十三非常階段
●KRE-O TRANSFORMERS  ベーシック オプティマスプライム
KRE-O TRANSFORMERS BASIC OPTIMUS PRIME 1182

トランスフォーマーのブロックトイは、これまでに何度か登場しているが、
日本ではダイヤブロック版ぐらいしか発売されていなかった為、
世界的には一つのブランドとして成立している『クレオ』版が
日本でも正規発売された事は、ファンには嬉しい限りであった。

基本的に低年齢の児童用の玩具であるブロックトイながらも、
クレオ・トランスフォーマーは各キャラクター性を理解している
パーツ配置や優れた造形から、大人のファンも魅了した。



KRE-O TRANSFORMERS BASIC OPTIMUS PRIME Head 1176
  ◆ 名前 : ベーシック オプティマスプライム

  ◆グループ: クレオ トランスフォーマー 

  ◆ 変形 : トラック


  ◆シリーズ: KRE-O TRANSFORMERS

  ◆ 発売 : 2013年3月20日

  ◆ 価格 : 500円




KRE-O TRANSFORMERS BASIC OPTIMUS PRIME Package

パッケージ

日本では当初、クレオシリーズはトイザらス限定とされていたが、
2014年の『トランスフォーマー ロストエイジ』のトイ発売に合わせ、
2014年5月17日からはトイザらス以外の一般店舗でも販売が開始された。



KRE-O TRANSFORMERS BASIC OPTIMUS PRIME BOX 2

パッケージの箱は蓋の部分が上方に開く構造になっており、
そのままブロックの収納ボックスとして使用出来る。

ブロックの紛失防止に効果がある気の利いた外箱である。




KRE-O TRANSFORMERS BASIC OPTIMUS PRIME Truck Mode 1132

ビークルモード

キャブオーバータイプのトラックをモチーフにしており、
G1期の初代コンボイを意識している事が分る。

ルーフにはエアデフレクター(風防)が設置され、
黒い専用パーツでウィンドーを、網目状のパーツで
フロントグリルも再現している拘りの設計である。



KRE-O TRANSFORMERS BASIC OPTIMUS PRIME Truck Mode 135

リア

2本のマフラーや車体後部の連結器も、
様々な形状のブロックを組み合わせて構築している。

車体後部にはクリアレッドのブロックを配置して、
ブレーキランプの代替としているアイディアにも感心する。




クレオ トランスフォーマー ベーシック オプティマスプライム 138

大型の6輪タイヤは全て回転可能で、
トラックモードでの転がし走行は非常にスムーズ。

細かいパーツが多いながらも、42ページのオールカラー図解の
説明書が付属する為、難無く組み立てる事が出来るだろう。



クレオ トランスフォーマー ベーシック オプティマスプライム ビークルモード 1149

トラックモードでの余剰パーツは、
ロボット頭部とヒンジ型のブロックが二つ。

ほとんどのブロックを使用している事に加え、
トラックとして納得のスタイルに組み上げている手腕に驚く。




トランスフォーム!
KRE-O TRANSFORMERS BASIC OPTIMUS PRIME Transform

変形トイではなくブロック玩具の為、変形機構は無く、
トラックからロボットにするには、一度分解して組み直す必要がある。

ほとんど全てのパーツを取り外してバラバラに
しなくてはならないので、一手間掛かる作業だ。




KRE-O TRANSFORMERS BASIC OPTIMUS PRIME 225

ロボットモード

すらりとした長身の体型で再現されたG1コンボイ

赤、青、グレーのブロックを巧みに使い分け、
コンボイらしさ溢れるカラーとスタイルに纏め上げており、
腹部にはグリルに類似した形状のブロックを嵌め込む等、
コンボイらしさを考慮したパーツ構成に感心する。



KRE-O TRANSFORMERS BASIC OPTIMUS PRIME 226

リア

肩のマフラーや、腰と脚部にタイヤを配置する所等、
G1期のコンボイのトイを髣髴させるパーツ配置が巧い。

数多くの異なる形のブロックを組み合わせて、
手足やボディらしさを表現しているアイディアも見事だ。




クレオ トランスフォーマー ベーシック オプティマスプライム  194

ロボットモードでの余剰パーツは、トラックの
シャーシ部分になる黒の長いブロック一つのみである。

使用しなくても構わない様なブロックも全身に配分する事で、
ブロックを残さない様に考慮されている事が分かる。




KRE-O TRANSFORMERS BASIC OPTIMUS PRIME 188

クレオ・ベーシック オプティマスプライムの全身は
ブロックで構成されているが、頭部のみ通常の変形トイの様な
リアルな造形の物が使用されており、キャラクター性が分かり易い。

一見すると頭部のみ浮いた様に感じるかもしれないが、
実際のクレオ・コンボイを手に取ると、然して気になる程ではない。



KRE-O TRANSFORMERS BASIC OPTIMUS PRIME 190

G1期の初代コンボイを再現しているが、モチーフにしているのは
変形!ヘンケイ!トランスフォーマー』のC-01 コンボイで、
頭部形状はヘンケイ!版コンボイのデザインを概ね踏襲している。

デザインは受け継いでいるが、頭部はクレオ用の
新規の型で造られており、幼児向けブロックトイの為、
破損防止を考慮して軟質素材で成形するという拘りも見せている。




クレオ トランスフォーマー ベーシック オプティマスプライム  186

ブロックトイなので可動を求める物ではないが、
各部にはボールジョイントも使用されポーズ付けも可能。

首はボールジョイントで自在に動き、
肩は横に開き、肘も深く曲げる事が出来る。

股関節と足首には固めのボールジョイントが使用されており、
ポーズ付けに有用な事に加えて保持力も強い特徴がある。




Block Toy KRE-O TRANSFORMERS BASIC OPTIMUS PRIME 1184

パーツ数は頭部やタイヤ等も合わせて90ピース。

ベーシックと銘打ってある様に比較的簡単に製作出来る
入門編的なアイテムと言えるが、付属する説明書無しでは
大人でも簡単に組み立てる事は難しい。

もし紛失したとしても、説明書はタカラトミーの
クレオ公式ホームページにて、PDF形式でダウンロード可能。



Block Toy KRE-O TRANSFORMERS BASIC OPTIMUS PRIME 221

又、商品では『クレオ トランスフォーマー オプティマスプライム』と
されており「ベーシック」の文字は記載されていない。

しかしながら、クレオ公式ホームページの商品紹介では
ベーシックオプティマスプライム』とし、大型アイテムと差別化している。

この「ベーシック」は、同時発売の低価格版バンブルビーにも
取り入れられており、『ベーシックバンブルビー』と記載されている。





トランスフォーマー G1コンボイ & クレオ ベーシック オプティマスプライム  201

G1期の初代コンボイと比較しても、クレオ・オプティマスは
充分な大きさのトイである事が見て取れる。

最も安価で小さいサイズのベーシック・オプティマスプライムで
この大きさなので、クレオのブロックトイは通常の変形トイよりも
大幅にボリュームがあるアイテムという事が分かる。

クレオ・ベーシック オプティマスプライムは、全高16.5cmの大きさである。



トランスフォーマー クロニクル EZコレクション G1コンボイ & クレオ ベーシック オプティマスプライム  228

その存在感のあるボリュームは一目置くべき物で、
ベーシック オプティマスは入門アイテムとして500円という
低価格に設定されている為、同価格のEZコレクションと比べても
クレオ・オプティマスの大きさが際立っている事が分る。

更にクレオ・トランスフォーマーが日本で発売された2013年に
EZコレクションは800円に値上げされた為、クレオのブロックトイは
非常に値頃感のあるアイテムと言えるだろう。






クレオ トランスフォーマー ベーシック オプティマスプライム 219

レゴブロックに代表されるブロックトイは、
世界各国の各トイメーカーから発売されており、
様々な玩具シリーズのブロックトイを目にする事が出来る。

知育玩具としても知られるブロックは、世界中に存在している。



KRE-O TRANSFORMERS BASIC OPTIMUS PRIME 1203

トランスフォーマーも例に漏れずブロックトイを発売しており、
2002年~2003年に展開した『トランスフォーマー マイクロン伝説』の
海外版『TRANSFORMERS ARMADA』で登場した
BTR(Built To Rule!)シリーズが初の本格的なシリーズだった。



クレオ トランスフォーマー ベーシック オプティマスプライム 207

BTRは『トランスフォーマー』の他、『G.I.ジョー』や
トンカ・サーチ&レスキュー』シリーズでも展開した
ブロックトイであったが、いずれのシリーズも2004年で終了している。

トランスフォーマーでは『TRANSFORMERS ARMADA』と、
続く『TRANSFORMERS ENERGON』でBTRのトイが発売されている。



Block Toy KRE-O TRANSFORMERS BASIC OPTIMUS PRIME 211

KRE-Oは2011年から展開をスタートしたハズブロの
ブロックトイシリーズであり、『トランスフォーマー』に限らず、
G.I.ジョー』や『スタートレック』等、ハズブロ製トイシリーズの
様々なブランドでクレオのブロックトイが発売されている。





KRE-O TRANSFORMERS BASIC OPTIMUS PRIME 090

ステッカー未貼付状態

元々カラフルな赤、青、グレーのブロックで
構成されているので、ロボットモードでは
ステッカーを貼らなくても大差は無い印象。

正面からだとステッカーを貼る箇所は腹部の
OPTIMUS PRIME』の文字ステッカーのみである。



KRE-O TRANSFORMERS BASIC OPTIMUS PRIME 094

リア

肩と前腕のライト、上腕のオートボットマークが
ステッカーで表現されている箇所。

ベーシック・オプティマスプライムは入門編の様な
位置付けのアイテムの為か、ステッカーも少ない。




クレオ トランスフォーマー ベーシック オプティマスプライム 109

ブロックトイ故に、組み立てと分解を繰り返す事は必至の為、
遊んでいる内にステッカーが剥離してしまう可能性は避けられない。

幼児が遊ぶには最初からステッカーを貼らなくても良さそうだが、
ステッカーは貼付した方が見映する為、大人のTFトイコレクターであれば
付属するステッカーは全て貼付した方が望ましいだろう。




クレオ トランスフォーマー ベーシック オプティマスプライム トラックモード 1111

ビークルモード

ステッカーの有無は、トラックモードの方が差が分かり易い。

ヘッドライトのステッカーやオートボットマークが無いだけで
大幅に印象が変わる為、ステッカーの貼付は不可欠と言える。



クレオ トランスフォーマー ベーシック オプティマスプライム トラックモード 115

リア

ベーシック オプティマスプライムはG1コンボイをイメージしているが、
ヘンケイ!版コンボイをモチーフにしている為、トラックモードも
ヘンケイ!版コンボイと同じルーフに風防が付いたスタイルになっている。

又、子供用ブロックトイとして鮮やかなカラーが選ばれている為、
G1アニメ版を思わせるカラーリングである。




KRE-O TRANSFORMERS BASIC OPTIMUS PRIME 1191

通常の変形トイとは趣旨が異なる為、一概に同列に比較する事は出来ないが、
クレオ・トランスフォーマーは非常に精度が高いブロックトイと言えるだろう。

日本でも数種類のセットが一般に発売された為、
その面白さと優れたトイである事を知らしめてくれた。

その名の通りベーシックで手頃なアイテムである
ベーシック オプティマスプライムは、TFファンならば
押さえておいて間違いないアイテムである。







KRE-O TRANSFORMERS 1223

◆参考にならない比較◆





⇒ TFクロニクル EZコレクション コンボイ(G1)        `
⇒ トランスフォーマー EZコレクションガム 1 コンボイ      `
⇒ 限定EZコレクション コンボイ アニバーサリークリアVer.     `
⇒ MEGA SCF 01 コンボイ TVバージョン           `
⇒ ロボットヒーローズ オプティマス・プライム            `
⇒ TFユナイテッド UN-01 オプティマスプライム サイバトロンモード
⇒ TFコレクターズエディション 67 オライオンパックス      `







テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog