十三非常階段
●ミクロマン  マグネパワーズ アミューズメント限定版 ミクロマン ウォルト
MICROMAN MAGNE POWERS Amusement Prize Exclusive MICROMAN WALT 426

ミクロマン・マグネパワーズは数多くのバリエーションが存在し,
特にアニメやコミックスで主役となったチームの5人は
カラーバリエーションやリデコレーション版が数多く製作された。

アミューズメント施設専用のプライズ版ミクロマンもその一つであり、
景品としても通用するマグネパワーズの汎用性の高さを示した。

更にミクロマン・マグネパワーズの優れた点を挙げるとすれば、十数年以上という
長期間経た後に当時と変わらぬ遊び方をしても、何ら問題は無い事である。



ミクロマン マグネパワーズ アミューズメント版 ミクロマンウォルト 484

  ◆ 名前 : オリジナルカラーミクロマン
         ミクロマン ウォルト

  ◆グループ: マグネパワーズ 


  ◆シリーズ: 小さな巨人 ミクロマン

  ◆ 発売 : 1999年

  ◆ 価格 : 非売品(プライズ)




MICROMAN MAGNE POWERS Amusement Prize Exclusive MICROMAN WALT Package

パッケージ




ミクロマン マグネパワーズ アミューズメント版 ミクロマンウォルト 4411  ミクロマン マグネパワーズ アミューズメント版 ミクロマンウォルト 4413

元々、マグネパワーズの中では青いミクロマン』のウォルトだけに、
青と白のツートンカラーのプライズ版も受ける印象は然程変わらない。

これは無彩色である白を無色と感じてしまい、青が引き立っているからであろう。

前腕と膝下の脚部が青い成形色で構成され、
白成形色のボディの胸部と腰に青い塗装が施されている。




MICROMAN MAGNE POWERS Amusement Arcade Prize MICROMAN WALT 446

頭部の銀メッキ、胸部の金メッキに加え、ブレスレットマグネアーム
ゴールド塗装されている所は、他のマグネパワーズ・フィギュアと同仕様。

ボディ各部を構成するパーツの成形色や塗装の色は変わっても、
メッキやゴールド塗装という共通した特徴を残す事ににより、
マグネパワーズとしての統一感が生み出されている。




MICROMAN MAGNE POWERS Amusement Prize Exclusive MICROMAN WALT 490

平成ミクロマンシリーズで中心となるミクロマン・マグネパワーズ5人は、
メンバーそれぞれが宇宙の別々の場所で活躍していた為、
旧知の仲という訳ではなく、地球を護る為に集められた精鋭チームである。

大幅な年齢差があったり、各人の経歴も様々だが、
全員がトップクラスの実力を備えた選抜されたミクロマン達だ。



MICROMAN MAGNE POWERS Amusement Arcade Prize MICROMAN WALT 443

ウォルトはマゼラン星雲で戦っていたミクロマンで、
水を操る特殊能力と拳法を基本とする格闘術を得意とする戦士だ。

マグネパワーズはリーダーのアーサーを始め、
生真面目なメンバーばかりなので、陽気で楽観主義者のウォルトは
場を和ませるチームのムードメーカーであり、
戦力だけではなく精神面でもチームに貢献している人物だ。





MICROMAN MAGNE POWERS Amusement Arcade Prize MICROMAN WALT 431

トイのミクロマン・マグネパワーズは、後の2000年代以降も継続する事となる
多くの可動箇所を備えたミクロマンフィギュアの基本となったシリーズだ。

通常のミクロマンは全高約10cmだが、マグネパワーズは8cmと小柄に設計されている。
それでも全身には可動を組み込んでおり、ポーズ付けには充分な可動を備えている。

マグネパワーズの可動箇所は、首と二の腕の回転、肩の前後左右の可動、
右肘と膝の可動軸に加え、股関節はボールジョイントで自在に動かす事が出来る。



ミクロマン マグネパワーズ アミューズメント限定版 ミクロマンウォルト 418

後年のミクロフォースマスターフォース等のミクロマンフィギュアは全身30箇所が
フル可動するという、小サイズ可動フィギュアとしては驚異の仕様となった為、
それ等に比べるとマグネパワーズの可動箇所は少なく感じるかもしれない。

しかし2003年以降のミクロマンは可動箇所を極限まで増加した物の、
各パーツが細かく造られている為に関節部が破損し易いという弊害も起こっている。



MICROMAN MAGNE POWERS Amusement Prize Exclusive MICROMAN WALT 432

その点、マグネパワーズは堅実な造りと全身可動を両立しており、
多少乱暴に扱っても折れたり割れたりする事は
ほとんど無いという頑丈さが長所の可動フィギュアだ。

低年齢の児童が遊ぶ事を前提としてる為、壊れ難さに重点を置いており、
長期間経過しても経年劣化で自壊する様な事が無いのは驚きである。



ミクロマン マグネパワーズ アミューズメント版 ミクロマンウォルト & ミクロマンイザム 478

ノーマルのマグネパワーズはボディの大部分がクリア成形で造られているが、
それでも割れ易いという事は無く、気負わずに遊べる所がメリットだ。

基本となった初期タイプのマグネパワーズの方が、後年登場した可動を重視した
ミクロマンフィギュアよりも長く楽しむ事が出来るというのは皮肉だが、
それだけマグネパワーズが優れているという証明でもあるのだ。






通常版ミクロマン ウォルトとの比較◆
ミクロマン マグネパワーズ 通常版・ミクロマンウォルト & プライズ限定版 ウォルト 509

フロント

双方共に「ブルー」のイメージが濃厚だが、
プライズ版は白い部分も多い事が見て取れる。

通常版ウォルトは濃淡が異なるブルーで纏められているが、
プライズ版は青と白の2色構成で独自性を確立している。



ミクロマン マグネパワーズ 通常版・ミクロマンウォルト & プライズ限定版 ウォルト513

リア

マグネパワーズの限定カラーバリエーションは
景品用のアミューズメント限定版だけではなく、
販売促進用の非売品マグネパワーズも製作されている。

アーサーカークキースのクリアバージョンが存在し、
1999年の春から夏に掛けて販促アイテムとして各ショップで配布された。





MICROMAN MAGNE POWERS Amusement Arcade Prize MICROMAN WALT 494

アニメ劇中に於いてマグネパワーを使って戦うミクロマンだが、
実際のフィギュアにもマグネットが組み込まれているので、
磁石を利用した遊びを行える事が特徴の一つである。

全身四ヶ所に磁石を内蔵しているミクロマン故に、
マグネパワーズ』の名に相応しい仕様のフィギュアだ。



ミクロマン マグネパワーズ プライズ版 ミクロマンウォルト 超磁力マグネット 404

胸部、左腕、両足の裏に埋め込まれた磁石を駆使する事で、
様々な遊び方が生み出せるのもマグネパワーズならでは。

写真の様に左腕のマグネットに乾電池を取り付ける事も可能で、
背景紙の下の床面に鉄板を敷く事で安定性が増す。



ミクロマン マグネパワーズ プライズ版 ミクロマンウォルト & PEPSI・スターウォーズ・マグネット 397

胸部の磁石も同様に、鉄製の物や磁石を密着させる事が出来る。

ウォルトのボディに貼り付いているのは、ペプシコーラの
オマケ特典として製作されたスターウォーズ・マグネット
表面はホログラムステッカーが貼付されており、
裏面には円盤状の磁石が取り付けられている。

ミクロマンより多少重い物でも磁力により保持できる為、
様々な物を取り付けて遊べるプレイバリューの高いフィギュアである。



ミクロマン マグネパワーズ プライズ版 ミクロマンウォルト & チェンジトルーパーズ・トマホーク 465

又、別売りのミクロマントイとの連動も考慮されており、
チェンジトルーパーズミクロマンマシンに搭乗させる事も可能。

チェンジトルーパーズのマシンモードにはミクロマン用のグリップが
設けられているので、ミクロマンの右手にグリップを握らせる事が出来る。

アイテムの増加で遊びの幅が広がる所が、ミクロマンシリーズの伝統である。





昭和ミクロマン M112 バーンズ & 平成ミクロマン プライズ版ウォルト 2

ウォルト他のプライズ版マグネパワーズと同様に、
1975年に登場したM111シリーズをモチーフにしている。

ウォルトは白と青が半々ぐらいの配分なので少々イメージが異なるが、
白いミクロマンのM112 バーンズをモチーフにしており、
白い成形色のボディ、肩、大腿部や、腰と脛の青が共通している。




MICROMAN MAGNE POWERS Amusement Arcade Prize MICROMAN WALT 475

玩具コレクターにとって経年劣化は最も頭を悩ます問題の一つで、
主な材質がプラスティックであるが故に、保管しているだけで
変色していたり割れてしまっているトイを発見した時は深い悲しみに包まれる。

通年、室温と湿度を最適の状態に保てる博物館の様な環境を用意する事は
不可能なので、経年劣化し難いアイテムは非常に有難い物なのだ。

発売時にはどの様なトイでも劣化し易いか否かは判断出来ないのだが、
ミクロマン マグネパワーズは長期間保存にも耐える
優れたアイテムという事が証明されたと言えよう。







MICROMAN MAGNE POWERS 453

◆参考にならない比較◆





⇒ 003 マグネパワーズ ミクロマン ウォルト   `


⇒ アミューズメント限定版 ミクロマン エジソン  `
⇒ アミューズメント限定版 ミクロマン オーディーン

⇒ 002 マグネパワーズ ミクロマン イザム    `
⇒ 004 マグネパワーズ ミクロマン エジソン   `
⇒ 005 マグネパワーズ ミクロマン オーディーン `







テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog