十三非常階段
●トランスフォーマー マイクロンブースター  Ver.3 8 プライヤー
TRANSFORMERS MICRON BOOSTER Ver.3 8 PLIER 879

小型トランスフォーマー・マイクロンをフィーチャーしたシリーズの
トランスフォーマー マイクロン伝説』では大量のマイクロンが登場したが、
その後のシリーズではリカラー版が多くを占め、新作マイクロンが
製作される事は稀なケースという状況が続いていた。

新規型のマイクロンの登場はマイクロン・コレクターにとって朗報であり、
その新型マイクロンのリカラー版を早くも導入したマイクロンブースターVer.3
ファンの心を掴み、人気アイテムとなる事は必然であった。




トランスフォーマー マイクロンブースター Ver.3 8 プライヤー 801

  ◆ 名前 : プライヤー

  ◆グループ: マイクロン

  ◆ 変形 : ピックアップトラック





TRANSFORMERS MICRON BOOSTER Ver.3 Package

◆シリーズ: マイクロンブースター

◆ 発売 : 2005年3月中旬   `

◆ 価格 : 300円       `




TRANSFORMERS MICRON BOOSTER Ver.3 8 PLIER 4WD Pickup Truck 832

ビークルモード

ピックアップトラック型の4WDカーがモチーフ。

ボディ全体は黒い成形色で構成され、
ヘッドライトとバンパー、ルーフの投光器はシルバーに、
各ウィンドーは赤紫で塗装が施されており、
独特な組み合わせのカラーリングが目を引く。



TRANSFORMERS MICRON BOOSTER Ver.3 8 PLIER 4WD Pickup Truck 834

リア

4WDカーに相応しく凹凸のあるオフロードタイヤが
取り付けられており、車体後部にはバンパーやテールランプ、
マフラーに加え給油口まで造形している細かさが見事だ。

カーモードではマイクロンのシンボルマークが
運転席の後ろ側に配置されるという、デザイン面と
変形機構の巧さを両立しているマイクロンだ。




TRANSFORMERS MICRON BOOSTER Ver.3 8 PLIER Pickup Truck 4WD Vehicle  842

極小サイズのマイクロンながらも、
省略せずに荷台内部も造り込まれている。

ロボット腕部に当たるパーツを兼ねているが、
荷台として深さがある造形を実現している事が見て取れる。



TRANSFORMERS MICRON BOOSTER Ver.3 8 PLIER Pickup Truck 4WD Vehicle  849

トランスフォーマーで黒いピックアップトラックと言えば、
ムービーシリーズアイアンハイドが想起されるが、
マイクロン・プライヤーの発売は実写映画以前の2005年なので、
ムービー・アイアンハイドとの関連性は全く無い。

長期シリーズのトランスフォーマーでは、意図していなくても
変形モチーフやカラーリングが類似したアイテムが存在するという好例だろう。




トランスフォーム!
TRANSFORMERS MICRON BOOSTER Ver.3 8 PLIER Transform

首と上半身を後ろ側に90°折り曲げて車体中央に収納しているという、
意外性のある変形機構が組み込まれている。

この様な捻りの利いた面白味のある変形は、後に登場する事になる
TFクラシックスシリーズミニコンに通じる物があり、その片鱗を垣間見せている。




トランスフォーマー マイクロンブースター Ver.3 8 プライヤー 785

ロボットモード

カーモードのリア部と荷台が変化した腕部と
フロント部が変形した脚部が太く、ロボット頭部が
小さいのでマッシブな体型が特徴のマイクロンだ。

胸部には立体的にモールドされたマイクロンマークが
配置され、塗装も施されている細かさが見事だ。



トランスフォーマー マイクロンブースター Ver.3 8 プライヤー 792

リア

背面には塗装箇所が無く、ボディを構成する成形色も
黒とグレーなのでシンプルな印象となっている。

明確な踵パーツは造形されていないが、カーモードの
外装部分が踵を兼ねているので自立する事に問題は無い。




TRANSFORMERS MICRON BOOSTER Ver.3 8 PLIER 804

肩が外側に開き、肘、股関節、膝に回転軸が設けられている。
又、変形機構を利用すると、首と腰は上方に向ける事が可能。

少ないパーツ構成のマイクロン故に、変形の際の可動と
ロボットモードの腕や脚の関節を併用している設計が巧い。




トランスフォーマー マイクロンブースター Ver.3 プライヤー 821

マイクロンは『トランスフォーマー マイクロン伝説』で初登場し、
同シリーズに於いてパートナーマイクロン
3体チームマイクロンが大量に製作された。

しかしながら、続く『トランスフォーマー スーパーリンク』及び
トランスフォーマー ギャラクシーフォース』では、
新規開発のマイクロンは数える程に激減してしまった。



トランスフォーマー マイクロンブースター Ver.3 8 プライヤー 814

マイクロン伝説大型TFと小型TFマイクロンの連動
スーパーリンク様々な合体機構を、ギャラクシーフォース
フォースチップギミックを組み込んだパワーアップ
と、
各シリーズのコンセプトが異なるので、新規開発のマイクロンが
減少してしまった事も致し方ないだろう。




TRANSFORMERS MICRON BOOSTER Ver.3 8 PLIER 827

それでも新規のマイクロンが制作された事は救いであり、
2005年を中心に展開した『トランスフォーマー ギャラクシーフォース』に
登場した新型マイクロンの一つが、ホップブリットバンパー
3体が構成する『マイクロンチーム』だった。

その中のバンパーのリカラー版がプライヤーであり、
黒いボディと赤紫の塗装により新鮮なイメージを確立している。



TRANSFORMERS MICRON BOOSTER Ver.3 PLIER 817

既存のマイクロンの型を使用している『マイクロンブースター』だけに、
大半はマイクロン伝説シリーズで登場したアイテムのリカラー版である。

この為、ギャラクシーフォース シリーズで初登場した新型マイクロンの
リカラー版であるプライヤーの様なマイクロンは魅力的なアイテムであった。



TRANSFORMERS MICRON BOOSTER Ver.3 8 PLIER 812

新規製作されたマイクロンチームも目新しい存在であったが、
その発売から3ヶ月も経たない内に登場したマイクロンブースターVer.3
リカラー版マイクロンのインパクトは大きかった。

メインシリーズのTFギャラクシーフォースでも毎月の様に
新作トイが発売されていたので、マイクロンブースターVer.3
ファンには嬉しい悲鳴と言える物だった。




トランスフォーマー マイクロンブースター Ver.3 8 プライヤー 807

トランスフォーマー マイクロン伝説』で大量に製作されたマイクロンは、
単に数が多いだけではなく個々の完成度も高かった為、
リカラー版やリデコ版が多数登場し、マイクロンの主流となっていた。

この様な状況に於いて新作マイクロンは貴重な存在であり、
更に新作マイクロンを活用し、リカラー版をマイクロンブースターVer.3
組み込むという対応の早さにも驚かされた。

新型マイクロンを当初からマイクロンブースターに流用する事が
決められていたと思われるが、それは正にファンの需要を満たす物でもあったのだ。







TRANSFORMERS MICRON BOOSTER 6868

⇒ ◆参考にならない比較◆





⇒ マイクロンブースター Vol.3 6 レンチ


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog