十三非常階段
●トランスフォーマー ユナイトウォリアーズ  UW-05 サンストリーカー
TRANSFORMERS UNITE WARRIORS UW-05 SUNSTREAKER 4174

本来、単体のロボットとして活躍していたG1オートボット達が
合体戦士として設定されている『TFユナイトウォリアーズ』は興味深い物で、
その中でもコンボイグランドプライムに合体するチームは
非常に個性的な面白いメンバーで構成されている。

自己中心的で高飛車な態度が目立つサンストリーカーは、
合体チームには不向きな印象があるが、その実、常に最前線で戦い、
優れた戦闘技術と勇気を併せ持つ任務に忠実な戦士でもあるのだ。



トランスフォーマー ユナイトウォリアーズ UW-05 サンストリーカー 074  ◆ 名前 : サンストリーカー

  ◆グループ: サイバトロン

  ◆ 役割 : 戦士

  ◆ 変形 : スーパーカー

 
  ◆シリーズ: トランスフォーマー ユナイトウォリアーズ

  ◆ 発売 : 2016年2月27日

  ◆ 価格 : 15000円




TRANSFORMERS UNITE WARRIORS UW-05 CONVOY GRAND PRIME Package 2

パッケージ




TRANSFORMERS UNITE WARRIORS UW-05 SUNSTREAKER Lamborghini Style Supercar 228

ビークルモード

角張ったウェッジシェイプボディ、ミッドシップスタイル、大型リアウイング等、
G1サンストリーカーが変形したランボルギーニ・カウンタックの特徴を備えており、
TFユナイトウォリアーズ版は明確にカウンタックを意識したデザインのスーパーカーだ。

トランスフォーマーでイエローボディのカウンタックの代表格はサンストリーカーなので、
ユナイトウォリアーズ版はカウンタック風の型を選んでいる所が巧い。



TRANSFORMERS UNITE WARRIORS UW-05 SUNSTREAKER Lamborghini Style Supercar 231

リア

サンストリーカーはユナイトウォリアーズ(コンバイナーウォーズ)版ブレークダウン
リデコレーション版だが、企画段階でスタントロンだけではなく、サイバトロン戦士としても
流用する事を考慮していたと思われるデザインのカーモードである。

カーモードはブレークダウンと全く同型ながらも、カラーリングとボンネットにプリントされた
サイバトロンマークにより、サイバトロン・オートボット(車に変形するサイバトロン戦士)にしか
見えない所は、カーモードのデザインが優れている為と言えるだろう。



TRANSFORMERS UNITE WARRIORS UW-05 SUNSTREAKER Lamborghini Style Supercar 233

サイド

四つのタイヤは全て嵌め込み式だが、ジョイントは車体内側にあり、
外装はシルバー塗装されたホイールとなっている為、チープな印象は感じられない。

実車のカウンタックの様にフェンダーすれすれの位置にタイヤが嵌め込まれており、
架空の車種ながらもリアルさが感じられる優れたデザインである。

しかしタイヤが車体に接触する事は無く、転がし走行はスムーズに走らせる事が出来る。




TRANSFORMERS UNITE WARRIORS UW-05 SUNSTREAKER Lamborghini Style Supercar 144

初代サンストリーカーダイアクロン・カーロボットの初期に登場した
カウンタックLP500S スーパーチューニング』を流用したTFだった為、
カウンタックに変形する事が個性の一つとなっている。

サンストリーカーのリメイク版が全てランボルギーニ製スーパーカーに
変形する訳ではないが、スーパーカーである事は受け継がれている。

ユナイトウォリアーズ版ではカウンタック風スーパーカーというカーモードにより、
よりG1サンストリーカーに近い印象を与える事に成功している。




トランスフォーム!
TRANSFORMERS UNITE WARRIORS UW-05 SUNSTREAKER Transform




トランスフォーマー ユナイトウォリアーズ UW-05 サンストリーカー 061

ロボットモード

UWブレークダウン型のボディを使用したリデコ版だが、
成形色の変更とカラーリング、新規造形の頭部で
サンストリーカーらしさは充分に表現されている。

G1サンストリーカーのトイは、ダイアクロン・カーロボットの
初期アイテムという事もあり角張った武骨なスタイルであった為、
角張った印象のUWブレークダウン型のボディはマッチしている。



トランスフォーマー ユナイトウォリアーズ UW-05 サンストリーカー 067

リア

変形工程はG1版とは全く異なり、カーモードのフロントが
つま先に変形したG1版とは正反対にユナイトウォリアーズ版では
背中に背負うスタイルとなっており、背部のデザインは大幅に異なる。

既存のトイを流用しているリデコ版故に致し方ない面だが、
G1サンストリーカーに近づけようとするカラーリングは注目点の一つだ。




トランスフォーマー ユナイトウォリアーズ UW-05 コンボイグランドプライム セット サンストリーカー 127

海外版のコンバイナーウォーズ・サンストリーカーはレモンイエロー成形色であったが、
日本のユナイトウォリアーズ版は山吹色に近いオレンジイエローに変更されており、
塗装パターンもG1アニメ設定を取り入れた物になっている事が特徴。

肩を黒く塗装している所もG1アニメのデザインを意識した配色で、
肩から伸びる外装パーツはG1サンストリーカーの肩に備わっていたミサイルを思わせる。



TRANSFORMERS UNITE WARRIORS UW-05 SUNSTREAKER 100

胸部パネル中央の赤い塗装は、G1サンストリーカーの胸部に
配置されていたサイバトロンマークの赤色を意識した物で、
イエローボディに赤が入る事でサンストリーカーらしさが表現されている。

又、胸部パネル下部のメタリックブルーの塗装は、G1サンストリーカーの胸部に位置した
フロントガラスと車体側面のウィンドーの形状を模した塗り分けになっており、
海外のコンバイナーウォーズ版とは全く異なる塗装パターンに変更されている。



TRANSFORMERS UNITE WARRIORS UW-05 CONVOY GRAND PRIME SUNSTREAKER 109

G1サンストリーカーはカウンタックのフロントがつま先に変形する事が特徴であったが、
奇しくもユナイトウォリアーズ版も角度が付いた四角いつま先となっており、
カウンタックのフロントを思わせる形状の為、サンストリーカーらしさが引き立っている。

又、脚部の脛やつま先は黒く塗装されており、これもG1トイやアニメ設定と
同じカラーリングを採用してG1サンストリーカーの特徴を再現した物だ。



トランスフォーマー ユナイトウォリアーズ UW-05 サンストリーカー 191

UWブレークダウン型はカウンタック風のカーモードという事もあり、
サンストリーカーに相応しい素体と言えるが、ロボットモードの各部造形も
サンストリーカーを思わせる形状の箇所があるのが興味深い面だ。

当初からリデコ版で、サンストリーカーとして流用する事を
考慮していたのではないかと窺わせる造形である。




トランスフォーマー ユナイトウォリアーズ UW-05 コンボイグランドプライム セット サンストリーカー 108

首、肩、肘、股関節にボールジョイントが組み込まれ自由に動かす事が出来、
肘は上腕側に可動軸も備わっている二重関節なので深く折り曲げる事が可能。

腰と大腿部にロールを備え、膝とつま先にも可動軸がある。

カーモードのリアウイングが変形して踵パーツとなっている事で
接地性が良く、ポーズを付けても倒れ難い構造となっている。





トランスフォーマー ユナイトウォリアーズ UW-05 コンボイグランドプライム セット サンストリーカー 087

『サンストリーカーは、人間達が自分のロボットモード及びカーモードの姿に
注目する様になってから、地球で過ごす事を楽しむ様になった。

彼は勇敢で熟達した戦士であり、それまで見た事も無い様な
美しく輝くメタルボディで覆われたロボットである。』



トランスフォーマー ユナイトウォリアーズ UW-05 コンボイグランドプライム サンストリーカー 097

サンストリーカーと同じく派手なスタイルを持つ唯一の
セイバートロニアンは、彼の双子の兄弟のランボルだ。

黄色のサンストリーカーと赤のランボルという特徴の他に
彼等を見分ける簡単な方法がある。

サンストリーカーはこう答える。「ハンサムな方が俺だ」と。』




TRANSFORMERS UNITE WARRIORS UW-05 SUNSTREAKER 188

『硬いポリマースチールのボディーは、
大砲で撃たれても大丈夫。

地球人を信用していない様な所もあるが、
戦士としては超一流だ。』





TRANSFORMERS UNITE WARRIORS UW-05 SUNSTREAKER Cyber Machete 118

サイバーマチェーテ

マチェーテとは中南米で使われる刃渡りが長い大型の「」の事。
名称はスペイン語由来で、マテェテ、マシェット等とも呼ばれる。

海外のコンバイナーウォーズ版サンストリーカーに記載された武器名称を
引用した物で、海外版設定では『極度に磨かれた』という一文があり、
ボディと同じく武器までも輝かせようとするサンストリーカーの性格が表れている。



TRANSFORMERS UNITE WARRIORS UW-05 SUNSTREAKER Cyber Machete Rifle 113

ライフル

サイバーマチェーテを横向きに保持させる事で、
銃身の長いライフル型の銃器としても扱う事が出来る。

G1サンストリーカーは『鉈』を武器にした事はないので、
こちらのライフルの方がキャラクター性に合っている。




TRANSFORMERS UNITE WARRIORS UW-05 SUNSTREAKER High-Yield Electron Pulse Cannon 122

高出力電子パルス砲

『1秒間に300回の爆発を生じさせる事が出来るキャノン砲。』


海外版設定では、こちらのキャノン砲もサイバーマチェーテと同様に
磨き上げられている事になっており、サンストリーカーの拘りが感じられる設定である。




TRANSFORMERS UNITE WARRIORS UW-05 SUNSTREAKER Supercar Attack Mode 150

合体形態のコンボイグランドプライムの手足に変形するキャノン砲は、
カーモードではルーフにセットして武装強化する事が出来る。

サイバーマチェーテはカーモード側面のドアに設けられたスリットに
ジョイントを差し込んで固定する事が可能で、これは両サイド共に有効。



TRANSFORMERS UNITE WARRIORS UW-05 SUNSTREAKER High-Yield Electron Pulse Cannon Car Mode

キャノン砲をセットする際は、車体後部のウイングに設けられた四角いジョイントに
合体モードで親指になるパーツの内側に備わっている突起を差し込んで固定する。

UWブレークダウンではCWデッドエンドと同型のキャノン砲に変更されていた為、
車体後部のジョイントを使用するタイプのキャノン砲は、日本では
UWサンストリーカーが初となり、日本版でもこの型の武器が採用された事が嬉しい。



TRANSFORMERS UNITE WARRIORS UW-05 SUNSTREAKER High-Yield Electron Pulse Cannon Car Mode 2

キャノン砲を裏返して、5ミリジョイントをルーフの穴に差し込んで取り付ける事も出来、
サンストリーカーのキャノン砲のセット方法は二通りある事が分かる。

親指パーツを車体リアにセットする方法では、キャノン砲にモールドされたエンジン部分が
上面に露出する為、スーパーチャージャーを取り付けたスーパーカーの様な姿となり、
G1サンストリーカーの電子推進ブースターを再現している事が確認出来る。




TRANSFORMERS UNITE WARRIORS UW-05 SUNSTREAKER High-Yield Electron Pulse Cannon Robot Mode 165

キャノン砲は親指部分を折り曲げて背中にセットする事が出来る。

これによりG1サンストリーカーと同じく背中にエアインテークを
背負っているスタイルを再現する事が可能となり、
よりG1サンストリーカーらしさが強くなる。



TRANSFORMERS UNITE WARRIORS UW-05 SUNSTREAKER High-Yield Electron Pulse Cannon Robot Mode 2

親指を折り畳む設置方法では、キャノン砲側面の溝を使用して
カーモードフロントパーツに取り付けている事が分かる。

親指パーツはそのままで5ミリジョイントを丸い穴に差し込んで
設置する事も出来るので、ロボットモードでも二通りの取り付け方がある。



TRANSFORMERS UNITE WARRIORS UW-05 SUNSTREAKER High-Yield Electron Pulse Cannon Robot Mode 3

横から見ると、設置方法によってキャン砲本体が
背中に密着するか否かの違いがよく分かる。

親指パーツが後ろに突き出るかボンネットに収まるかの違いも
はっきりと現れるので、各人の好みで使い分けると良いだろう。






トランスフォーマー ユナイトウォリアーズ UW-05 コンボイグランドプライム ユナイトウォリアーズ・オフショット 205

ユナイトウォリアーズ オフショット(拡大可能)

「サーフィン」というキーワードは、G1アニメ『戦え!超ロボット生命体 トランスフォーマー』の
第68話「破滅の日 Part-3」で、サイバトロン戦士がサーフィンの要領で
津波に乗るシーンからの引用だが、その作戦に参加していなかった
サンストリーカーリジェがサーフィンの特訓をしていない所が、
ユナイトウォリアーズのイラストとG1アニメのつじつまが合っていて面白い。

サンストリーカーの傍らに居る女性は、『TFバイナルテック アスタリスク』で
サンストリーカーのパートナーであった白神ジュンコで、
他にも様々なTFシリーズの人間キャラクターが描かれている。




TFユナイトウォリアーズ UW-05 コンボイグランドプライム ユナイトウォリアーズ・オフショット サンストリーカー 207

人間のゲストキャラばかりが目に留まるイラストだが、ここで注目したいのは、
サンストリーカーが左腕の肘に油を注している描写である。

これはG1アニメ第5話「メガトロンの帰還」に於いて、メガトロンによる
反物質キューブ攻撃の爆発で大ダメージを負ったサンストリーカーが、
リペア要員のラチェットに「関節のベアリングがイカレちまってるよ。」と
左肘を押さえながら負傷箇所を報告するシーンを意識した物だ。

サーフィンなどより自分のボディのメンテナンスに気を使っている所も、
サンストリーカーの性格が巧く表現されており、非常にマニアックなイラストである。





TRANSFORMERS UNITE WARRIORS UW-05 CONVOY GRAND PRIME SUNSTREAKER 092

サンストリーカーはトランスフォーマー創成期から
サイバトロン戦士の一人として登場しているキャラクターであり、
同じくサイバトロン戦士のランボルとは双子の兄弟の関係。

戦闘時にはランボルと共に先制攻撃を仕掛ける好戦的な戦士で、
兄弟ならではの息の合ったコンビネーション戦法でデストロンを翻弄する。



TRANSFORMERS UNITE WARRIORS UW-05 SUNSTREAKER 213

肉弾戦、銃撃戦共に戦闘力を発揮し、常に最前線で戦うサンストリーカーだが、
自身のスタイルを甚く気に入っているナルシストでもある為、戦闘で傷付く事を極端に嫌う。

しかし負傷を恐れて戦闘を避ける様な事は全く無い恐れ知らずの戦士の為、
ボディは美しさを保っていたいが、戦士である以上、戦いで生じるダメージは
避けられないという、ジレンマとも常に戦っているキャラクターである。




TRANSFORMERS UNITE WARRIORS UW-05 SUNSTREAKER with Weapons 215

修理している最中のラチェットに注文を付けるほど自己中心的な性格の持ち主だが、
自信家であり目立ちたがり屋でもあるサンストリーカーは、ホイストにハリウッド映画出演の話が
舞い込んだ際は率先して自分をアピールしたり、カーレースのチャリティーショーでは
カーモードで大ジャンプを披露する等、人間味溢れるユニークな一面も持ち合わせている。



TRANSFORMERS UNITE WARRIORS UW-05 CONVOY GRAND PRIME Set  SUNSTREAKER 194

地球人に対しては下等な生命体と揶揄し、信頼出来ないと口にする事もあるが、
それはマスコミを利用したメガトロンの策略に容易く乗せられてしまう
単純な思考の人間が大多数であった為なので、サンストリーカーの意見は正しい。

しかしサイバトロンの危機を救った少年のチップに対しては、
抱え上げて「君はヒーローだ!」と称賛しているシーンも描かれているので、
サンストリーカーが全ての人間を毛嫌いしている訳ではない。




TRANSFORMERS UNITE WARRIORS UW-05 SUNSTREAKER 085

スタントロンと同型のボディながらも、実はサンストリーカー
意識している造形の箇所も多いという意外性があるTFトイである。

カウンタック風のカーモードやスーパーチャージャーを模したキャノン砲、
肩や胸、つま先の形状もサンストリーカーとしても通用する様に
デザインしている細かな配慮には驚くばかりである。

合体ロボットという制約があり、尚且つブレークダウンと共通した型にも拘らず、
サンストリーカーらしさを最大限に表現している、アイディアが光るリデコ版であった。








TRANSFORMERS UNITE WARRIORS CAR ROBOT 4105

◆参考にならない比較◆





⇒ TFバイナルテックアスタリスク BTA-02 サンストリーカー   `
⇒ TFロボットヒーローズ サンストリーカー            `

⇒ トランスフォーマーG1 04 ランボル              `
⇒ 変形!ヘンケイ!トランスフォーマー C-09 ランボル      `


⇒ トランスフォーマー ユナイトウォリアーズ UW-05 アイアンハイド
⇒ トランスフォーマー ユナイトウォリアーズ UW-05 リジェ    `







テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

コメント
合体用手足を武器にするというアイディアは面白いものの、それでも余剰パーツ感はありました。
その点、サンストリーカーは電子推進ブースターとして違和感なく装着できるのがいいですね。

左腕のメンテナンスの元ネタもあったのかあ。
サンストリーカーの性格的に違和感なかったので、調べもしませんでした。
今回のオフショットはネタの宝庫ですねえ。
2016/03/18(金) 22:38:29 | URL | れっど あらあと | [ 編集 ]
>れっど あらあとさん
この型の合体パーツは電子推進ブースターを明確に意識した形状の武器ですよね、
サンストリーカーのロボット、ビークルモード共に取り付けて違和感が無いのは嬉しい所です。

UW-05のユナイトウォリアーズオフショットは、G1ネタだけではなく
最近のシリーズ(キスぷれ等は最近と思ってしまう)も取り入れていて
新旧のファンが楽しめて良いですね、細かなネタには感心する事しきりです。
他にもトイの開封時に色々と気付いたのですが、各所で先を越されてしまったので割愛しました(笑)
2016/03/19(土) 20:14:50 | URL | 付喪 | [ 編集 ]



URL

 
PASS
SECRET

Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog