十三非常階段
●映画 アントマン  等身大アントマン イヤホンジャック
MARVEL MOVIE ANT-MAN ANT-MAN Earphone Jack 476

アメコミ映画が定着するまでには十数年の時が必要であったが、
一つのジャンルとして確立した事はアメコミファンにとっては嬉しい限りだ。

アメコミ映画の一般認知度も高くなり、多少マニアックな
ヒーローも実写映画化される様になった事も歓迎すべき傾向である。

日本ではマニア層以外は誰も知らない様な『アントマン』まで
実写映画化されるとは予想外であり、更に現代的でスタイリッシュな
姿に変化したコスチュームデザインも驚きを与えてくれた。



映画 アントマン 前売り券特典 等身大アントマン イヤホンジャック 433
  ◆ 名前 : アントマン イヤホンジャック


  ◆ 発売元: ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
 
  ◆シリーズ: 映画 アントマン

  ◆ 発売 : 2015年7月4日

  ◆ 価格 : 1400円 (税込)




ANT-MAN Movie Ticket ANT-MAN EARPHONE JACK Package

パッケージ




映画 アントマン 前売り券 & 特典 等身大アントマン イヤホンジャック 382

セット内容

映画『アントマン』の前売鑑賞券を購入すると、
先着でプレゼントされたイヤホンジャック・フィギュア。

紙製の前売り券だけではなく、ムビチケカードでも
特典を貰う事が出来た。 価格は同じ1400円(税込)。




映画 アントマン 前売り券特典 等身大アントマン イヤホンジャック 430

フロント

非常に小さいサイズで造られたフィギュアだが、
各部の造り込みは細かく、実写映画版アントマンの
昆虫を思わせるマスクの形状や触覚の様なアンテナまで
造形しており、ボディスーツの各部の装備も再現している。

更に赤とガンメタルの塗料を使用して細かく塗り分けられており、
各部のモールドを活かした塗装処理が見事である。



映画 アントマン 前売り券特典 等身大アントマン イヤホンジャック 440

リア

アントマンは特殊なスーツを身に付けて、
蟻サイズの身長1.5cmに縮小した姿で活躍する異色のヒーロー。

小さい事が最大の特徴の為、映画のプロモーションでも
アピールしており、特典フィギュアもキャラクター性に合わせた
ミニサイズで製作し、『等身大』と銘打っている。




MARVEL MOVIE ANT-MAN ANT-MAN Earphone Jack 527

しかしアントマン・イヤホンジャック・フィギュアは
全高2.8cmで造られており、実は等身大ではなく
設定の約2倍の大きさになっている所は御愛嬌。

元々前売り券の特典であり、アントマンが
小さい事を活かした洒落の様なアイテムなので、
2.8cmだから「等身大じゃない」と言うのは野暮である。



MARVEL MOVIE ANT-MAN ANT-MAN Earphone Jack 4461

フィギュアと言うよりはイヤホンジャック・アクセサリーその物であり、
サイズは非常に小さいが金属製のチェーンも備わっており実用性がある。

イヤホンジャックにはプラスティック製のアントマンのタグも付き、
映画のプロモーショングッズとしての役割も果たしている。

フィギュアの手を合わせた腕の間にチェーンの金具が通されており、
取り外しは出来ない様に造られている為、フィギュアのポーズも固定されている。




ANT-MAN Movie ANT-MAN Earphone Jack 508

アントマンの前売り券は2015年7月4日(土)から発売された。

この7月4日はアントマンと同じくマーベル作品である
アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』の公開日であり、
集客が見込める人気作品のアベンジャーズに合わせて
アントマンの前売り券の発売を開始した物と思われる。



ANT-MAN Movie ANT-MAN Phone Plug 499

アベンジャーズの映画を観れば、アントマンの予告編も上映される為、
アントマンを知らない一般層にもアピールする事が出来る。

同じマーベル作品と言っても、アベンジャーズとアントマンでは
認知度に雲泥の差があり、余程のアメコミ好きでなければ
マイナーなアントマンを知る由も無いので、映画館で
予告編を上映し、合わせて前売り券の発売も開始するという
プロモーションは非常に的を射ていたと言えるだろう。




映画 アントマン 前売り券特典 等身大アントマン イヤホンジャック 4497

2000年代初頭のX-MENを皮切りに、マーベルコミックスの
実写版アメコミヒーローの映画が数多く製作されてきた。

それまでにもマーベルヒーローの実写映画は存在したが、
非常にマニアックなジャンルであり、大衆が視聴する様になった
2000年代以降の実写映画はアメコミの方向性を転換させた。



映画 アントマン 前売り券特典 等身大アントマン イヤホンジャック & アイアンマン キュージョン 521

現在では日本でも認知された『アイアンマン』ですら、
当初はアメリカに於いても一般大衆にはマニアックな存在だったので、
アイアンマンを映画化するか製作側が躊躇していたと言う。

しかしアイアンマンやアベンジャーズは世界的に大ヒットし、
マーベルヒーローが映画の一つのジャンルに上り詰めるまでになる。




ANT-MAN Movie ANT-MAN Phone Plug 465

その様な背景があったからこそ、マイナー過ぎるヒーローの
アントマンもマーベールヒーロー物として製作出来たのであろう。

2000年代初期から十数年掛けて、世界中にマーベル作品が認知された為、
アントマンの様なヒーローまで映画化出来たと考えられる。

2000年代初頭の時点ではアントマン映画化の企画は通らなかった筈だし、
まずアントマンを映画化しようとは考えなかっただろう。





ANT-MAN Movie ANT-MAN Earphone Jack 496

そんなアントマンは原作のマーベルコミックスでは
重要なキャラクターで、アベンジャーズ結成時の
オリジナルメンバーの一人でもある。

更に非常に複雑な設定を持つキャラクターであり、
アントマン以外にも数々の別の姿に変容した上に、
アントマンや派生したヒーローに関連する人物は
複数存在するので非常に紛らわしい。



ANT-MAN 2015 Movie ANT-MAN Phone Plug Figure 458

アベンジャーズに参加したオリジナルのアントマンの正体は
生化学者ヘンリー(ハンク)・ピムであり、彼が発見した物体を縮小させる
粒子の効果でアントマンに変身するが、この技術を応用して
巨大化する事も可能となり、巨人のヒーロー・ジャイアントマンにも変身する。

ジャイアントマンはコスチュームを変えてゴライアスを名乗った事もあり、
更に予想外の事件により別人格の縮小化能力を持つ
イエロージャケットというヒーローもにもなった。




ANT-MAN 2015 Movie ANT-MAN Phone Plug 514

ここまでで4つの名前と異なる姿のヒーローになっているのだが、
更に面倒な事にピムとは別の人物がそれぞれのヒーローを受け継いでいる。

アントマンでは、2代目アントマン(スコット・ラング)、
3代目アントマン(エリック・オ・グレイディ)が登場し、
ピムとは全く異なる人物像の別人がアントマンになっている。



MARVEL MOVIE ANT-MAN ANT-MAN Earphone Jack 491

巨大化ヒーローでは、2代目ゴライアス(クリント・バートン)が登場、
続く3代目ゴライス(ビル・フォスター)はブラックゴライアスを名乗り、
更に2代目ジャイアントマンに改名する等、非常に複雑な経緯がある。

ゴライアスには、ヴィランの4代目(エリック・ジョーストン)、
3代目ゴライアスの甥である5代目(トム・フォスター)が存在。

加えてイエロージャケットにはヴィランの2代目(リタ・デマラ)が居るので、
アントマンから派生したヒーロー達は紛らわしい事この上無い。




ANT-MAN 2015 Movie ANT-MAN Phone Plug 426

しかしながら、2015年の実写映画版アントマンは、
上記の様な頭が混乱しそうな設定は全く無いので安心だ。

映画ではオリジナルのヘンリー・ピムではなく、
2代目のスコット・ラングを主役としたストーリーである。

実写映画のマーベルワールドは原作コミックスとは
異なる世界観である事に加え、映画である以上、誰が観ても
分かる様に作られているので予備知識が無くても楽しめる。




映画 アントマン 前売り券特典 等身大アントマン イヤホンジャック 4477

一昔前の日本に於けるアメコミヒーローと言えば、
スーパーマンバットマンぐらいしか認知されていなかった。

それが2000年代以降に勢いを増したマーベルコミックスの
実写映画により、日本では誰も気に留めていなかった様な
アイアンマンマイティ・ソーゴーストライダーパニッシャー等、
数々のマニアックなヒーローが次々に映画化され浸透していった。

その流れに乗り、アントマンの様なマイナーなヒーローまで
実写映画化され、日本でも普通に全国公開されるという
現在の状況は、非常に恵まれていると言えよう。







ANT-MAN MOVIE 4487

◆参考にならない比較◆


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog