十三非常階段
●トランスフォーマーGo!  G-24 ビークール ジンブ
TRANSFORMERS Go! G-24 BeCool JINBU Bot Shots 7119

独自の世界観を持つ『びっくりワールド』に住するビークール達は、
既存のトランスフォーマーとは接点を持たない特殊なTFであった。

しかしビークール版侍チームの面々は、
ビークールでありながらもトランスフォーマーGo!』の
ソードボット侍チーム
と同一人物という特殊な位置付けの存在である。

これにより従来のトランスフォーマーの世界と、ビークールの
びっくりワールドを繋ぐ重要なキャラクターとなっている。



参乗合体 トランスフォーマーGo! G-24 ビークール ジンブ 101
  ◆ 名前 : ジンブ

  ◆グループ: ビークール

  ◆ 変形 : ジェット機


  ◆シリーズ: 参乗合体 トランスフォーマーGo!

  ◆ 発売 : 2013年10月26日

  ◆ 価格 : 2000円




トランスフォーマーGo!G-24 侍チーム・ビークールセット パッケージ 4

パッケージ




TRANSFORMERS Go! G-24 BeCool JINBU F-22 Raptor 122

ビークルモード

ビークールはビークルモードもディフォルメされた
デザインだが、実機をモチーフにしている物も多い。

ビークール・ジンブは、アメリカの最新鋭戦闘機である
F-22 ラプター型のジェット戦闘機に変形する。



TRANSFORMERS Go! G-24 BeCool JINBU F-22 Raptor 7127

リア

機体の基になった型は海外版のボットショット・スタースクリームで、
日本版のビークールでは、B-14 サンダークラッカー
BS-03 サンストームが発売されている。

ジンブはビークールで3体目のF-22に変形するアイテムだ。




トランスフォーマー ビークール サンストーム & ジンブ 263

先行して登場していたサンストームは『黄色のジェット機』の
名称が与えられており、ジンブと同様に黄色の成形色だ。

しかしジンブの黄色の成形色は、レモン色に近いサンストームとは異なり、
ソードボット版ジンブと同様の色味の物を使用している事が分かる。

同じ『黄色のジェット機』ながらも、
明確に差別化している配慮は嬉しい限りだ。




ヘンケイ!
TRANSFORMERS Go! BeCool G-24 Sword Bot JINBU Transform 1




TRANSFORMERS Go! BeCool G-24 Sword Bot JINBU Transform 2

ビークールはカータイプの物が大半を占めており、
変形させるには転がし走行が重要な意味を持っている。

走行させてフロントに衝撃を与えて変形させるトイの為、
ジェット機タイプの物にも明確にタイヤが備え付けられている。



TRANSFORMERS Go! BeCool G-24 Sword Bot JINBU Transform 3

ジェット機型のビークールも、自動車型と
全く同じ変形機構が組み込まれている。

機首先端に衝撃を加えると、スプリングの力により
機首と機体が展開して瞬間自動変形が発動する。




参乗合体 トランスフォーマーGo! G-24 ビークール ジンブ 7090

ロボットモード

ジンブのボディは、『ビークール』でも発売された
B-05 パワーグライドの物が使用されている。

ボディを黄色に変更した事で赤いパワーグライドのイメージは
払拭されており、ジンブらしさが感じられるカラーリングだ。



参乗合体 トランスフォーマーGo! G-24 ビークール ジンブ 92

リア

ソードボット版ジンブも背中に主翼を背負うスタイルの為、
ビークール版ジンブも類似したスタイルとなっている事は好印象だ。

主翼が背中に配置されるスタイルは、ジェット機型TFの
定番でもある為、ビークールでも再現されている事に感心する。




G-24 トランスフォーマーGo! 侍チームビークールセット 内箱 1198

G-24 トランスフォーマーGo! 侍チームビークールセット』は、
ケンザンジンブガンオウの3体が同梱されたセット商品だ。

セット商品として豪華さを出す為か、パッケージの箱は
ビークールのトイに対して大きめに作られている。

尚、ビークール版ソードボットの単体販売は行われなかった為、
入手手段はセット版に限られた物となった。



G-24 トランスフォーマーGo! 侍チームビークールセット ジンブ ケンザン ガンオウ 179

又、『ビークール』シリーズは2013年夏季にも
フリップショット・タイプ等の新商品を発売する予定であったが
残念ながら実現せず、事実上ビークールのトイシリーズが終了していた。

この為、侍チームビークールセットは『ビークール』シリーズではなく、
参乗合体 トランスフォーマーGo!』シリーズに組み込まれて発売されている。




G-24 トランスフォーマーGo! 侍チームビークールセット ジンブ ケンザン ガンオウ 184

トランスフォーマーGo!のアニメが収録されている
児童誌てれびくんテレビマガジンの付録DVDには、
ビークールストーリームービーも収録されている。

ストーリームービーは児童誌付録のDVDの他、
ネット上でも動画配信が行われていた。



G-24 トランスフォーマーGo! 侍チームビークールセット ジンブ ケンザン ガンオウ 7181

ビークール版ソードボットが活躍するエピソードは、
てれびくん2013年12月号の付録DVDに収録されており、
このビークール侍チームセットのプロモーションには
大いに力が入っていた事が窺える。




TRANSFORMERS Go! G-24 BeCool JINBU Bot Shots 291

ストーリームービーに於けるジンブは、
トランスフォーマーGo!』のアニメ本編と同じく
丁寧な口調で話すスマートなキャラとして描かれている。

トランスフォーマーGo!のアニメと同一人物とされている事が特徴で、
ボディはディフォルメされている物の、キャラクター性はそのまま引き継いでいる。



TRANSFORMERS Go! G-24 BeCool JINBU Bot Shots 112

ストーリームービーではビークールのボディになってしまった事で、
侍チーム3人が何度試しても参乗合体出来ないという内容である。

ジンブも幾度と無く合体にチャレンジしており、外面は物静かな態度ながらも
内には熱い精神を宿しているという、ジンブらしさが描かれていた拘りに感心する。





TRANSFORMERS Go! G-24 BeCool JINBU Be Cool Mark 102

ビークールマーク

ジンブを表現する漢字は「」である。

ビークール・侍チームは3体共に、
各人を表す漢字がパネルに取り入れられている。



TRANSFORMERS Go! G-24 BeCool JINBU Be Cool Mark 107

ジンブは長刀を操る剣士だ。



TRANSFORMERS Go! G-24 BeCool JINBU Be Cool Mark 105

不敵な笑みを浮かべた顔は、余裕のある
戦い方をするジンブのイメージに合致する。





トランスフォーマー  ビークール B-05 パワーグライド & G-24 ビークール・ジンブ 288

ビークール・ジンブのジェット機の型は、
ボットショット・スタースクリームの物を使用しているが、
頭部やボディはパワーグライドの物が選ばれている。

異なる二つのトイを組み合わせている特別仕様であり、
ビークル、ロボットモード共にジンブのイメージに
近付けようと考慮されている事が分かる。




TRANSFORMERS Go! BeCool JINBU & Sword Bot JINBU Robot Mode

ソードボット・ジンブは、先の尖った頭部形状が特徴的なTFだ。

ビークール・ジンブはパワーグライドのボディを使用している為、
頭部の先端が尖っているイメージが踏襲されている。

ビークール・ジンブはマスク顔となっている物の、
頭部形状によりソードボット・ジンブの雰囲気が感じられる。



TRANSFORMERS Go! BeCool JINBU & Sword Bot JINBU Vehicle Mode

ビークール・ジンブのジェット機モードはF-22 ラプターである。

ソードボット・ジンブは前進翼のTFオリジナル戦闘機だが、
機種の形状はF-22 ラプターを思わせるデザインの為、
F-22型のビークールを選んでいる事は理に適っており、
ビークルモードでもジンブらしさが巧く表現されている。




トランスフォーマーGo! G-02 ソードボット・ジンブ & G-24 ビークール・ジンブ 256

ビークール・ジンブソードボット・ジンブを比較してみると、
黄色の成形色はほぼ同じ色味の物が選ばれている事が分かる。

目の色は水色、顔の塗装はシルバー、ジェット機のキャノピーは黒と、
塗装面でも可能な限り共通する要素を取り入れている拘りのトイである。




トランスフォーマーGo! ビークール G-24 ビークール ジンブ 270

既存のビークールのパーツを組み合わせて
ビークール版ソードボット侍チームを作り上げてしまう
アイディアは非常に興味を引く物であり、
予想を超える完成度の高さに驚かされた。

日本独自の特別版である事も注目すべき点であり、
加えて侍チーム・ビークールセットは、結果的に
ビークール』の最終アイテムとなっている。

ビークール版侍チーム3体は、ビークール・シリーズ
締めくくるに相応しいクオリティを備えたセットであった。







TRANSFORMERS Go! BeCool 260

⇒ ◆参考にならない比較◆





⇒ G-24 トランスフォーマーGo! 侍チームビークールセット ケンザン
⇒ G-24 トランスフォーマーGo! 侍チームビークールセット ガンオウ







テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog