十三非常階段
●トランスフォーマー プライム  アームズマイクロン M-06 バロ
トランスフォーマー プライム アームズマイクロン M-06 バロ 939

完成品玩具であるトランスフォーマーに、組み立てキットを付属させた
日本版『トランスフォーマー プライムのアイテムは、
従来のTFトイの概念を打ち破る画期的な物であった。

子供を対象にしたミニキットの為、ランナー1枚の簡単なキットだが、
オートボット側とディセプティコン側で異なる特徴を与えて
差別化しているアイディアは、驚くべき要素と言えよう。

アームズマイクロンシリーズ第一弾で登場したバロは、
ディセプティコン・アームズマイクロンの特徴が
強く表れている代表格とも言えるアイテムである。



TRANSFORMERS PRIME ARMS MICRON M-06 BARO 930



  ◆ 名前 : バロ

  ◆グループ: アームズマイクロン
         / ディセプティコン

  ◆ 変形 : 手裏剣 / ドリル







TRANSFORMERS PRIME ARMS MICRON SERIES AM-06 SKYWARP Box

◆シリーズ: トランスフォーマー プライム

◆ 発売 : 2012年3月31日       `

◆ 価格 : 2000円           `




TRANSFORMERS PRIME ARMS MICRON M-06 BALO 924

ビーストモード

バロのモチーフはバッファローだが、
独自性の強いスタイルで奇妙なイメージを放つ。

頭部形状と大型のツノが設置されている事により、
バッファローとして認識出来る姿だ。



TRANSFORMERS PRIME ARMS MICRON M-06 BALO 8927

リア

変形後に手裏剣の刃となる部分が脚部の為、
四肢は薄い三角形という特殊な形状。

身体に対して太い印象の尻尾は、ウェポンモードでの
グリップも兼ねており、無駄の無いパーツ構成が巧い。




TRANSFORMERS PRIME ARMS MICRON M-06 BALO 951

バロを構成するパーツはアームズマイクロンの中では多い方で、
脚部はそれぞれ二箇所の可動が備わっており、
首、ツノ、尻尾も動かす事が出来る。

アームズマイクロンとしてはポージングの幅が広い部類だ。




トランスフォーマー プライム アームズマイクロン M-06 バロ 942

アームズマイクロンは2タイプに大別する事が出来、
オートボット軍に属するヒューマン型と、
ディセプティコン側のアニマルタイプが存在する。

但し、タカラトミーアーツが発売したガチャ版アームズマイクロン
例外で、ディセプティコンでもヒューマンタイプが登場している。



トランスフォーマー プライム アームズマイクロン M-06 バロ 9020

ディセプティコンのアニマル型アームズマイクロンは、
哺乳類爬虫類魚類昆虫等の動物をモチーフとし、
どの様な動物でも全て「一つ目」という共通点がある。

特殊な大型アームズマイクロンのハデスは別格として、
その他全てのディセプティコンのアームズマイクロンの名称は、
「二文字で濁音を含む」というルールが適用されている。



TRANSFORMERS PRIME ARMS MICRON M-06 BALO 950

ディセプティコンのアームズマイクロンは、オートボット側より
パーツ数が多い事が特徴となっており、組み立て方の難易度も若干高い。

これはオートボット・アームズマイクロンとディセプティコン・アームズマイクロンを
担当した開発者が異なる為で、ディセプティコン側の方が
ホビーとしてのプラモデル要素が強く感じられる。





TRANSFORMERS PRIME ARMS MICRON M-06 BALO & TOMY ZOIDS 023

2006年にトミーとタカラが合併してタカラトミーが誕生する。
同じ会社になった事により、人事異動も行われるのが道理。

それまでトミーでゾイド・シリーズを担当していた開発者が
トランスフォーマーチームに参加し、ディセプティコン側の
アームズマイクロンの開発を担当する事となった。



TRANSFORMERS PRIME ARMS MICRON M-06 BALO 003

ゾイドは半完成品の組み立てキットと呼ぶべきトイで、
恐竜や動物をモチーフにしたロボットでもあった為、
動物モチーフの組み立てキットであるディセプティコンの
アームズマイクロンの担当者として適任と言える。



トランスフォーマー プライム アームズマイクロン M-06 バロ 8946

ゾイドに比べればアームズマイクロンは小型でパーツ数も少ないので、
簡単に製作出来る様に設計したと思われる。

それでもディセプティコン・アームズマイクロンが、オートボット側より
複雑な構成となっているのは、ゾイドで培われた開発方法が
多少反映されていた為と見て間違いないだろう。




TRANSFORMERS PRIME ARMS MICRON M-06 BALO 9015

アームズマイクロンは組み立てている最中から、
「白化する」、「折れた」等、破損の報告が多かった。

その中でもディセプティコン・アームズマイクロンは
細かなパーツが多く、この傾向が強かった為、
子供が組み立てるには少々難易度が高かったのかもしれない。



TRANSFORMERS PRIME ARMS MICRON M-30 JIGU & M-06 BALO 011

この問題を考慮したのか、シリーズ後半で登場した
ディセプティコンのアームズマイクロンは、オートボット側と同様に
パーツ数が少なく各パーツも大きくなり、簡単に組める仕様に変わっている。

トランスフォーマーという子供向けトイシリーズでは
「壊れ難い」という要素は、重要な位置を占めていると
改めて思い起こされる仕様変更であった。





トランスフォーム!
TRANSFORMERS PRIME ARMS MICRON M-06 BALO Transform




トランスフォーマー プライム アームズマイクロン M-06 バロ ウェポンモード 手裏剣 961

ウェポンモード

頭部と尻尾を折り畳み、四肢を放射状に広げる事で
手裏剣という変わり種の武器に変形する。

この武器が付属している事で、セットのスカイワープ
忍者の様な攻撃をする兵士に設定されている。



トランスフォーマー ビースオウォーズ タランス アームズアップ 8994

忍者』というジャンルは国内外を問わず
子供に人気がある為、トイオリジナルキャラクターに
忍者要素を付加した事は理に適っている。

忍者という事を取り入れる為に、バロのウェポンモードを
敢えて『手裏剣』にしていると思われる。





TRANSFORMERS PRIME ARMS MICRON M-06 BALO Weapon Mode DRILL 973

変形に使用する可動や造形的にも、バロの本来の
ウェポンモードは『ドリル』である事は間違いない。

手裏剣モードよりも遥かに纏まりが良く、
ドリルとして設定されていた事が容易に理解出来る。



TRANSFORMERS BEAST WARS TARANTULAS ARMS UP Arms Micron BALO 8987

これにより、バロはビーストモードと二つのウェポンモードを持つ
トリプルチェンジャーという、稀な特徴を備えたアームズマイクロンと言える。


AM-06 スカイワープのパッケージや付属する説明書には
明確に『ドリル』モードの説明は無いが、AM-05 メガトロンのアームズアップ例や、
マッドエネルゴンスーパーコンボウェポン・アステロイドドリル等では、
バロを公式に『ドリル』として扱っている。




TRANSFORMERS PRIME ARMS MICRON M-06 BALO MUD ENERGON CRYSTAL 970

エネルゴンクリスタル

六角形のAPクリスタル(アタックポイントクリスタル)が
与えられており、エネルゴン属性はマッドエネルゴン

クリアブラウンのマッドエネルゴンクリスタルは、
バロの他にM-13 グラ及びM-37 オズが装備している。





トランスフォーマー プライム アームズマイクロン M-06 バロ ランナー 809

ランナー

バロのパーツ数は13個あり、同時発売されたM-05 ゴラの15個と並び、
ディセプティコンのアームズマイクロンはオートボット側よりも
パーツ数が多いという事を印象付ける仕様のアイテムだった。

バロはパーツ数の多さに加えてステッカーの枚数も多く、
合計12枚のステッカーを貼付する必要があるので、製作に一手間掛かる。




トランスフォーマー プライム アームズマイクロン M-06 バロ 836

ステッカー未貼付状態

2012年~2013年に展開した『トランスフォーマー プライムは、
日本独自のトイ仕様を採用し、通常の変形ロボットだけではなく、
組み立てキットのアームズマイクロンを付属させた事が斬新な手法であった。

開発者のインタビューによると、ターゲット層に
幼児だけではなく小学生も含める方針が採られた為、
ホビー要素が強い組み立てキットを導入したと言う。



トランスフォーマー プライム アームズマイクロン M-06 バロ 8840

リア

アームズマイクロンが同梱されている事から、
アームズマイクロンシリーズ』のシリーズ名が冠され、
通しナンバーにもAMの文字が使用された。

又、付属するキットは小型トランスフォーマーの
マイクロン』である事から、こちらのナンバリングには
マイクロンの頭文字を使用して分類している。




TRANSFORMERS PRIME ARMS MICRON M-06 BALO 8857

バロは、TFプライム・アームズマイクロンシリーズ
AM-06 スカイワープに付属するアームズマイクロン。

アームズマイクロンシリーズ第一弾にラインナップされた最初期の
アイテムながら、可動の多さやトリプルチェンジ等、見るべき所が多い
非常に完成度の高いアームズマイクロンであった。



トランスフォーマー プライム アームズマイクロン M-06 バロ 8871

名前はモチーフであるバッファローから採られており、
濁音を含む二文字に短縮した物。

バッファロー → バファロ → バロ

最初期に登場したアームズマイクロンだけに
ネーミングも分かり易く、好感が持てる物だった。




トランスフォーマー プライム アームズマイクロン M-06 バロ 9013

組み立てキットというスタイルは、トランスフォーマーの
メインとなるシリーズでは一般的ではなかった為、
それまでの仕様に慣れていたファンには斬新な物であった。

TFが保持する武器という事もあり、「オマケ」的なアイテムと
予想されたが、それを覆す高い完成度に驚く事となる。

第一弾アイテムの中にあって、アームズマイクロンは侮れないという事を
示したバロは、重要な役割を果たしたTFトイと言えるだろう。







TRANSFORMERS ARMS MICRON 9007

◆参考にならない比較◆





⇒ シャドウアームズマイクロン シャドウバロ `


⇒ スーパーコンボウェポン アステロイドドリル







テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

コメント
No Title
こんばんは、つくもさん、

今回のレビューはTFプライムのバロですね。

トランスフォーマーで牛に変形するのは、
今回のバロと
ビーストウォーズのボーンクラッシャーと
ビーストウォーズセカンドのビッグホーンと
がいましたね。

ところでこのレビューの写真に
載っているタランスの腕のジョイントは
たぶん5ミリではなく3ミリですよね。

バロをトランスフォーマーの腕に
持たせるならジェネレーション版スカイワープに
持たせるのはどうですか。

あとそれから、
なんでトランスフォーマープライムの
日本版に海外版にあった本来の武器を
付けなかったのかな。
つくもさんはどう思いますか。
2014/10/01(水) 23:14:58 | URL | no name | [ 編集 ]
>?さん
ディセプティコンのアームズマイクロンの御蔭で動物モチーフのTFが増えましたね。
牛のTFはG1期の頃からアニマトロンのタントラムとかいましたね。

バロのウェポンモードは手裏剣なので、忍者なTFに
持たせたかったのでタランスにしました。
アニメでは全く忍者っぽくないですが、タランスは忍者兵なんです。


>海外版の武器
これは一重にコスト的な問題でしょう、ホイルジャックには刀も付いてましたが。

後、コメントの際はHNもお願いしますね。
2014/10/03(金) 23:00:03 | URL | 付喪(つくも) | [ 編集 ]



URL

 
PASS
SECRET

Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog