十三非常階段
●KRE-O TRANSFORMERS  マイクロチェンジャー コンバイナー トロックス
KRE-O TRANSFORMERS MICRO-CHANGERS COMBINERS PREDAKING TOROX 797

トランスフォーマーの数十年という歴史の中で数多くのTFが創造され、
キャラクター数は増加し、そのリメイク版も度々登場している。

リメイク版は商標問題から本来の名称を変更する場合も散見され、
クレオTFではこの傾向が顕著であり、聞き慣れない名前のキャラクターも多い。

トロックスもこの様な例の一つだが、名称の変更だけにとどまらず、
キャラクターを間違えて命名している事が混乱を招いている。



KRE-O TRANSFORMERS MICRO-CHANGERS COMBINERS PREDAKING TOROX Face 787

  ◆ 名前 : トロックス               ◆シリーズ: KRE-O TRANSFORMERS        `

  ◆グループ: マイクロチェンジャー コンバイナー   ◆ 発売 : 2013年11月1日          `
     / クレオン / プレダコン                           `
                        ◆ 価格 : 1428円          `
 ◆ 変形 : バッファロー                    (2014年5月17日より1500円に改定)




KRE-O-TRANSFORMERS Micro Changers Combiners PREDAKING Package 2

パッケージ




KRE-O TRANSFORMERS MICRO-CHANGERS COMBINERS PREDAKING TOROX Buffalo Mode 829

ビーストモード

トロックスは、G1期にはタントラムの名称で知られた
プレダコン部隊(アニマトロン部隊)のメンバーをモチーフにしており、
バッファローに変形する事が特徴のパワーに秀でたディセプティコン兵士。



KRE-O TRANSFORMERS MICRO-CHANGERS COMBINERS PREDAKING TOROX Buffalo Mode 832

リア

背中には大型の2連キャノン砲を装備しており、
このスタイルはG1タントラムのトイを意識した物。

キャノン砲のパーツが合体モードのプレダキング
足に変形する所もG1版トイと共通している。




KRE-O TRANSFORMERS MICRO-CHANGERS COMBINERS PREDAKING TOROX Buffalo Mode 1841

クレオ版プレダコンの面々は5体中4体まで、
ビーストモードの頭部に同型のパーツを使用している。

トロックスはバッファローとしてツノのパーツを
頭部の両サイドに取り付ける事で、牛らしさを表現している。



KRE-O TRANSFORMERS MICRO-CHANGERS COMBINERS PREDAKING TOROX Buffalo Mode 849

背中のキャノン砲パーツは取り外す事が出来る。

ディフォルメトイ故に頭部が大きく少々バランスが悪いが、
アニマル型ロボットとして認識可能な事に加え、
ツノパーツによりバッファローらしさの再現も申し分無い。




トランスフォーム!
KRE-O TRANSFORMERS MICRO-CHANGERS COMBINERS TOROX Transform

基本はブロックトイなので、各パーツは取り外す事が前提。
ビーストモードからロボットモードに組み直す事を楽しむトイである。




クレオ トランスフォーマー マイクロチェンジャー コンバイナー プレダキング セット トロックス 782

ロボットモード

赤中心のボディカラーやバイザー状の目により、
G1タントラムのイメージが感じられるデザイン。

固く閉じた口元のプリントは、バッファローという
大型獣の厳めしい雰囲気を醸し出している。



クレオ トランスフォーマー マイクロチェンジャー コンバイナー プレダキング セット トロックス 786

リア

バッファローの頭部がロボット頭部の後ろに配置される
パーツ構成はG1タントラムと共通しており、
トロックスはクレオ版プレダコンの中では
基となったキャラクターの再現度が非常に高い。




KRE-O TRANSFORMERS MICRO-CHANGERS COMBINERS TOROX 1820

バッファローモードでキャノン砲を装備する為に
装着していたジョイント付きのパーツは、
ロボットモードでもボディに被せて装備可能。

防弾チョッキや鎧を装着した様な姿にする事が出来る。




KRE-O TRANSFORMERS MICRO-CHANGERS COMBINERS PREDAKING TOROX Sword 804

ソード

アクセサリーのグリップ部分は、クレオンのC型の手に
合わせた径で造られているので難無くフィットする。

極小サイズながらも両刃の剣として
リアルな造形を有しており、G1タントラムも
両刃の剣が付属していたという共通点がある。



KRE-O TRANSFORMERS MICRO-CHANGERS COMBINERS PREDAKING TOROX Cannon 805

キャノン砲

バッファローの背中に装備していた2門の砲身を備えた
キャノン砲は、ロボットモードでも装備可能。

G1タントラムではキャノン砲をロボットモードで
装備出来なかった為、クレオンのオリジナル要素と言える。




KRE-O TRANSFORMERS MICRO-CHANGERS COMBINERS PREDAKING TOROX Stand Block 984

ブロックフィギュアの為、足の裏や脹脛には丸い穴が開いており、
台座のブロックに差し込んで固定する事が出来る。

クレオン単体での自立も問題無いが、ディスプレイする際には
KRE-O』の文字入りの台座ブロックに乗せると様になる。






クレオ トランスフォーマー マイクロチェンジャー コンバイナー プレダキング セット トロックス 810

G1期に登場したプレダコン部隊(アニマトロン部隊)の名称は以下の通り。

・ライオン   → レーザークロー     `
・タイガー   → ランページ (ラムページ)
・イーグル   → ダイブボム (ダイムボム)
・バッファロー → タントラム       `
・サイ     → ヘッドストロング    `

クレオ版は牛(バッファロー)とサイに変形するTFの名称が
変更されているのだが、少々紛らわしい問題が存在する。



KRE-O TRANSFORMERS MICRO-CHANGERS COMBINERS PREDACONS TOROX 815

パッケージや説明書に印刷されている名称は『ヘッドロック』だが、
この牛型クレオンの本来の名称は『トロックス』である。

商標登録の理由からG1時代の『ヘッドストロング』と『タントラム』の
名称が使用出来ず、クレオ版は名前が変更されている。



クレオ トランスフォーマー マイクロチェンジャー コンバイナー プレダコン トロックス 822

G1時代と名称が異なるTFの例は枚挙に暇が無いが、
ここで問題となるのは、サイ型クレオンとウシ型クレオンの
名称が間違えて入れ替わってしまっている事だ。

G1期のアニマトロン部隊を知るファンであれば、
ヘッドストロングヘッドロックに、タントラムトロックス
変更になったと容易に想像出来る。




KRE-O TRANSFORMERS MICRO-CHANGERS COMBINERS PREDACONS Package 2

しかしクレオ版ではパッケージのみならず、
説明書のブックレットでも名前が入れ替わっている為、
間違った名称を信じている諸氏も居る事であろう。

パッケージに印刷されているから、それが「絶対正しい」という事は無いのだが、
クレオ・プレダキング セットでは、この間違いを修正せずに貫き通しているから厄介だ。



KRE-O TRANSFORMERS MICRO-CHANGERS COMBINERS PREDACONS Japanese Name

更に面倒な事に、日本版クレオの公式サイトでは、G1時代と同じ
タントラムヘッドストロングという名前を使用しているにも拘らず、
トイパッケージの間違いを確信犯的に取り入れている為、
わざわざG1期とは逆の名前を与え、サイタントラム
ウシヘッドストロングという処置無しの状態に陥っている。




KRE-O TRANSFORMERS MICRO-CHANGERS COMBINERS PREDACONS TOROX 792

TOROX』の由来はイタリア語のTOROを変化させた物で、
TOROの意味は「雄牛」である事からもウシ型TFの名称だと分かる。

又、G1期の1986年にタントラムがイタリアで発売された時の名称は
トロックスであり、クレオ版はこの名前を採用しているのだ。



クレオ トランスフォーマー マイクロチェンジャー コンバイナー プレダキング セット トロックス 818

アニマトロン部隊の復刻版が海外で発売された際も
タントラムの名称が使用出来なかったので変更されており、
2013年発売のプラチナムエディション・プレダキング セットでは、
タントラムに当たるウシ型TFにトロックスの名が与えられている。

即ち、クレオでの間違いを正し、本来意図していた名称を採用した事になる。



KRE-O TRANSFORMERS MICRO-CHANGERS COMBINERS PREDAKING TOROX 808

これ等の事実から、G1タントラムをモチーフにしている
牛に変形するクレオンの正しい名称は『トロックス』である事が理解出来る。

キャラクター名称が入れ替わっている事は
本来あってはならないミスだが、クレオンは基本設計がどれも同じで、
トロックスヘッドロックは双方共にバイザーと口という顔の共通点があり、
ビーストモードの頭部を兼ねているヘルメットも同型というパーツ構成等、
間違え易い要素が多かった為、逆の名称で商品化してしまったのであろう。




TRANSFORMERS GENERATIONS TG-15 AUTOBOT DATA DISC SET REWIND & EJECT

この様な例は日本で発売されたTFトイにも存在し、
トランスフォーマー ジェネレーションズ』シリーズの
TG-15 オートボット データディスクセットに付属する
リワインド
イジェクトの名称が入れ替わっていた。

本来はロボットがリワインドロボットがイジェクトである。






G1タントラムとの比較◆
TRANSFORMERS G1 TANTRUM & KRE-O MICROCHANGER TOROX Robot Mode 2

ロボットモード

後頭部に位置したバッファロー頭部とツノという構成や、
胸部のディセプティコンマークと格子状の模様、腹部の八角形等、
G1タントラムの特徴を踏襲している事が分かる。

しかしながら、クレオ版の胸部と腹部のプリントは、
実はタントラムの間違った変形を再現してしまっているのだ。

尚、写真のタントラムはクレオンと比較する為、敢えて間違った変形にしている。



TRANSFORMERS G1 TANTRUM Transform 2

タントラムの正しい変形はパネルを起こして胸部に配置するのだが、
クレオ・トロックスはパネルを起こさず、腹部に収まっている状態を再現している。

これはパッケージやカタログ等に掲載される、G1タントラムのオフィシャル画像の
変形が間違っている為で、TFトイでは公式画像の変形ミスは多々見受けられる。

クレオ・トロックスは、当時の公式画像を基にデザインされたと思われる。




TRANSFORMERS G1 TANTRUM & KRE-O MICROCHANGER TOROX Beast Mode

ビーストモード

頭部両サイドのツノパーツによりバッファローとしての再現度は高く、
頭部が赤い成形色という所も共通している為、タントラムのイメージに近い。

G1タントラムと比較すると背中に設置された大型キャノン砲が
雰囲気を巧く表現しており、砲身の形状も類似している事が見て取れる。




TRANSFORMERS G1 TANTRUM & KRE-O MICROCHANGER TOROX Robot Mode 2001

間違った変形の当時の画像を忠実に再現してしまっているという、
トロックスの「間違い」は、名称だけにとどまらなかった事に因縁めいた物を感じる。

TFトイでは変形間違いはよくある事で、特に海外版ではこの傾向が顕著だ。

変形を間違えた状態の姿をそのままパッケージ写真に使用してしまう為、
正規の変形と勘違いしている場合もあると思われ、
トロックスの様に変形ミスを再現したアイテムまで登場する事は、
トランスフォーマーの長い歴史が感じられて却って興味深い。




クレオ トランスフォーマー マイクロチェンジャー コンバイナー プレダキング セット トロックス 2003

メーカーにとってのTFトイは、その時に売れれば良い商品の一つに過ぎないので、
コストを掛けて間違いを修正するよりも「仕様だ」と居直ってしまう方が合理的だ。

名前を間違えるというミスはトイ自体に影響を及ぼさない為、
尚更修正はしなかったのだろうが、興味深い例として記憶に残る物となった。

同じキャラクターながらも時代によって名称が異なるのは、
トランスフォーマーが長い歴史を有している事の証明でもあり、
命名の間違いすらもファンを楽しませてくれる要素の一つなのだ。







KRE-O TRANSFORMERS MICRO-CHANGERS 2007

◆参考にならない比較◆





⇒ マイクロチェンジャー コンバイナー プレダコン・レーザークロー
⇒ マイクロチェンジャー コンバイナー プレダコン・ヘッドロック `
⇒ マイクロチェンジャー コンバイナー プレダコン・ダイブボム  `







テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog