十三非常階段
●キュートランスフォーマー  QT-06 プロール
Q TRANSFORMERS QT-06 PROWL 138

プロールが変形するカーモードは、G1期の頃から
伝統的にスポーツカータイプのパトカーである。

初代プロールがフェアレディZ・ポリスカーに変形した事もあり、
プロールというキャラクターにはフェアレディZが最も似合う車種だ。

キュートランスフォーマーはメーカーライセンス取得というスタイルを
取り入れている為、QTFプロールもフェアレディZに変形し、
G1プロールと同じキャラクターイメージを作り上げている。



キュートランスフォーマー QT-06 プロール 115

  ◆ 名前 : プロール

  ◆ 肩書 : 戦略家

  ◆グループ: キュートランスフォーマー
         / オートボット

  ◆ 変形 : ニッサン・フェアレディZ
         280Z-T ポリスカー




Q TRANSFORMERS QT-06 PROWL Package

◆シリーズ: キュートランスフォーマー

◆ 発売 : 2014年12月26日     `

◆ 価格 : 999円         `




Q TRANSFORMERS QT-06 PROWL FAIRLADY Z 280Z-T Police Car 067

ビークルモード

G1プロールと同じく2代目フェアレディZを
ベースにしたパトカーを採用しており、
往年のファンには嬉しい車種選択だ。

フェアレディZと言えば、1970年代~1980年代に
一世を風靡した「丸い目」のタイプが真っ先に想起される。



Q TRANSFORMERS QT-06 PROWL FAIRLADY Z 280Z-T Police Car 073

サイド

ボディ全体は白の成形色で構成されているので、
赤いパトランプ、ガンメタルのウィンドーのみならず、
メタリックブルーのヘッドライト、シルバーのホイール、
バンパーやフェンダーの黒も全て塗装が施されている。



Q TRANSFORMERS QT-06 PROWL FAIRLADY Z 280Z-T Police Car 7069

リア

チョロQスタイルにディフォルメされながらも、
各部の造り込みはリアルさを損なっていない。

四角いテールランプやホイールの細かさに加え、
給油口までモールドしている拘りの造形である。




Q TRANSFORMERS QT-06 PROWL FAIRLADY Z 280Z-T Police Car 091

G1TFをモチーフにしているQトランスフォーマーは、
プロールを始め、マイスターランボル等、
1980年代の車種を選んでいる物も多い。

これはチョロQが人気を博しブームになった時期も
1980年代だった為、当時のチョロQとG1トランスフォーマーを
同時に体験していた世代へのアピールと受け取れる。




トランスフォーム!
Q TRANSFORMERS QT-06 PROWL Transform




キュートランスフォーマー QT-06 プロール 103

ロボットモード

G1プロールも胸部にカーモードのフロントが
そのまま収まる変形だったので、QTFプロール
プロールらしさが感じられる体型となっている。

脚部もG1プロールを思わせる車体リアの形状に
造形しているという、細かな拘りが見事だ。



キュートランスフォーマー QT-06 プロール 106

リア

ウィンドーとルーフ部を背負うスタイルもG1プロールと
同様な事に加え、背中全体を覆う様に配置されるので、
胴体内のスペースを隠す役割も兼ねている。

又、海外版TFでは省略されてしまいそうな
ツノ飾りの裏側まで赤く塗装している細かな配慮が、
日本市場向けシリーズだという事を再確認させてくれる。




Q TRANSFORMERS QT-06 PROWL 148

『常に作戦を考えていてる寡黙なオートボットの戦略家。
思いやりはあるが、堅物で融通が利かない所がある。』




Q TRANSFORMERS QT-06 PROWL 129

キュートランスフォーマーの基本構造は同じなので、
全身の可動箇所も同等に設計されている。

首の回転、肘の可動軸に加え、肩、股関節、膝をボールジョイントで
接続する構造により、可動範囲を広くする工夫が見られる。




キュートランスフォーマー QT-06 プロール 127

スポーツカータイプのパトカーである事がプロールの
個性の一つにもなっており、TFクロニクル・EZコレクション
変形!ヘンケイ!トランスフォーマー版、マスターピース版等、
数々のリメイク版でもフェアレディZタイプのパトカーに変形する。

その中でもQTFプロールは、G1プロールと同じ
フェアレディZ 280Z-Tに変形する事が注目すべきポイントである。



Q TRANSFORMERS QT-06 PROWL 150

G1プロールと同じ車種のフェアレディZ・ポリスカーを
選んでいる拘りは好感が持てる物で、小サイズの
ディフォルメトイながらも正規メーカーライセンスを
取得してリアルさを表現している面が、
キュートランスフォーマーの魅力と言えよう。

実車のリアルさを損なわずに絶妙にアレンジしている
ディフォルメ加減が非常に巧いシリーズだ。





Q TRANSFORMERS QT-06 PROWL FAIRLADY Z  122

プロールは、2015年1月から1クール放送されたTVアニメの
キュートランスフォーマー 帰ってきたコンボイの謎』にも
ゲストキャラとして登場しており、設定通りに真面目で
異様に丁寧な口調で話すキャラクターとして描かれた。

その喋り方は慇懃無礼と言える程で、
突っ込み役のロックダウンをイライラさせていた。



キュートランスフォーマー QT-06 プロール 145

G1期のプロールは高官ではあるが必要以上に
丁寧過ぎる口調という事はなく、普通に喋っていた。

融通が利かず堅物という性格設定も誇張されていて、
G1プロールは柔軟な考え方も持ち合わせている。




キュートランスフォーマー QT-06 プロール 141

キュートランスフォーマーのキャラクター設定は、
モチーフにしているキャラクターの特徴を引き継いでいるが、
極端に誇張していたり故意に曲解している節もあり、
更にオリジナル要素を加えてギャグ要素を強めている。



Q TRANSFORMERS QT-06 PROWL 134

プロールの場合、ポリスカーに変形する事もあり、
必要以上に真面目なキャラクターに仕上がっている。

しかし約3分という限られた時間の中で、
視聴者にキャラクターを印象付ける手法としては、
誇張された性格設定は理に適っている。




Q TRANSFORMERS QT-06 PROWL 7155

ゲームアプリ配信に加えて、キュートランスフォーマーの
アニメを製作した事は大正解だったと言えるだろう。

トイは基本的にどのアイテムも同じ変形、ディフォルメの
アレンジも全て類似したスタイルの為、玩具オンリーの展開では
キャラクターの差別化は少々厳しかったと思われる。

ゲストキャラ扱いではある物の、プロールも記憶に残る
個性的なキャラクターに仕上げられていた為、
トイへの思い入れも強くなり、より楽しむ事が出来るのだ。







Q TRANSFORMERS 7188

⇒ ◆参考にならない比較◆







テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog