十三非常階段
●トランスフォーマーGo!  G-09 ジュララ
TRANSFORMERS GO! G-09 GORADORA SET JURARA  2387

トランスフォーマーの合体をフィーチャーした日本オリジナルシリーズの
トランスフォーマーGo!』では、悪役側にも合体ロボットが必要だったのだろう、
そのポジションには2013年の同時期に海外で展開していた
トランスフォーマー プライム ビーストハンターズ』のオボミナスのトイが起用された。

日本ではキャラクター設定とカラーリングを大幅に変更し、
各単体を『』型ロボットとした邪鬼軍団として生まれ変わった。



トランスフォーマーGo! G-09 ゴラードラセット 邪鬼軍団 ジュララ 2413  ◆ 名前 : ジュララ

  ◆グループ: プレダコン / 邪鬼軍団

  ◆ 役割 : 邪鬼

  ◆ 変形 : ドラゴン

 
  ◆シリーズ: 参乗合体 トランスフォーマーGo!

  ◆ 発売 : 2013年8月31日

  ◆ 価格 : 4000円




TRANSFORMERS GO! G-09 GORADORA SET Package

パッケージ




TRANSFORMERS GO! G-09 GORADORA SET JURARA DRAGON MODE 2371

ビーストモード

小さい前脚と逞しい後脚、バランスを取る為に接地しない尻尾という、
ティラノサウルス
に代表される二足歩行恐竜型のモンスター。

小サイズトイ故に口の開閉は出来ないが、牙も造形されており、
凶暴な怪獣というイメージは巧く表現されている。



TRANSFORMERS GO! G-09 GORADORA SET JURARA DRAGON MODE 375

リア

背部は空洞となっているが、可動パーツのシャフトが覗いている事で
メカニカルなロボット要素も感じられるデザインが秀逸。

ボディはライトグレーとパープル成形色で構成され、
頭部から背中に掛けての背面と腹部にはメタリックパープル、
目や首の付け根、ボディ側面にゴールドの塗装が施されている。




トランスフォーマーGo! G-09 ゴラードラセット  ジュララ ドラゴンモード 2394

ビーストモードでも可動は備わっており、
腕部付け根が回転する事に加え、股関節は
ボールジョイントで接続されている為、自由度が高い。

尻尾は接地しないが、足の裏の面積も広く
二本足でも倒れないので、ポーズ付けに難儀する事は無い。



TRANSFORMERS GO! G-09 GORADORA SET JURARA DRAGON MODE 395

ジュララのドラゴンモードはアニメに於いては登場しない。

これは他の邪鬼4体も同様だが、『トランスフォーマーGo!』のアニメは、
児童誌の付録DVDで展開した為、1話10分程度という限られた時間では
個々の邪鬼軍団まで描く事が出来なかった為と思われる。

アニメ劇中では登場する事は終ぞ無かったが、邪鬼軍団の
ドラゴンモードのCGアニメ設定も作られていただけに実に惜しい。




トランスフォーム!
TRANSFORMERS GO! G-09 GORADORA SET JURARA Transform




トランスフォーマーGo! G-09 ゴラードラセット 邪鬼軍団 ジュララ 405

ロボットモード

ドラゴン脚部が変形した太い腕部と
ボリュームのある上半身というマッチョスタイル。

頭身が高くバランスが良いロボット体型ながら、
爬虫類的なデザインの顔により悪役らしさが感じられる。



トランスフォーマーGo! G-09 ゴラードラセット 邪鬼軍団 ジュララ 409

リア

ドラゴンの背部パーツをバックパックの様に背負う事で、
ボディ内側のスペースが隠れる様に配慮された見事な変形。

小サイズトイながらも各パーツの「肉抜き」も目立たず、
ドラゴン頭部が変形した足やドラゴン腕部も踵に収まる等、
ビーストモードの各パーツを巧く配置している。




トランスフォーマーGo! G-09 ゴラードラセット 邪鬼軍団 ジュララ 430

腕部とボディを繋ぐヒンジにより腕は前後に動かせる事に加え、
肩はボールジョイントを使用している為、可動範囲が広い。

股関節もボールジョイントで自在に動き、足首も回転するので
ポーズ付けと接地性向上に有用な可動となっている。




TRANSFORMERS GO! G-09 GORADORA SET JURARA 420

基となったトイは、2013年に海外で発売された
TRANSFORMERS PRIME BEAST HUNTERS』シリーズの
サイバーバース リージョンクラス・プレダコン リッパースナッパーである。

日本ではセット販売のみであったが、海外では各メンバーの
トイは単体販売され、それぞれに武器も付属していた。



TRANSFORMERS GO! G-09 GORADORA SET JURARA with Weapon 2440

元々の海外版では武器を装備させる事が前提の設計の為、
既存のTFトイに付属する3mmジョイントの武器を装備出来る。

日本版の『G-09 ゴラードラ セット』では、5体合体させる事を
最大のポイントとしている為か、武器パーツはオミットされている所が残念だ。





TRANSFORMERS GO! G-09 GORADORA SET JURARA 424

ジュララ』の名称はプレダコン四鬼衆の一人である
ジュドーラの名を引き継いでおり、ボディカラーのパープルも
ジュドーラの紫色を受け継いでいる特徴がある。

ジュドーラは巨大なウイングや脛部分が黄緑色だが、
顔やボディ、腕部、大腿部等、パープル要素も多かった。

邪鬼軍団のネーミングや配色にも意味がある事が分かる。



TRANSFORMERS GO! G-09 GORADORA SET JURARA DRAGON MODE 2397

ジュララを始め5体の邪鬼軍団は、アニメ劇中でも
合体してパワーアップする事を前面に出された部隊だった。

ドラゴトロンの配下、プレダコン四鬼衆が操るドローン的TFであり、
個々の意思は無く、ひたすら戦う事だけに特化した戦闘軍団である。




トランスフォーマーGo! G-09 ゴラードラセット 邪鬼軍団 ジュララ 442

トイでは元々EZコレクションと同サイズのリージョンクラスなので小さいが、
アニメ劇中ではソードボット達と同等の身長と体格を有している。

ドラゴン型ロボットに変形する野獣タイプのTFの為、
一般のトランスフォーマーより戦闘力は高いと思われるが、
邪鬼軍団はソードボット達に次々に倒されてしまう。

これは偏に、各武道を極めているソードボット達が強過ぎる為だろう。



TRANSFORMERS GO! G-09 GORADORA SET JURARA 428

ジュララは体格が良いスタイルのロボットモードの為か、
ソードボットに戦いを挑む際に腕部の筋肉に力を込めて
気合を入れる様な動作も描かれている等、細かな描写の拘りが見事。

しかしすぐさま、ジンブマッハ刀で斬り付けられたり、
ガンオウドリルラダーで殴り付けられる等、あっという間に倒されていた。




TRANSFORMERS GO! G-09 JURARA Tech Specs 437

テックスペック

・体力 : 4
・知力 : 5
・速度 : 5
・耐久力: 3
・地位 : 2
・勇気 : 5
・火力 : 3
・技能 : 5




トランスフォーマーGo! G-09 ゴラードラセット 邪鬼軍団 ジュララ 2426

ゴラードラ セットのパッケージや説明書には、
邪鬼軍団5体の詳しいデータは記されていない。

しかし5体の邪鬼にはそれぞれにテックスペックが設定されており、
ジュララにも上記の様な数値が与えられている。

この情報は、2013年10月下旬から店頭で無料配布されたDVD付き冊子
参乗合体トランスフォーマーGo!大図鑑』に掲載されている。




TRANSFORMERS GO! G-09 JAKIGUNDAN JURARA 421

興味深いのは、基となった海外版のリッパースナッパー
数値を流用した物ではなく、ジュララ専用に新たに設定している事だ。

全体の平均的な能力の中でも地位が2と異様に低いのは、
ドローンの様な末端の兵士という設定を反映している為で、
スペック数値にもキャラクター性を考慮している事が分かる。




TRANSFORMERS GO! G-09 GORADORA SET JURARA 2433

アニメでは活躍の場は少なく、主に合体パーツの様な扱いが
残念な面ではあったが、各単体の邪鬼軍団にもテックスペックを設定する等、
抜かりない取り組みが成されている事が理解出来る。

元々サイバーバース・シリーズで単体販売されていたトイというだけの事はあって、
ジュララのデザイン面や変形、塗装精度等、いずれも高い完成度だ。

5体合体セットの一員というTFだが、トイの優れた仕様は
目を見張る物があり、大いに楽しむ事が出来るアイテムである。







TRANSFORMERS GO! PREDACON 2460

◆参考にならない比較◆





⇒ 邪鬼軍団 G-09 ドララ
⇒ 邪鬼軍団 G-09 バララ
⇒ 邪鬼軍団 G-09 ガララ







テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog