十三非常階段
●トランスフォーマー ユナイトウォリアーズ  UW-02 デッドエンド
TRANSFORMERS UNITE WARRIORS UW-02 STUNTICON DEAD END 4728

デストロン軍団初のカーロボット集団であるスタントロン部隊は、
非常にインパクトのあるTFとして記憶に刻まれる事になる。

しかしスタントロン部隊サイバトロンのカーロボットTFに比べると
マイナーな存在であった事は否めず、数十年の間に製作されたスタントロンの
リメイク版も既存アイテムのリカラー、又はリデコ版が多くを占めている。

ユナイトウォリアーズ(コンバイナーウォーズ)版は、スタントロン部隊としては
初の本格的なリメイク版であり、ファンが長年待ち望んでいたアイテムであった。



トランスフォーマー ユナイトウォリアーズ UW-02 デッドエンド 851  ◆ 名前 : デッドエンド

  ◆グループ: スタントロン

  ◆ 役割 : 兵士

  ◆ 変形 : フェラーリ・458イタリア

 
  ◆シリーズ: トランスフォーマー ユナイトウォリアーズ

  ◆ 発売 : 2015年8月22日

  ◆ 価格 : 15000円




TRANSFORMERS UNITE WARRIORS UW-02 MENASOR Package Box 2

パッケージ

スタントロン5体がセットになった大型アイテム。
日本ではセット販売のみなのでマニア層向け商品と言える。

15000円という高額商品だが、ボイジャークラス1体に加え、
デラックスクラス4体という各単体の価格を考慮すれば妥当な線だろう。




TRANSFORMERS UNITE WARRIORS UW-02 DEAD END Ferrari 458 Italia 772

ビークルモード

イタリアの自動車メーカー・フェラーリが2009年より
販売している新型スーパーカーで、ミッドシップに積まれた
4.5リッターV型8気筒エンジンと、フェラーリ発祥の地である
イタリアの名を冠して458イタリアと命名された。

ボディを始め、シャーシやエンジンに至るまでアルミ構造を
採用する事で、軽量化とボディ剛性の向上を実現している。



TRANSFORMERS UNITE WARRIORS UW-02 DEAD END Ferrari 458 Italia 4778

サイド

G1期のデッドエンドはポルシェ・928に変形したが、
TFユナイトウォリアーズでは車種が一新され、
フェラーリ・458イタリアに類似したスポーツカーに変形する。

明確なメーカーライセンスス取得アイテムではないので
細部は実車とは異なるが、流線型のボディやウィンドーの形状、
星型のホイール等、458イタリアを意識している部分が多い。



TRANSFORMERS UNITE WARRIORS UW-02 DEAD END Ferrari 458 Italia 775

リア

幅が広いフロントエアインテークや縦長のヘッドライトも
フェラーリ・458イタリアの特徴が再現されているが、
テールランプの形状は意図的に実車と異なる物に変更している。

又、実車のフェラーリのイメージカラーは赤であり、
デッドエンドは赤系統のワインレッドで構成されている事から
フェラーリの車種を選んでいるのかもしれない。




TRANSFORMERS UNITE WARRIORS UW-02 DEAD END Ferrari 458 Italia 784

ユナイトウォリアーズ(コンバイナーウォーズ)のTFトイは、
コスト削減の為にメーカーライセンスを取得しない方針を採っている。

エアーボットも実機のジェット機をモチーフにしていながら
意図的に機体形状を変更しており、
同様に自動車のスタントロンも
実車とは多少ボディ形状を変えたオリジナルのデザインを採用している。



TRANSFORMERS UNITE WARRIORS UW-02 DEAD END Ferrari 458 Italia 788

スタントロン部隊は地球のスーパーカーを奪って製作されたTFという
設定を反映して、ユナイトウォリアーズ版でも実車を思わせる
リアルなデザインの自動車に仕上げている所は嬉しい限りである。

単純に実在しないSF調の自動車にするのではなく、実車を参考に
デザインし、ギリギリの所までリアルさを追及している所に感心する。




トランスフォーム!
TRANSFORMERS UNITE WARRIORS UW-02 DEAD END Transform




トランスフォーマー ユナイトウォリアーズ UW-02 デッドエンド 692

ロボットモード

元々のデザインがG1トランスフォーマーをアレンジした物の為、
腕部や脚部に自動車の各パーツが配置される
典型的なカーロボットTFらしさが表れているスタイルだ。

足の裏は斜めに角度が付いており、脚がハの字型に開いた状態で
直立姿勢になる様に設計されているので見映えが良い。



トランスフォーマー ユナイトウォリアーズ UW-02 デッドエンド 698

リア

背中にはカーモードのフロント部全体が大胆に配置される。

これは1986年発売のG1版スタントロンを思わせるデザインであり、
懐古的な雰囲気に加えトランスフォーマーらしさも感じられる。

しかしフロントガラスを別パーツで取り付けていたり、
ヒンジを使用してフロント部が上を向く様に工夫する等、
ユナイトウォリアーズ版独自の変形工程も追加されている。




TRANSFORMERS UNITE WARRIORS UW-02 STUNTICON DEAD END 714

全身に可動が組み込まれており、首、肩、股関節にボールジョイントを使用、
肘と膝の可動軸に加え、上腕、腰、大腿部にはロールが備わっている。

ポーズ付けに不自由する事は無く、非常に優秀な可動を誇るが、
唯一、全体が塗装された頭部により首の接合部のクリアランスが無い為、
首の可動のみ固めになっている所が難点と言える。




TRANSFORMERS UNITE WARRIORS UW-02 DEAD END 722

ユナイトウォリアーズ・デッドエンドのデザインは、
G1アニメ設定のデッドエンドを基にしてアレンジした物だ。

最もアニメ版の特徴を引き継いでいるのは、バイザーとマスクという顔で、
目、鼻、口があるG1トイのデッドエンドの要素は見られない。

目の部分がパープルで塗装されている特徴もG1アニメ設定を
受け継いだ物であり、マニアックな配色が嬉しい所だ。



トランスフォーマー ユナイトウォリアーズ UW-02 スタントロン デッドエンド 711

又、胸部パネルもアニメ版デッドエンドのボディを参考にしている様で、
アニメ版デッドエンドの胸部から腹部に掛けてのデザインを
ユナイトウィリアーズ版では胸部パネルに纏めた様な形状になっている。

脚部の脛部分もG1アニメのデッドエンドを思わせる形状に造られており、
G1アニメ設定を多分に意識しているデザインという事が窺える。





トランスフォーマー ユナイトウォリアーズ UW-02 デッドエンド 725

『自惚れが強い。
いつも自分のボディーを磨いている。

戦いに、あまり積極的でない。
強力なコンプレッサーエアーガンが武器。』




TRANSFORMERS UNITE WARRIORS UW-02 STUNTICON DEAD END 752

上記のキャラクター設定は1986年に発売された
講談社『トランスフォーマー大百科』からの引用。

「いつも自分のボディーを磨いている。」という面は、
本来、陰気な気質のデッドエンドに相応しくない物の様に思えるが、
これはG1トイのテックスペックの原文にも記されている正規の設定である。



TRANSFORMERS UNITE WARRIORS UW-02 STUNTICON DEAD END 715

「自惚れが強い」という文面から、サンストリーカートラックスの様な
ナルシストTFのイメージを重ね合わせてしまいがちだが、デッドエンドは
ナルシストではなく、全く異なる理由でカーモードのボディを磨いている。

デッドエンドはトランスフォーマー同士の戦いに意義を見出せず、
いずれ、どのTFも錆と化す運命と捉えている悲観主義者であり、
戦う事よりも暇潰しに近い感覚でボディの手入れをしている様なキャラクターだ。




TRANSFORMERS UNITE WARRIORS UW-02 MENASOR Off Shot

ユナイトウォリアーズ オフショット(拡大可能)

そんなデッドエンドが仲間のスタントロン達とレースに興じ、
トップの座を獲得して喜んでいる様な姿は意外な物だ。

説明書に掲載された日本のユナイトウォリアーズ独自のオフショットのイラストは、
細部にG1アニメから引用したマニアックな箇所が幾つも見られ、非常に面白い。





TRANSFORMERS UNITE WARRIORS UW-02 DEAD END Chimney Muffler 729

バトルクラブ

大型トラックの煙突マフラーを思わせる形状の、こん棒タイプの武器。

排気管である事は間違いない様だが、武器としては
些か物足りない感があり、鉄パイプの様なイメージ。

しかしカーロボットTFという事を考慮した巧い武器でもある。



TRANSFORMERS UNITE WARRIORS UW-02 DEAD END BLASTER 735

ブラスター

メナゾールに合体する際に使用する手足に変形するパーツは、
単体のロボット時に装備する事が出来る武器を兼ねている。

ユナイトウォリアーズ版では合体パーツという事もあり、
身体に対して大型の武装となっている。

尚、G1デッドエンドはコンプレッサーエアーガンを使用していた。




TRANSFORMERS UNITE WARRIORS UW-02 STUNTICON DEAD END Weapons 738

両肩に備わっている5ミリジョイントの穴を利用すれば、
肩に武器を装着させる事が出来、見映えするスタイルに変化する。

大型のブラスターはシールドの様にも見え、G1期のスタントロンには無い
新たな姿を構築出来る優れた仕様のトイに仕上がっている。



TRANSFORMERS UNITE WARRIORS UW-02 DEAD END Attack Mode 4789

付属する武器はカーモードでも装着する事が出来、武装モードに変化する。

ルーフにブラスターをセットしたスタイルは、G1スタントロン
車体後部に大型ブラスターをセットしたモード
思わせる。

又、車体サイドにはマフラーパーツ(バトルクラブ)を装着可能で、
スーパーカーの性能をアップさせている様な雰囲気を楽しめる。





TRANSFORMERS UNITE WARRIORS UW-02 DEAD END Attack Mode 743

デッドエンドはスタントロン部隊の中でも奇妙な性格の持ち主で、
何に対しても非常に冷めている虚無主義的な精神を有したTFだ。

自分の死に関してすら無頓着であり、いつ何時、命を失おうとも
意に介していない為、サイバトロンにとっては非常に危険な兵士と言える。



TRANSFORMERS UNITE WARRIORS UW-02 DEAD END Chimney Muffler Weapon 4769

アニメ第2作目『戦え!超ロボット生命体 トランスフォーマー2010』でも
クインテッサ星人がデストロンを利用する為に与えたエネルゴンキューブ
毒見役を買って出ており、例え罠だったとしても気にしない態度を示した。

その後の宇宙空間に於ける戦闘時に攻撃を受けた際も、
「前からだろうと後ろからだろうと、死ぬのは同じ、関係ないぜ!」と言い放つ等、
デッドエンドのキャラクター性が巧く描かれていたシーンが印象的であった。




TRANSFORMERS UNITE WARRIORS UW-02 STUNTICON DEAD END 761

スタントロン部隊はアニメ『戦え!超ロボット生命体 トランスフォーマー』の
後半以降に加わった新トランスフォーマーであり、
続編の『トランスフォーマー2010』に於いても脇役キャラであった。

しかしG1初期アニメの優れたストーリー構成と脚本により、
5人のメンバーは個性的に描かれていた事が記憶に残る。



TRANSFORMERS UNITE WARRIORS UW-02 STUNTICON DEAD END 759

特に合体形態のメナゾールの手足に変形する4人は、
変形モードが全員スーパーカーであり、ロボットモードのスタイルも
似ている為、キャラクターイメージが混同される可能性が高い。

この点を物ともしないほど、各人をアクの強いキャラクターとして描き、
悪のカーロボットのイメージを強烈に印象付けた功績は大きい。




TRANSFORMERS UNITE WARRIORS UW-02 STUNTICON DEAD END 843

既存アイテムのカラーリングを変更してスタントロンを再現したトイは
これまでにも存在するが、新規のスタントロンのトイはムービーシリーズ
TFプライム等、僅かしか登場しておらず、ユナイトウォリアーズ版の様な
明確にG1スタントロンを基にしたリメイク版は初であった。

デッドエンドはG1アニメ設定を現代的にアレンジした
デザインの巧さが非常に優れたトイであり、ロボットモード、
カーモード共に抜群のスタイルで造形化されている所も嬉しい。

スタントロン部隊がファンが求めていた仕様で
リメイクされた事は、大いに評価出来るだろう。








TRANSFORMERS DEAD END 4838

◆参考にならない比較◆





⇒ トランスフォーマー ユナイトウォリアーズ UW-02 ブレークダウン

⇒ トランスフォーマーG1 スタントロン D-51 ブレークダウン  `
⇒ トランスフォーマーG1 スタントロン D-52 ドラッグストライプ`
⇒ トランスフォーマーG1 スタントロン D-53 ワイルドライダー `







テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog