十三非常階段
●キュートランスフォーマー  QT-12 サンストリーカー
Q TRANSFORMERS QT-12 SUNSTREAKER 9628

生命を宿しているトランスフォーマーだからこそ、ロボットであるにも拘らず
兄弟』が居ると設定されている者も存在する。

サンストリーカーランボルと共に兄弟トランスフォーマーの元祖であり、
G1アニメに於けるコンビでの活躍も記憶に残る。

キュートランスフォーマーでは、サンストリーカーとランボル
両者が出揃った事でより楽しめるラインナップになった為、
二人共揃えたいという衝動に駆られるのは必然であった。



Q TRANSFORMERS QT-12 SUNSTREAKER 604
  ◆ 名前 : サンストリーカー

  ◆ 肩書 : 戦士

  ◆グループ: キュートランスフォーマー
         / オートボット

  ◆ 変形 : マツダ・アンフィニ
         RX-7 FD3S型





Q TRANSFORMERS QT-12 SUNSTREAKER Package

◆シリーズ: キュートランスフォーマー

◆ 発売 : 2015年2月21日      `

◆ 価格 : 999円         `




Q TRANSFORMERS QT-12 SUNSTREAKER MAZDA EFIFINI RX-7 FD3S 570

ビークルモード

G1サンストリーカーはランボルギーニ・カウンタックに
変形する事が特徴のTFであったが、
キュートランスフォーマーでは日本車の
マツダ・RX-7を選んでいる所が意外な要素だ。



Q TRANSFORMERS QT-12 SUNSTREAKER MAZDA EFIFINI RX-7 FD3S 581

サイド

キュートランスフォーマーはディフォルメトイながらも、
各部は実車のデザインを可能な限り再現している。

ホイールの形状も5本スポークの星型に造形されており、
これはRX-7の純正ホイールを再現した物。



Q TRANSFORMERS QT-12 SUNSTREAKER MAZDA EFIFINI RX-7 FD3S 9576

リア

サンストリーカーのボディカラーは、G1期の初代の頃から
イエローであり、個性の一つとなっている。

QTFサンストリーカーのイエローボディは、
1991年型RX-7・タイプR コンペティションイエローマイカを再現した
カラーであり、サンストリーカーのキャラクター性にも合っている。




Q TRANSFORMERS QT-12 SUNSTREAKER MAZDA EFIFINI RX-7 FD3S 681

ボンネットにはオートボットマークをプリント、
ウィンドーやエアインテーク、ナンバープレートも塗装され、
マツダのメーカーエンブレムもモールドしているという
細かな造り込みが見事なアイテムだ。

メーカーライセンス取得商品という事もあり、
各部の再現度は非常に高い所が魅力である。




トランスフォーム!
Q TRANSFORMERS QT-12 SUNSTREAKER Transform




キュートランスフォーマー QT-12 サンストリーカー 592

ロボットモード

車体後部が肩に配置される事で肩幅が広く、
戦士としてのパワフルなイメージが付加されている。

サンストリーカー特有の耳の様なモールドがある
特徴的な頭部もリアルに再現されている造形が見事。



キュートランスフォーマー QT-12 サンストリーカー 9593

リア

胴体内の空洞を隠す様にルーフ部分が
背中を覆う為、纏まりが良い体型。

但し、ルーフは後頭部と接触しているので、
ポーズ付けの際は後ろ側に逃がす必要がある。




キュートランスフォーマー QT-12 サンストリーカー 621

可動は首と肘の回転に加え、肩と股関節、膝は
ボールジョイントによりフレキシブルに可動。

足の裏が縦長に造られているのでバランスが取り易く、
片足で自立する事も可能となっている。



Q TRANSFORMERS QT-12 SUNSTREAKER MAZDA RX-7 & Lamborghini Countach 616

G1サンストリーカーのデザインを踏襲している為、
足のつま先はカウンタックの形状に造られている。

RX-7のボンネットの下から、小さなカウンタックの
フロント部が現れるという設計が非常に面白い。




Q TRANSFORMERS QT-12 SUNSTREAKER Bio 670

『自分が美しいと自惚れている自信家。

故に戦闘の際も自信過剰に陥りがちだが、
その勇気で最前線で戦う勇気を持つ。』


※文章が少々おかしいが、公式ホームページに
掲載されている設定そのままである。





キュートランスフォーマー QT-12 サンストリーカー & QT-05 ランボル 663

G1初期メンバーの一人であるサンストリーカーは、
同じ車種のカウンタックに変形するランボル
双子の兄弟というキャラクターである。

TVアニメ『キュートランスフォーマー 帰ってきたコンボイの謎』にも
二人同時に登場しており、双子という設定が活かされていた。




キュートランスフォーマー QT-12 サンストリーカー 638

二人は最前線でも臆する事無く勇猛に戦う戦士だが、
好戦的なランボルに対し、サンストリーカーは
自身のスタイルや能力に自惚れるナルシストである。

勇敢な戦士であると共に、戦いでボディに傷が付く事や
塗装が剥がれる事を嫌う性格設定が面白いキャラクターだ。



Q TRANSFORMERS QT-12 SUNSTREAKER 668

自己顕示欲が強く他者を見下す態度が顕著な
サンストリーカーは、双子でありながらもランボルよりも
人気が劣る事は否めない様で、後年登場する事になる
リメイク版の数がランボルより少ない。

故にキュートランスフォーマーでサンストリーカーも
製作された事は、ファンとしては大いに歓迎出来る物であった。




Q TRANSFORMERS QT-12 SUNSTREAKER 9677

ランボルとサンストリーカーは、双子、戦士、スーパーカーに変形等の
共通点が多い為か、リメイク版では同じ型で製作される事が主流で、
頭部等を変更したリデコレーション版となる場合が多い。

サンストリーカーのリメイク版であるバイナルテックや、
変形!ヘンケイ!トランスフォーマー版もランボルのリデコ版であった。



キュートランスフォーマー QT-12 サンストリーカー 636

しかし初代サンストリーカーとランボルは同じ型のトイではない。

双子の兄弟でG1版はカウンタックに変形した両者だが、
トイは全く異なる物で、ロボット、ビークルモード共にスタイルは別物であった。

この事を反映しているのか、Qトランスフォーマー版の
サンストリーカーはランボルとは異なる車種が選ばれている。



キュートランスフォーマー ランボル & サンストリーカー 660

サンストリーカーとランボルが異なる車種に変形するのは、
G1初期以来、キュートランスフォーマーが初であり、
実に30年の年月を経ている事も感慨深い。

ディフォルメトイのQトランスフォーマーだが、
安直にランボルのリデコ版にせず、サンストリーカーを
新規のトイとして製作した事は大いに評価出来る。





Q TRANSFORMERS QT-12 SUNSTREAKER 642

リメイク版ではランボルと同じ型が流用される事が多いサンストリーカーだけに、
QTFサンストリーカーはG1時代の様に、ランボルとは異なる
新規型のボディで登場した事が注目点と言えよう。

サンストリーカーとしては初の日本車をモチーフにしている所も
意外であったが違和感無く馴染んでおり、QTFサンストリーカーは
予想を超える多くの面で興味深いアイテムであった。







Q TRANSFORMERS 646

⇒ ◆参考にならない比較◆







テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

コメント
今さらながら、公式ホームページに設定が記載されている事を知りました。
アニメの方、年齢設定まであるんですね。

遊んでいると、転がりやすい印象があるのですが、やれば片足立ちもできるんですね。
まだまだ遊び込みが足りてないなあ。
他のキャラクターもですが、脚がG1っぽく処理されていたりするのは面白いところです。
2015/05/23(土) 09:21:06 | URL | れっど あらあと | [ 編集 ]
>れっど あらあとさん
キュートランスフォーマーは意外にキャラ設定を
作り込んでいたりと楽しませてくれますよね。
TFファンがニヤリとしてしまいそうなマニアックなネタも多いですし。

QTFのトイは、発売前は車の形だけ違ってて
手足は同じパーツを流用するんだろうなと思ってましたが、
キャラクター毎に専用パーツを造っている等、良い意味で裏切られました。
こういう拘りは嬉しいですね。
2015/05/23(土) 23:18:19 | URL | つくも | [ 編集 ]



URL

 
PASS
SECRET

Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog