十三非常階段
●キュートランスフォーマー  QT-19 コンボイ
Q TRANSFORMERS QT-19 CONVOY 3734

2014年から展開を開始した『キュートランスフォーマーは、
2014年のメインシリーズ『トランスフォーマー ロストエイジ
影響が多分に表れた形でスタートを切った為、アニメのメインキャラクターは
ロストエイジ版のオプティマスプライムバンブルビーロックダウンとなった。

しかしトイのラインナップを見るとTFロストエイジのキャラは少なく、
大多数のQトランスフォーマーはG1版を基にしたキャラクターで占められていた。

この傾向に呼応するかの様に登場したG1コンボイのQTF版は、
角張ったトラックの特徴をそのまま引き継いだ四角いボディを有し、
コンボイ司令官』の名に恥じないクオリティのアイテムとしてファンの支持を集めた。



キュートランスフォーマー QT-19 コンボイ 612
  ◆ 名前 : コンボイ

  ◆ 肩書 : 司令官

  ◆グループ: キュートランスフォーマー
         / オートボット(サイバトロン)

  ◆ 変形 : トレーラートラック






Q TRANSFORMERS QT-19 CONVOY Package

◆シリーズ: キュートランスフォーマー

◆ 発売 : 2015年4月25日      `

◆ 価格 : 999円         `




Q TRANSFORMERS QT-19 CONVOY Trailer Truck 775

ビークルモード

G1版の初代コンボイをモチーフにしている為、
キャブオーバータイプの四角いトレーラートラックに変形する。

トランスフォーマーの最初期のアニメ作品である
戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』の頃から
コンボイがトレーラートラックに変形する事は
キャラクター性の一部でもあった為、ディフォルメされながらも
コンボイを強く感じさせるトレーラーモードは納得の出来栄え。



Q TRANSFORMERS QT-19 CONVOY Trailer Truck 666

サイド

運転席のサイドにはサイバトロンマークが立体で
モールドされている他、コンテナの外装等も含めて
非常に細かい造形である事が見て取れる。

マフラー部分を省略しなかった事は好感が持てる物で、
更に車体本体ではなくコンテナと一体成形にしたアイディアは見事。



Q TRANSFORMERS QT-19 CONVOY Trailer Truck 661

リア

タイヤは6輪造形されているが、中央のタイヤはダミーになっている。
それでも4輪のタイヤの回転精度に問題はなく、難無く転がし走行が可能。

コンテナ全体は赤い成形色のパーツをシルバーで全塗装している拘りを
見せているが、コンテナのサイバトロンマークが付いた白と青のラインは
タンポ印刷ではなく、ステッカーで再現されている所が惜しい。




Q TRANSFORMERS QT-19 OPTIMUS PRIME Trailer Truck 3788

トラックはアニメ版を意識した様なデザインだが、全体的なボディ形状を始め、
ヘッドライトやサイドミラー、グリル、バンパー、フェンダー、タンク等、
各部の造形はマスターピースMP-10 コンボイ Ver.2.0
基に造られている事が特徴で、キュートランスフォーマーらしく
コンテナも含めて絶妙なアレンジでディフォルメされている。




トランスフォーム!
Q TRANSFORMERS QT-19 CONVOY Transform




キュートランスフォーマー QT-19 コンボイ 755

ロボットモード

変形工程は他のQトランスフォーマーとほぼ同じだが、
キャブオーバートラックから変形する事もあって、
全体像は四角い特徴が際立っておりパワフルな印象。

頭部造形はトラックモードと同じくMP-10 コンボイの影響が見られ、
マスクやアンテナの形状、耳の丸いの部分に横線のモールドが入る所等、
マスターピース版コンボイを参考にデザインされている。



キュートランスフォーマー QT-19 コンボイ 605

リア

トラックの下半分が大型の脚部に変形する事で、
他のQトランスフォーマーとは異なるスタイルを構築している。

コンテナ部分が全て腕部に変形するという大胆な特徴も、
数あるコンボイ(オプティマス)の中でも非常に珍しいパターンだ。




Q TRANSFORMERS QT-19 OPTIMUS PRIME 794

首が回転し、肩と股関節及び膝はボールジョイントにより
自由に動き、ボディと腕部を繋げているバー状のパーツは
若干であれば前方に動かす事が可能なのでポーズ付けに利用出来る。

コンテナが変形した腕部は片側一つのパーツで構成されている為、
肘関節が無い事がマイナスポイントだが、元々肘を曲げた状態で
造形されている事で力強さが表現されている面は評価出来る。




Q TRANSFORMERS QT-19 OPTIMUS PRIME CONVOY 751

『偉大なる初代司令官。

正義の心を持ち、
圧倒的リーダーシップを持つが、
少し抜けてる天然な部分もある。』




キュートランスフォーマー コンボイ VS メガトロン 636

QT-19 コンボイQT-20 メガトロンと同時発売され、
両軍のリーダーが揃った事に加え、G1スタイルのデザインも
ファンを大いに歓喜させ、購買意欲を刺激するアイテムとなった。

メガトロンのスタイルはQTF独自の物だが、頭部形状は明らかに
G1メガトロンを意識した物
なので、初代コンボイのライバルという
イメージが強く、これ等の2体は揃えると絵になるトイである。




Q TRANSFORMERS QT-19 CONVOY 3643

コンボイはトラクターヘッド部分が本体ロボットに変形する
スタイルが一般的で、コンテナも含めてボディを構築するタイプは、
スターコンボイTFアドベンチャー・オプティマスプライム等、数体しかいない。

しかしディフォルメ版のコンボイはコンテナも含めて変形する場合も多く、
1986年のスタンプボットや2001年のチョロQロボ・コンボイ等がある。



チョロQロボ・コンボイ & キュートランスフォーマー・コンボイ 630

チョロQロボ・コンボイはコンテナを折り畳んで背負うスタイルだったが、
キュートランスフォーマー・コンボイの場合はコンテナ全体が腕部を
構成するという、それまでとは異なる変形が斬新であった。

腕部の外装はコンテナその物なのでアーマーの様にも見え、
パワフルさが強調されたデザインも見所のTFトイである。





Q TRANSFORMERS QT-19 CONVOY 3803

キュートランスフォーマーに於けるオプティマスプライムは、
基本形態はムービーシリーズロストエイジの姿だが、
エピソードによってトランスフォーマーGT版であったり、
G1コンボイのスタイルに変化している為、トランスフォーマーは
何度もリスキャニング出来るという設定を活かしている。



Q TRANSFORMERS QT-19 OPTIMUS PRIME CONVOY 739

G1コンボイ・スタイルの姿はアニメ第一期の最終回に当たる第13話で、
もう一つの姿であるGTRオプティマスの姿は第11話で披露している。

又、アニメではトランスフォーマーは同じキャラクターでも
時代毎の各シリーズで姿が異なり、更に名前も異なるという
TFシリーズ特有の設定を取り上げていたが、少々紛らわしい
説明が成されており、新規ファンの誤解を招いた可能性が高い。




Q TRANSFORMERS QT-19 CONVOY 640

キュートランスフォーマーでは基本形態のムービー版オプティマス
G1コンボイGTRオプティマスは、姿が変わっただけで同一人物である為か、
これまでの様々なTFシリーズで登場したコンボイも全て同一人物の様に説明している。

アニメ第11話では、G1ビーストウォーズTFアドベンチャー
コンボイ(オプティマスプライム)のイラストが登場し、
「シリーズによって、同じキャラなのに声色が変わる」などと
説明していたので、全員が同一人物の様に受け取れる。



キュートランスフォーマー QT-19 コンボイ & マルチバース コンボイ オプティマスプライム 728

G1コンボイBWコンボイは同じ世界に属している完全な別人であり、
ムービーシリーズTFアドベンチャー(TFプライム)は、それぞれ別の
世界という設定なので、本来、各作品のコンボイ(オプティマス)は別人だ。

しかし5分アニメである上に緩い作風の『キュートランスフォーマー』で、
難解なマルチバースを一から解説するのは不可能であり面白くも無いので、
これまで登場した各シリーズの全てのコンボイは「同じキャラ」と
軽く流してしまう方が分かり易いと判断したのかもしれない。



Q TRANSFORMERS QT-19 OPTIMUS PRIME CONVOY 647

然れども、キュートランスフォーマーから入った新規のファンが
トランスフォーマー』シリーズを探求するに連れて、
Qトランスフォーマーで植え付けられた知識の誤りに気付く筈だ。

そしてTFシリーズの設定が海外版や日本版も含め非常に込み入っている事、
もしくは非常に纏まりに欠ける設定の下に成り立っている事を知るだろう。




Q TRANSFORMERS QT-19 OPTIMUS PRIME CONVOY 801

トランスフォーマー』の歴史も数十年の時を重ね、
その世界観は細分化するとキリが無いくらい複雑である。

欧米と日本だけではなく世界各国で異なる設定や世界観が創造され続け、
玩具、アニメ、コミック、映画、ゲーム等の各媒体でも世界観が異なる為、
最早、『正史』という概念が無いに等しい稀なシリーズとなっている。

どれが正しいという事は無く、それぞれが全てオフィシャル設定なので、
細かい事を気にするよりも「楽しめればそれで良い」という境地に達すれば、
トランスフォーマーシリーズをより身近に感じられる事は間違いない。







Q TRANSFORMERS 3746

◆参考にならない比較◆





⇒ QT-01E オプティマスプライム







テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

コメント
後ろの二対のタイヤの基部が背中にきても力強さを感じるのもモチーフと合ったキャラ性のあるコンボイならではでしょうか。
頭部が屋根と一体でなく動くのには単純に敬服しました。
2015/10/08(木) 12:27:43 | URL | 紅澪斗燭鍍 | [ 編集 ]
>紅澪斗燭鍍さん
各シリーズのコンボイは大抵の場合、車体後部の連結器部分が脚部に変形するので、
QTFコンボイの処理は非常に珍しいパターンだと思います。

QTFは小さいながらも可動箇所が多いので、ポーズが付け易い所も良いですね。
2015/10/09(金) 22:49:41 | URL | つくも | [ 編集 ]



URL

 
PASS
SECRET

Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog