十三非常階段
●ビーストウォーズ  C-2 ホワイトクロー
Imgp5232_convert_20100121134002.jpg

ビーストウォーズはトランスフォーマーを復活、
再生させた功労者的シリーズでした。

既存のビークルタイプの変形ロボから、
『生身の動物』に変形するロボットへのシフトは意表を突く物で、
それだけにメーカー側の意気込みが感じられるアイテムが多かったです。

10年以上経ちますが、よく考えられたギミックが今でも新鮮に感じられます。



whiteclaw+face_convert_20100121134816.jpg
  ◆ 名前 : ホワイトクロー

  ◆グループ: サイバトロン

  ◆ 役割 : 歩兵戦指揮官

  ◆ 変形 : ホッキョクグマ


  ◆シリーズ: トランスフォーマー ビーストウォーズ

  ◆ 発売 : 1997年7月17日

  ◆ 価格 : 2280円




whiteclaw+box_convert_20100121135110.jpg

パッケージ




Imgp5244_convert_20100121135157.jpg

ビーストモード

地上最大の肉食獣ホッキョクグマに変形。(変身と言うべきか。)

最大3mにもなり動きも俊敏、天敵もおらず北極海では無敵!
その勇姿を一度見てみたい物です。←旭山動物園に行け。



Imgp5273_convert_20100121135233.jpg

後姿

ロボットパーツが丸見えですが、そんな事も気にならなくなるギミックを搭載。
後脚を上の方に持ち上げると………。



whiteclaw+fang2_convert_20100121135337.jpg
whiteclaw+fang1_convert_20100121135319.jpg

「クワッ!!」と口が開き、牙が飛び出す!

牙は上顎に収納されていて、口の開閉と同時に出たり入ったりします。
非常に小気味好いギミックで何度も試してしまいます。




ホワイトクロー 変身!
whiteclaw+tform_convert_20100121135414.jpg




Beast Wars C-2 WHITECLAW GP5189

ロボットモード

ずんぐりとしたシロクマからマッチョボディのロボットに。

歯を食いしばった顔はミュータントタートルズの影響を感じさせます。
ロボット時に歯がモールドされたTFが
登場するのはビーストウォーズが最初でした。



Beast Wars C-2 WHITECLAW GP5187
 
リア

海外では当初、『グリズリー1』として企画され、
グレーの体色だった物をホッキョクグマに変更して
ポーラークロー』の名で発売しました。



Beast Wars C-2 WHITECLAW Tech Spec GP5190

テックスペック

・パワー  : 9
・知能   : 7
・スピード : 4
・耐久力  : 6
・階級   : 8
・勇気   : 9
・火力   : 8
・テクニック: 7




Beast Wars C-2 WHITECLAW P5192

両肩の熊の前脚は双方にギミックを搭載。

右肩はコウモリ型のドローンに変形。
左肩はスプリングにより『サイバーアーム』が飛び出します。



whiteclaw+bat1_convert_20100121135753.jpg

バット・スカウト

この名称はトイパッケージや説明書、付属カードには無く、
書籍のビーストウォーズ公式ガイドブックや
タカラが発売したトレーディングカード等に記載されていました。
上記の『サイバーアーム』も同様です。

TFは全シリーズを通して、トイを買っただけでは
分からない情報が数多くあって困りますね。



whiteclaw+bat+2_convert_20100121135814.jpg

下から見た状態

各所にスプリングが仕込まれているのが分かります。

折り畳まれていた前脚が射出されると同時に
スプリングにより瞬時に展開し、コウモリへ変形。

敵側のスコルポスにも同様のギミックがあります。



Beast Wars C-2 WHITECLAW 5230

バット・スカウトは、下部にジョイントがあるので手に持たせられます。




Imgp5184_convert_20100121135947.jpg

ビーストマスク

頭部を回転させると、もう一つの顔『ビーストマスク』が現れます。

初期のDXクラス以上のビーストウォーズトイには
標準で備わっていたギミックでしたが、1998年以降の
新規トイにはビーストマスクのギミックは無くなりました。



Beast Wars C-2 WHITECLAW 5193

顔が変わるだけでも別人の様に見えるので、お得感のあるギミックでした。
CGアニメで再現しなかった事が、無くなった理由かも知れません。




TF Beast Wars Whiteclaw pose

メガクラスのビーストウォーズトイは意外と少なく、
最初に出したトイがこのホワイトクローの様に
ギミック満載だったので造り難かったのかもしれません。

ロボット、ビーストモード共に多彩なギミックを持ったホワイトクローは、
開発に気合の入った評価に値する一品だと思います。





whiteclaw hikaku2

⇒ ◆参考にならない比較◆







テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog