十三非常階段
●X-MEN ROBOT FIGHTERS  ウルヴァリン
6593.jpg

エックスメンの代表的な存在である一番人気のキャラクター、ウルヴァリン
チームリーダーでもオリジナルメンバーでも無い彼に魅力を感じるのは、
その強さと、強さだけでは無い奥深い人間性による物でしょう。

そんなウルヴァリンは他を圧倒してフィギュアの種類が多い事が特徴。
毎年発売されるどのシリーズにも必ずと言って良い程、
ウルヴァリンの新作フィギュアが組み込まれています。



6561.jpg 
  ◆ 名前 : ロボットファイターズ ウルヴァリン

  ◆ 本名 : ローガン

  ◆ チーム: X-MEN


  ◆シリーズ: X-MEN ROBOT FIGHTERS

  ◆ 発売 : 1997年

  ◆ 価格 : 日本未発売




robotfighters wolvarin package

パッケージ




6563.jpg

フロント

アドレナリン過剰分泌気味のヴァーサーカー状態での立体化は、
数あるウルヴァリンフィギュアの中でも稀。

目を見開き、歯を食いしばり、怒りで逆立った髪等、
迫力ある表情だけでも、このフィギュアを手にする価値がある。



6567.jpg

リア

二の腕にロールが追加されているが、
血管や筋肉のモールドから判断すると、
最初から可動は無視して、スタチューの様な一体成形の
モデルとして試作が造られたと窺わせる造形。




6569.jpg

アクションフィギュアは大抵は均等の取れたスタイルの物が多いが、
このロボットファイターズ・ウルヴァリンは、アメコミのアーティストが
描いたコミックのワンシーンをそのまま立体化した様な、
イメージ先行で各部が誇張された形で造形されており、
一般のフィギュアとしては大変珍しいタイプ。



6362.jpg

ロボットファイターズシリーズはエックスメンの基地内にある
訓練施設『デンジャールーム』内での戦闘訓練を再現したトイ。

故にロボットファイターズのタイトル通り
対戦する訓練用のロボットが付属する。





6572.jpg



  ◆ 名前 : セイバートゥースドロイド


  ◆ 機能 : 戦闘訓練用ロボット 







6573.jpg

フロント

アメリカン感覚溢れるユーモラスなロボットに、
セイバートゥースの頭部をそのまま付けてしまうセンスが素晴らしい。

頭部モニターに映った立体映像の顔を表現しているのかもしれない。



6577.jpg

リア

セイバートゥースとはウルヴァリンの宿敵で、超回復能力と
強力な爪と牙、並外れたパワーと野獣の如き俊敏性を持つミュータント。

このドロイドはセイバートゥースを模擬している為、
両腕に巨大な爪が装備されており、セイバートゥースらしさを表している。




16584.jpg

左腕のクローは発射可能。

とは言う物のスプリングが内蔵してある訳でも
TFのサイバージェットランドミリタリーマイクロンの様に
プラスチックの弾性を利用している訳でも無い。

肘に飛び出ているバーを勢い良く指ではじく事でクローが発射される。
と言うより押し出されて、そのまま下に落ちるという表現の方が的確。



6580.jpg

しかしセイバートゥースドロイドはウルヴァリンの
フィギュアの引き立て役では無く、
更なるギミックを備えた、むしろこのセットの
メインとも言えるアイテムとなっている。




6653.jpg

胴体から伸びる支柱を持ち、円形の台座を回すと…




6655.jpg6657.jpg

体は左右に、両腕は前後にグルグル回転する!

ドロイドのボディ内に仕込まれたギアによって
発動する小気味好いギミック。 かなり楽しい。







                  対決!
6560.jpg
6589.jpg
26593.jpg
6664.jpg
6665.jpg
6605.jpg
6586.jpg





6591.jpg

ドロイドの弱点エックスマークを狙え!

セイバートゥースドロイドのボディに、此れ見よがしに
巨大なエックスマークがモールドされている。

これがこのトイのもう一つのギミックになっている。



sabertoothdroid 5666

エックスマークはボタンになっており、これを押すと
ロックが解除され支柱が縮むギミックを内蔵している。

これはドロイドが機能を停止した状態を再現した物。
即ちエックスマークのボタンを押す事でドロイドを倒した事を意味する。

大味に見えて、この様なシチュエーションを再現した
細かい配慮のギミックには感心させられる。



6604.jpg

ロボットファイターズはディスプレイモデルとしてはもちろん、
オモチャとしても遊びの幅が広い、双方を兼ね備えたシリーズだった。




6671.jpg

ロボットファイターズシリーズは、メインのキャラクターフィギュア以上に
こだわったギミックを搭載したロボットフィギュアが付属する、お得感溢れるシリーズでした。

他では見る事が少ない、特殊なスタイルのフィギュアだけでも満足ですが、
玩具としての対決遊びにも手を抜かない姿勢に拍手を贈りたい。

1パックで通常の何倍も楽しめる充実した仕上がりのトイでした。






6739.jpg

◆参考にならない比較◆





⇒ Xパワー ウルヴァリン







テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

コメント
すごいw 一枚目の写真で「出オチ!?」とか
無礼なことを思ってしまいましたが、
何気に遊べるギミック付きとは。

トイはファンやマニア向けであると同時に、
子供の“おもちゃ”でもあるんですよね~と
当たり前のことを再認識させられますね。
2010/07/10(土) 20:53:59 | URL | NT | [ 編集 ]
>NTさん
当時のTOYBIZは子供向けトイが前提でしたのでギミックは必ず付いてました。
笑っちゃう様なギミックは大人でも楽しい物ですよ。
このウルヴァリンの顔は子供向けとは思えませんがw

個人的にはこのウルヴァリンはハートに響く物があり、大のお気に入りです。
一般的には人気ないんでしょうね、皆にはこの顔のカッコ良さが分からないのかーw
TFで例えたら”ラートラータがカッコイイ”みたいな物なんですよー。
2010/07/12(月) 18:29:03 | URL | 付喪 | [ 編集 ]



URL

 
PASS
SECRET

Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog