な変形や遊び易さに秀でたアイテムである。

しかしながら、造形面ではムービーアドバンスドシリーズと同等の
リアルさを実現しており、ビークル、ロボットモード共に目を見張る箇所も多い。

殊にロックダウンは、ムービーアドバンスドシリーズ版とは
全く異なるフルフェイスマスクを装着した独特な頭部形状という事もあり、
是非ともコレクションに加えたいアイテムと言えるだろう。







TRANSFORMERS LOCKDOWN 7024

⇒ ◆参考にならない比較◆







テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

コメント
はじめまして、グラと申します。いつも楽しく拝見しています。
LAシリーズは、ワンステップの流れるような連動変形や緻密なディティール、ほどよくディフォルメされた造型が心地よく、価格以上の魅力を感じます。実写でもアニメでも変形は一瞬ですから、そのイメージの再現という点でも優れているのではないでしょうか。
ロックダウンは造型が素晴らしいので、可動が少なくても全く気になりません。特に、指先の表情が絶妙ですね。
このシリーズが定着して、過去のアニメや映画のキャラが続々と発売されることを願っています。
2014/09/09(火) 20:23:49 | URL | グラ | [ 編集 ]
>グラさん
はじめまして、ブログ見て頂きありがとうございます。

ロストエイジシリーズは初見のイメージを覆すほどのクオリティで満足出来るトイですね。
予想以上にリアルな造り込みや計算された自動変形等、見所も多いと思います。
仰る通り、瞬時に変形する所も映画の再現と共に遊び易くて好感が持てます。

ハズブロの方針では、この様な子供でも簡単に扱えるトイラインは
今後も力を入れていく模様なので、LAシリーズの様なトイが増えると嬉しいですね。
2014/09/10(水) 22:52:19 | URL | つくも | [ 編集 ]



URL

 
PASS
SECRET

Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog