十三非常階段
●トランスフォーマー ユナイトウォリアーズ  UW-01 スカイダイブ
TRANSFORMERS UNITE WARRIORS UW-01 AERIALBOTS SKYDIVE 495

TFの合体ロボットシリーズ『トランスフォーマー ユナイトウォリアーズ』は、
海外版とは異なり5体のメンバーがセットになった大型アイテムとして登場した。

高額商品となった反面、合体に必要なTFが全て揃っている事もあり、
各単体のロボットを楽しめる上に、一気に合体ロボットも構築出来るメリットもある。

単体のエアーボットの完成度も高く、スカイダイブはG1アニメ版を思わせる
顔の造形が見事なアイテムであり、優れた仕様でリメイクされた事は感慨深い。



トランスフォーマー ユナイトウォリアーズ UW-01 スカイダイブ 527  ◆ 名前 : スカイダイブ

  ◆グループ: エアーボット

  ◆ 役割 : 航空戦略家

  ◆ 変形 : ジェネラルダイナミクス
         F-16 ファイティングファルコン
 
  ◆シリーズ: トランスフォーマー ユナイトウォリアーズ

  ◆ 発売 : 2015年6月27日

  ◆ 価格 : 15000円




TRANSFORMERS UNITE WARRIORS UW-01 SUPERION Package BOX 2

パッケージ

先行して登場していた海外版は、数ヶ月掛けて
合体ロボットを構成するメンバーを単体で発売していたが、
日本版は5体セットの形式で発売したので、
エアーボット全員が一気に揃う豪華セットとなっている。




TRANSFORMERS UNITE WARRIORS UW-01 SKYDIVE F-16 Fighting Falcon 440

ビークルモード

軽量戦闘機の必要性に迫られたアメリカが開発、生産したF-16は、
1975年に正式採用され、現在も運用されている汎用性の高い機体。

パイロットの操作を電気信号に変換し、コンピューターで制御して
補助を行うフライ・バイ・ワイヤ・システムを導入した初の航空機であり、
F-15等よりコストを抑えながらも高い運動性と操縦性を誇る高性能戦闘機。



TRANSFORMERS UNITE WARRIORS UW-01 SKYDIVE F-16 Fighting Falcon 2442

リア

本来のF-16のジェットエンジンは単発で垂直尾翼も1枚だ。

トイの様に双発で斜めに角度が付いた2枚の垂直尾翼を備えた機体は
F-18 ホーネットが当て嵌まるが、ユナイトウォリアーズ・スカイダイブ
機体全体やキャノピーの形状、面積が広く三角形に近い主翼、
水平尾翼の形状等、F-16の要素がほとんどを占めている。




TRANSFORMERS UNITE WARRIORS UW-01 SKYDIVE F-16 Fighting Falcon 449

G1期の初代スカイダイブF-16 ファイティングファルコンに変形した事もあり、
ユナイトウォリアーズ版でも明らかにF-16を意識した機体形状である。

G1期と異なるのは、リアルなF-16を再現するにはメーカーライセンスを
取得しなければならない世相に変化している事情がある為、
意図的に機体後部をF-16とは異なる形状に造形していると考えられる。

この様な例はトランスフォーマー マイクロン伝説』のスラスト等にも当て嵌まり、
全体的なスタイルはモチーフの戦闘機を再現し、機体後部のみ別物に変えている。



TRANSFORMERS UNITE WARRIORS UW-01 SKYDIVE F-16 Fighting Falcon 2453

主翼下には片側2発の空対空ミサイルがマウントされ、ゴールドに塗装されている。
これ等のミサイルは固定されており取り外しは出来ないが、
ジェット戦闘機のリアルさを表現している拘りは評価出来る。

又、ジェット機型TFの定番であったランディングギアは無く、
前輪、後輪も無い所はG1トイエアーボットより劣っていると言わざるを得ない。



TRANSFORMERS UNITE WARRIORS SKYDIVE F-16 Fighting Falcon 565

カラーリングは海外版とは異なり日本版独自の物に変更されている事が特徴で、
ノーズコーンは先端のみ黒く塗装し、サイバトロンマークのタンポ印刷が追加されている。

主翼と垂直尾翼は海外版ではゴールドの塗装が施されていたのに対し、
日本版はG1トイ及びアニメ版デザインを再現した稲妻模様がプリントされ、
尾翼もブルーに塗装されている為、本来のスカイダイブのイメージに近づいている。

但し垂直尾翼は軟質パーツに塗装と印刷を施している為、剥離する可能性がある。




トランスフォーム!
TRANSFORMERS UNITE WARRIORS UW-01 SKYDIVE Transform




トランスフォーマー ユナイトウォリアーズ UW-01 スカイダイブ 523

ロボットモード

肩付近の胸部パーツが張り出した逆三角形体型の為、
アメリカンヒーロー的なマッシブなスタイルとなっている。

肩幅も広く、スマートながらパワフルなイメージも感じられ、
頭脳労働者的な印象が強かったスカイダイブの
戦士としての側面も強調された姿が新鮮に映る。



トランスフォーマー ユナイトウォリアーズ UW-01 スカイダイブ 526

リア

ジェット機を背負っている様なスタイルは、
G1エアーボットのデザインを受け継いでいる。

全体的な変形はG1エアーボットに類似した物だが、
サイズが大型化し、ヒンジを使用して脚部を長くする
変形工程も取り入れられているので、非常にスタイルが良い。




トランスフォーマー ユナイトウォリアーズ UW-01 スカイダイブ 2500

エアーボットの頭脳派戦士スカイダイブを
アニメ設定を取り入れたオリジナルデザインで再現。

ボディ全体や手足はアニメ版に似ている訳ではないのだが、
特徴的なオレンジ色をした顔の頭部デザインはG1アニメ設定を
多分に意識した物の為、アニメ版を再現した様なイメージを受ける。



トランスフォーマー ユナイトウォリアーズ UW-01 エアーボット スカイダイブ 514

赤いアーマーの胸部から腹部に掛けての段差があるモールドや
左胸にサイバトロンマークが印刷されている所等はアニメ設定を意識した物。

又、日本仕様のスカイダイブは前腕をグレー成形色を中心に構成し、
外側を黒く塗装していた海外版よりもアニメ版に近づけている。




TRANSFORMERS UNITE WARRIORS UW-01 AIRBOTS SKYDIVE 488

首、肩、股関節にボールジョントが使用され、自由に動かす事が出来る。
肘と膝の可動に加え、上腕、腰、大腿部にはロールも備わっている。

コスト削減が目立つ箇所もあるユナイトウォリアーズのトイだが、
省略せずに全身可動を取り入れている仕様は歓迎出来る物である。

少ないパーツ構成で可動も実現している開発の手腕が優れている事が分かる。




TRANSFORMERS UNITE WARRIORS UW-01 SKYDIVE 492

『行動するより、戦略等の研究をする方が好きだ。
どんな物でも消すネガ・ガンを持つ。』




トランスフォーマー ユナイトウォリアーズ UW-01 エアーボット スカイダイブ 550

5体セットで発売された為か、ユナイトウォリアーズ・スペリオン セットでは
キャラクター設定やテックスペックの情報がスペリオン1体分しか掲載されていない。

日本に於いては、主に大人をターゲット層に据えているシリーズにも拘らず、
エアーボット5人のメンバーは役割しか情報が無いのは残念でならない。

尚、上記のキャラクター設定は、G1当時の『トランスフォーマー大百科』からの引用。





TRANSFORMERS UNITE WARRIORS SKYDIVE with Nega-Gun 508



2連装の大型の銃が付属するが、この武器の名称も設定されていない。

一つのパーツで構成されており裏面の肉抜きも目立つが、
砲口も造形されている等、TFの武器として納得の造形を誇る。

G1期のスカイダイブは『ネガ・ガン』という銃を携行していた為、
この武器もネガ・ガンと考えても差し支えないだろう。



TRANSFORMERS UNITE WARRIORS UW-01 AERIALBOTS SKYDIVE Rocket Launcher 532

ミサイルランチャー

合体モードのスペリオンの手足を構成するパーツは、
形状を変化させて武器として装備させる事が出来る。

2発の大型ミサイルを備えたランチャー型の武器と思われるが、
明確な設定や名称は与えられていない事が惜しい。




TRANSFORMERS UNITE WARRIORS SKYDIVE F-16 Fighting Falcon with Weapons 459

ビークルモードでは、主翼下のジョイントに二つの武器をセット可能。

大型の武器を装着する事で迫力のある武装モードに変化する等、
ロボット、ビークルモード共に遊び甲斐のあるTFトイである。

ジョイントは全て5ミリ径で統一されている為、他のTFトイとも連動性が高い。



TRANSFORMERS UNITE WARRIORS SKYDIVE F-16 Fighting Falcon with Nega-Gun 463

機体上面にもジョイントが設置されているので、こちらの穴にも
各種武器を装備可能な為、様々なスタイルを構築する事が出来る。

ユナイトウォリアーズのトイは遊びの幅を広げるアイディアが豊富で、
本来子供が遊ぶ事を前提としている設計である事が理解出来る。

日本では比較的高い年齢層向けの高額商品となったが、
子供が楽しめる物は大人も楽しめるので嬉しい仕様である。





TRANSFORMERS UNITE WARRIORS UW-01 SKYDIVE 537

スカイダイブはサイバトロン初の航空部隊エアーボットの一員であり、
航空戦略家という地位にあるチームの頭脳とも呼べる存在。

状況判断に優れ、機知に富んだ発想も備えた優秀な戦士で、
G1アニメ『戦え!超ロボット生命体 トランスフォーマー』に於いても、
コンバットロン・オンスロートの待ち伏せの陣形を見破ったり、
飛行機泥棒の動向を探る為に囮になる作戦を思い付いたりしている。



TRANSFORMERS UNITE WARRIORS AIRBOTS SKYDIVE 519

又、状況を理解していないファイアーボルトに説明を施す等、
仲間のエアーボットに対しても理性的な態度を示した描写も見られる。

しかし戦闘力や戦士としての能力は他のメンバーに劣るという事は無く、
超低空飛行でスタントロン部隊に体当たり攻撃を仕掛けたり、
空中戦ではジェットロンスカイワープを撃墜する等の活躍を見せている。




トランスフォーマー ユナイトウォリアーズ UW-01 エアーボット スカイダイブ 517

エアーボットはG1期の1986年に登場した合体ロボットチームで、
日本では『スクランブルシティ』シリーズの主要アイテムの一つとなっていた。

それまでトランスフォーマーの巨大合体ロボットは、
悪のデストロン軍団に属するデバスターのみであった為、
初のサイバトロン合体戦士であるスペリオンは、
多くのTFファンが待ち望んでいた存在でもあった。



TRANSFORMERS UNITE WARRIORS UW-01 AIRBOTS SKYDIVE 555

当時のスクランブル合体ロボットは、ボディを構成する
リーダー以外の手足になるメンバーは小型のトイであり、
子供が取り扱い易いサイズに造られていたと考えられる。

後年の2004年には、スクランブル合体ロボットをリメイクした
トランスフォーマー スーパーリンク』版も登場した。

スーパーリンク版スペリオンのサイズはG1版に近い物だったが、
ロボットのデザインや各単体のジェット機の形状は
新規の要素を前面に出し、G1版とは意図的に別物にしていた。



TRANSFORMERS UNITE WARRIORS SKYDIVE with Weapons 512

G1期から約30年後にリメイクされたユナイトウォリアーズ版は、
明確にG1エアーボットを再現したリメイク版であり、
変形モチーフのジェット機やロボットのデザインもG1版を強く意識した物である。

何よりもファンを驚かせたのはサイズの大型化であり、
リーダーのシルバーボルトボイジャークラス
スペリオンの手足になる4人のメンバーはデラックスクラスとなり、
大型化された恩恵で各単体のエアーボットも細かく造り込まれている。




TRANSFORMERS UNITE WARRIORS UW-01 AERIALBOTS SKYDIVE 535

G1期には小サイズトイであったスカイダイブを始めとする
合体ロボットの手足を構成するスクランブルロボが、
デラックスクラスという存在感のある大きさでリメイクされ、
更にファンも納得のデザインと造形で復活した事は嬉しい限りだ。

海外では単品で販売している事もあって各単体の完成度は高く、
スカイダイブの様にG1アニメ設定を意識した仕様は大いに歓迎出来る。

日本では5体セットで合体機能を前面に出しているが、
各エアーボット単体のみでも充分楽しめるトイと言えよう。








TRANSFORMERS SKYDIVE 545

◆参考にならない比較◆





⇒ トランスフォーマー ユナイトウォリアーズ UW-01 スリング  `

⇒ トランスフォーマーG1 エアーボット C-52 ファイアーボルト
⇒ トランスフォーマーG1 エアーボット C-54 エアーライダー `
⇒ トランスフォーマーG2 TRF-14 エアロレード        `
⇒ トランスフォーマー ジェネレーションズ TG-12 エアレイド  `
⇒ トランスフォーマー 限定マイクロン サイバトロン スリング  `







テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog