十三非常階段
●トランスフォーマー スーパーリンク  SD-16 クロムホーン
Imgp0428.jpg

ベーシッククラス(スカウトクラス)のトイは取り分け扱い易いです。
10cm前後のサイズは手に馴染み、そこそこの変形難度でストレスを感じる事もありません。

TFマイクロン伝説』ではベーシッククラスのトイはマイクロン3体セット
差し替えられていたので、ベーシックサイズのTFが発売されませんでした。

ベーシッククラスは一般的なラインでは2000年の『TFカーロボット』以来、
2004年の『TFスーパーリンク』で久し振りに投入され、期待に拍車が掛かりました。



Imgp0419.jpg  ◆ 名前 : クロムホーン

  ◆グループ: テラーコン

  ◆ 役割 : 工作員

  ◆ 変形 : メカビートル

 
  ◆シリーズ: トランスフォーマー スーパーリンク

  ◆ 発売 : 2004年6月上旬

  ◆ 価格 : 980円




chromhorn package 5

パッケージ




Imgp0392.jpg

ビーストモード

メカニカルなカブトムシに変形。

丸みを帯びた密度の高いボディや太い脚等のアレンジで力強さが表れている。
頭部付近の二本の前脚はボールジョイントにより可動する。



Imgp0393.jpg

リア

カブトムシに変形するTFは数十年の歴史を誇るTFシリーズを鑑みれば
意外に少なく、リペイントを除くと2010年の時点で4タイプしか居ない。


・1985年:ボンブシェル → リペイント・2004年:サルボー           `
・1985年:バラージ                             `
・1997年:ラムホーン  → リペイント・1998年:モーターアーム        `
                   ・2007年:モーターアーム・テレもちゃ版 `
・2004年:クロムホーン → リペイント・2004年:クロムホーン・フォレストタイプ




Imgp0406.jpg

頭部にエネルゴンウェポンを装着すると世界最大のカブトムシ、
ヘラクレスオオカブトの様なシルエットになる。

一体で二種類のカブトムシを再現出来るアイディアは秀逸。




トランスフォーム!
chromhorn transform7




Imgp0418.jpg

ロボットモード

太い腕、極端な逆三角形の体型により力強さが表れており、
力自慢のカブトムシのイメージに合致する。

角が頭部に位置している所は歴代のカブトムシTFに共通する。

ダークグリーンとイエローの体色は、
DXインセクトロンのバラージへのオマージュとも受け取れる。



Imgp0424.jpg

リア

ビーストウォーズ期には昆虫の脚の処理は
体にそのまま生えている者
が多かったが、
クロムホーンは6本の脚の内4本がロボットモードの脚部に
変形しているので、すっきりとした体型に纏められている。




Imgp0439.jpg

『敏感な嗅覚能力で、地中深くからでも
エネルゴンの反応を感知し、吸い取ってしまう。

森林での戦いに長けており、頭の先端に備えている
エナジートルネードで、深い闇から相手の急所を狙っている。』




Terrorcon Chromhorn MGP0436

テックスペック

・パワー  : 8
・知力   : 5
・スピード : 5
・耐久力  : 9
・地位   : 5
・勇気   : 7
・火力   : 4
・テクニック: 5




Imgp0430.jpg

ホーンスピア

四方に刃が備わった野蛮な武器は、
野獣戦士であるテラーコンによく似合う。



Imgp0432.jpg

ホーンショット

ガトリング砲の様な形状の武器。
四つの銃身があるパーツは手動で回転可能。



Imgp0434.jpg

エナジートルネード

二つの武器を合体させると完成する、
ドリルとレーザー砲が組み合わさった様な武器。

スーパーリンクシリーズでは販促用配布品にエネルゴンウェポンの
特色カラー版が多数造られたが、クロムホーン
コマンドジャガーエリアルの武器は採用されなかった。





Imgp0435.jpg

アニメ劇中に登場したテラーコンの中では最後発で、
他のテラーコンが早い段階で登場していたにも拘らず、
クロムホーンは物語の中盤で登場し、その後しばらく出番が無く、
終盤辺りでいつのまにか現れていたという様な扱いだった。



Imgp0405.jpg

セイバートロン星の神秘のエネルギー、スーパーエネルゴンを浴びた
クロムホーン達は巨大化、更に制御を失い暴走した。

この時がクロムホーンの一番の見せ場であった様に感じる。
全体的にかなり出番が少なかったキャラクターである。



Imgp0442.jpg

昆虫モードでの活躍が記憶に残るクロムホーンだが、
劇中には一応ロボットモードでも登場している。

クロムホーンが群がり、その他大勢的なシーンに
ロボットモードのクロムホーンの姿も見られた。



Imgp0443.jpg

主人であるメガザラックが傷付き倒れた際には
エネルゴンスターを与えて助けた事もあり、
命令に従うだけの意思の無いドローンではない一面も覗かせた。




Imgp0433.jpg

海外名:インセクティコン

トイ本体の違いは無く、エネルゴンウェポン及びエネルゴンスターが
日本版はグリーン、海外版はイエローとなっている。

アニメやコミックでは肩に位置しているカブトムシの脚を
キャノン砲として使用し、弾を発射する描写も見られた。




Imgp0437.jpg

テラーコンの中では恐竜タイプのダイノボットよりも
パワータイプ見えるスタイルのクロムホーン

その体型に見合った大胆なパーツ構成ながら、
最小限の可動で様々なポーズを再現出来たり、
エネルゴンウェポン装備による2タイプのビーストモード等、
サイズの割にはよく考えられているアイテムでした。






Imgp0444.jpg

⇒ ◆参考にならない比較◆





⇒ テラーコン SD-06 コマンドジャガー
⇒ テラーコン SD-08 シャドウホーク `
⇒ テラーコン SD-12 ダイノボット  `







テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

コメント
 確かに、終盤になっていきなり輝きだしたテラーコンだったと記憶しています。
 エナジートルネードはマイクロンジョイントの位置が少々独特で、大型TFに携帯させるのがやや難しいのが少し残念。手持ちドリルとか発想は面白いんですが。
2010/07/22(木) 20:49:11 | URL | Ichi | [ 編集 ]
こちらでははじめまして。すとれーとと申します。
インセクティコン、昆虫からの変形にもかかわらず昆虫の足をうまく処理してスッキリとしたスタイルになっているのがいいですね!
手足が太いのも、昆虫の王であるカブトムシからの変形なだけはある力強さを感じさせてくれます。

よろしければ相互リンクをお願いしてもよいでしょうか?
よろしくお願いします。
2010/07/22(木) 22:33:47 | URL | すとれーと | [ 編集 ]
やはり子供にはカブトムシは大人気!
・・・というのはアメリカでは通用しないと、どこかで聞いた覚えが・・・
日本では人気の高いカブトムシが、TFで少ないのにはそういう理由がありそうです。
デストロン(ディセプティコン)ばっかりですしね。

エネルゴンウェポンを装備すると、ヘラクレスオオカブトになるギミックは素晴らしいアイディアだと思います。
2010/07/23(金) 00:43:47 | URL | れっど あらあと | [ 編集 ]
こんばんわ、はじめましてraigerです。
小型のテラーコンですけど、これはデラックスクラスとして設計されたとしか思えない出来ですね。まぁ、同じ小型サイズのオムニコンの最後発がアーシー/エリアルだったことを考えると、同じG1キャラ名を持つキャラとして、気合を入れて、設計されたものなのでしょうけど。
これの限定版も出ていますけど、その限定版のほうがよく見かけます。むしろ通常が見かけない。色のせいだなぁ。 
2010/07/23(金) 03:34:51 | URL | raiger | [ 編集 ]
なんという偶然!
以前他のアイテムのついでに海外から買ったけど開封してなかった中古のこいつを、ちょうどこちらを拝見する5分ほど前に開けて変形させていたところでした。
(一瞬、自分が無意識にググって過去ログに行き着いたのかと思ってしまいました)

「カブトムシはTFの定番だなー」と思っていたのですが、意外と少ないですね。
いや、何度もTF化される虫自体が少ないとも言えるのかな?

初めて触りましたが、レンガでできたような体躯が独特で面白い。

ドリルはギアで大きいTFと連動するのかと思ったら違うんですね。

劇中では量産型なんでしたっけ。
私はユニクロン三部作はアニメもほとんど見てなくて(エネルゴンスターの位置づけもよくわかりません)、デザインの気に入った玩具をいくつか買うだけでした。キャンペーンなどもまったくチェックしてなかったので、こちらの記述はいろいろと勉強になります。

ガルバトロンG→ダイノボットの順で買ったので、同じウェポンがついてきて「あれっ?」と思いました。
ガルバトロンGの際、同じ金型だったと思われるダイノボットの手足は捨てられたんでしょうかね?
2010/07/23(金) 05:08:43 | URL | tf-tf | [ 編集 ]
>Ichi さん
テラーコンはストーリーの最初から最後までコマンドジャガーとシャドウホークが中心でしたね。
台詞が無いキャラだけにクロムホーンは一層目立たなくなってしまった。

SLアニメではマイクロンジョイントの存在が発揮されてなかったのが残念ですが、
トイには一応付いていて過去アイテムと絡ませられる所が良かったです。

そう言えばTFではドリル武器って少ないですよね、海外じゃあまりウケないらしいのですが…。
日本のロボット物だと必ず出てきますよねー、グレンラガンみたいなのはTFじゃ出来ないでしょうが、キライじゃないですよー(^^)
2010/07/23(金) 17:53:54 | URL | つくも | [ 編集 ]
>すとれーとさん
どうも、いらっしゃいませ!

昆虫系TFの脚の処理は開発側にとって課題なんでしょうね。
BWではそのままが多かったですが、BMブラックアラクニアは巧く組み合わせているなぁ、と感心しました。
あのアイディアはある意味クロムホーンに生かされてると思います。

それと、相互リンクありがとうございます!
もちろん大歓迎ですよー、早速リンクを貼らせてもらいました(^^)
今後共、宜しくお願いします。
2010/07/23(金) 18:15:26 | URL | つくも | [ 編集 ]
>れっど あらあとさん
れっど あらあとさんが仰る通り、海外じゃカブトムシは只の虫みたいですよ。
その事をモーターアームの記事で書いてるで、良かったら見てくださいねw(リンクは上から5枚目の写真のトコの青文字です。)
昆虫TFは悪者ばっかですし、ムシキングみたいなのは日本独自の感覚なんでしょうねー。

ヘラクレスオオカブトも日本じゃ有名ですが、海外では子供達は実物のモチーフが居るとは気付かずに
このクロムホーンを見ても、ドリル虫とか思ってるかもしれませんねw
2010/07/23(金) 18:28:18 | URL | つくも | [ 編集 ]
>raigerさん
はじめまして、そしていらっしゃいませ!

クロムホーンは他のテラーコンやオムニコンと比べると少しボリュームがある感じがしますね。
仰る通りエリアルもバイクTFとしては新境地の変形でしたし、クロムホーンも
最後のテラーコンだったんで、共に開発に気合が入っていたのかもしれませんね。

>むしろ通常が見かけない

そうなんですよね、ダイノボット・マグマタイプもそうでしたがフォレストタイプと共に売れ残ってましたよね。
一時オクではノーマル版の方にプレ値が付いてましたし、”限定”って付けても売れない物ってあるんですねーw
2010/07/23(金) 18:40:40 | URL | つくも | [ 編集 ]
>tf-tfさん
海外版をお持ちですか、羨ましい!
当時は結構欲しかったんですよ、色違いのエネルゴンウェポン目当てで。
テラーコンはビーコンみたいな戦闘員TFなんで何体居ても困らない、って思ってましたw

やっぱり虫系は悪者扱いなんで人気無いのかもしれませんねー。
何度もTFになってる虫ってサソリですし、やっぱり悪者。あ、ピンチャーはイイモノですねw

三部作は今見直すと結構面白いですよ、私はマイクロン伝説がお気に入りです(^^)
中古DVDをまとめてGETですよ、ギャラクシーフォース以外は結構残ってそうです。

>こちらの記述はいろいろと勉強に

ありがとうございます、少しでもお役に立っているなら私も嬉しいです。

>ダイノボットの手足

ん~、余分に造って捨てるとか勿体無い事はしないと思いますが、
金型はウェポンの所だけ残して、他のパーツの所は何かで埋めて生産したとか…。
普段ガンプラとかのランナーとか意識してないんで、よく分かりません(^^;
2010/07/23(金) 19:00:01 | URL | つくも | [ 編集 ]



URL

 
PASS
SECRET

Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog