十三非常階段
●トランスフォーマー ユナイトウォリアーズ  UW-07 ブロウル
TRANSFORMERS UNITE WARRIORS UW-07 BRAWL 999

兵器で構成されるコンバットロンの中でも、
ブロウルは最も戦闘的で戦場が似合うビークルの戦車に変形する。

戦車のイメージそのままの強靭さと破壊力を備えた兵士であり、
更に非常に荒い気性の持ち主というキャラクター性も戦車に相応しい物だ。

トランスフォーマーは変形モードが性格や行動に
影響を及ぼす傾向があるが、その体現者とも言えるブロウルは
見た目と内面が直結している非常に明快なキャラクター性が魅力である。



トランスフォーマー ユナイトウォリアーズ UW-07 ブロウル 944  ◆ 名前 : ブロウル

  ◆グループ: コンバットロン

  ◆ 役割 : 狙撃兵

  ◆ 変形 : クラウスマッファイ・レオパルド2 A5

 
  ◆シリーズ: トランスフォーマー ユナイトウォリアーズ

  ◆ 発売 : 2016年6月25日

  ◆ 価格 : 15000円




TRANSFORMERS UNITE WARRIORS UW-07 BRUTICUS Package Box 2

パッケージ




TRANSFORMERS UNITE WARRIORS UW-07 BRAWL Krauss-Maffei LEOPARD 2 A5 005

ビークルモード

ドイツ陸軍の主力戦車レオパルド2は、レオパルド1に代わり
1979年から正式採用された第三世代戦車の代表格だ。

ラインメタル社製120mm.滑空砲を主砲とし、チタンやセラミック、
グラスファイバー等を使用した複合装甲により高い防御力を誇る。

年々改良が重ねられており、1979年の最初期型はレオパルド2A0とされ、
以降、A1~A7が開発され、更に派生型も数多く存在する。



TRANSFORMERS UNITE WARRIORS UW-07 BRAWL Krauss-Maffei LEOPARD 2 A5 012

サイド

砲身の形状や傾斜が付いた半菱形状の砲塔前部、
車体全体や四角く角張っている車体後部等の特徴から、
数あるレオパルド2のバリエーションの中でも、
A5以降のタイプのデザインを取り入れた形状に造られている。

各部の細かなモールドやクローラー部の履帯及び車輪はリアルに造り込まれており、
ガンメタルで塗装されたクローラーにより一段と戦車らしさが表現されている。



TRANSFORMERS UNITE WARRIORS UW-07 BRAWL Krauss-Maffei LEOPARD 2 A5 010

リア

全体像はレオパルド2を再現しているユナイトウォリアーズ・ブロウルの戦車だが、
レオパルド2を完全再現している訳ではなく意図的に異なるデザインにしており、
砲塔後部はイギリスの戦車チーフテンの様な雰囲気が感じられる。

又、実車のレオパルド2は全体の装甲がフラットなデザインだが、
UWブロウルは車体全体にハッチや機械類、金具の様なモールドを追加して
冷戦時代の第二世代戦車の様な古めかしさが表現されており、
車体側面の履帯カバーはレオパルド1の様な造形になっている。




TRANSFORMERS UNITE WARRIORS UW-07 BRAWL Krauss-Maffei LEOPARD 2 A5 922

ユナイトウォリアーズ及びコンバイナーウォーズのビークルは、
メーカーライセンス取得品ではない為、意図的に実車や実機とは異なる
スタイルにアレンジしている
という特徴がある。

ブロウルも同様に実際のレオパルド2とは異なる部分も多いが、
G1期の初代ブロウルレオパルド1に変形した事から、
リメイク版ブロウルを製作する際に同系列車両で発展型の
レオパルド2を意識した事は間違いないだろう。




トランスフォーマー ユナイトウォリアーズ UW-07 ブロウル レオパルド2 A5 014

UWブロウルは非常にリアルな造形の戦車モードだが、
戦車の特徴の一つである砲塔の旋回は出来ない構造になっている。

合体ロボットである事を大前提としているトイなので致し方ない所だが、
主砲は上方に向ける事が可能なので表情が付けられる。

実際の戦車の主砲では不可能な仰角だが、TFトイなので問題は無い。



トランスフォーマー ユナイトウォリアーズ UW-07 ブロウル レオパルド2 A5 936

車体後部はロボットモードの足の裏になり、ブルーティカスに合体した際に
手足の合体パーツを取り付けるジョイントの穴も設置されている。

テールランプがモールドされ車両らしさを表現しているが、
コスト削減と強度を上げる為に肉抜きが多用されている事が特徴。

しかし単なる空洞ではなく、シュレッダーの刃の様な造形にして危険さを表現し、
厳つく攻撃的なイメージの戦車に相応しい形状を取り入れている事は好感が持てる。




トランスフォーム!
TRANSFORMERS UNITE WARRIORS UW-07 BRAWL Transform




トランスフォーマー ユナイトウォリアーズ UW-07 ブロウル 952

ロボットモード

戦車の車体フロントが胸部に収まり、
腕部に変形したクローラーは履帯が正面に配置され、
砲塔を背負ったスタイルや脚部の膝辺りに
ハッチの様な丸いモールドがある所等、
全体像はG1アニメ設定の特徴を再現したデザインだ。

アニメ版を踏襲しながらも各部の造り込みは非常に細かく、
情報量が多いので現代的で見劣りする事は無い。



トランスフォーマー ユナイトウォリアーズ UW-07 ブロウル 089

リア

砲塔をそのまま全て背負う変形はG1トイや
アニメ設定と同じで、ブロウルの個性にもなっている特徴だ。

G1ブロウルのトイはグリーンとグレーの成形色であったが、
ユナイトウォリアーズ版ではアニメ設定を再現している為、
オリーブ色とガンメタルを採用し、より軍事的なイメージとなった。




TRANSFORMERS UNITE WARRIORS UW-07 COMBATRON BRAWL 968

首は回転可能だが、ユナイトウォリアーズ(コンバイナーウォーズ)のトイとしては
珍しくボールジョイントを使用していない事が却って目新しい。

肩はボディ側の付け根と上腕側の二箇所が縦に動き、
上腕側には前後の回転も備わっている。

肘と股関節にボールジョイントが組み込まれ、腰と大腿部にはロール、
膝は90°曲がり、足首には横方向に開く可動が備わっている。




トランスフォーマー ユナイトウォリアーズ UW-07 ブロウル 腹部ヒンジ 996

ブロウルコンバイナーウォーズのトイの中でも後発で登場した型の為、
新要素が追加されており、腹部が特徴的な構造で造られている。

上半身と下半身を繋いでいる腹部は板状のヒンジパーツのみとなっており、
武骨なボディ全体を支えているのが板状のパーツなので、少々心許ない感はある。



TRANSFORMERS UNITE WARRIORS UW-07 COMBATRON BRAWL 031

しかしヒンジパーツには重要な意味がある。

従来のユナイトウォリアーズTFが上半身と胴体内の合体用ジョイントが
縦向きであったのに対し、ブロウルは戦車のボディが張り出した胸部を再現する為に
合体ジョイントを収納している上半身が横向きになっているのだ。

ヒンジはボディを横向きにする役目があるだけではなく、
ボディの向きが縦型から横型に変われば、その分背の高さが足りなくなる為、
腹部のヒンジパーツで背丈を伸ばしているという、熟慮された設計なのである。





TRANSFORMERS UNITE WARRIORS UW-07 BRAWL Bio 058

ブロウルエネルゴンによって機能しているのだろうが、
彼の本当の燃料源は“怒り”である。

デストロン兵士の多くは、不快で激昂し易い気質を持っているが、
それはブロウルの荒い気性に比べたら些細な物である。』



TRANSFORMERS UNITE WARRIORS UW-07 COMBATICON BRAWL Bio 054

『激しい怒りは、精鋭軍事部隊の任務の妨げになると思うかもしれないが、
ブロウルにとっては正反対で怒りはプラス要素になるのだ。

彼は怒り狂っている時に最も有能な働きをする為、
戦闘時にブロウルが最高の状態で戦える様に、
仲間達はブロウルを故意に激怒させている。』




トランスフォーマー ユナイトウォリアーズ UW-07 コンバットロン ブロウル 双発砲 077

『短気で口喧しい。

装甲が厚く、大抵の攻撃を跳ね返す。
圧縮音声エネルギーを発射する双発砲を持っている。』


こちらの設定は、G1当時に日本で発売された
大百科に掲載されている物からの引用。





TRANSFORMERS UNITE WARRIORS UW-07 COMBATRON BRAWL 052

G1トイ版を再現する傾向が強い海外版だが、ブロウルに限っては
コンバイナーウォーズ版もアニメ版カラーのオリーブ色の成形色を使用しており、
日本のユナイトウォリアーズ版と非常に類似したイメージのトイであった。

日本版はアニメ設定を更に取り入れ、左腕にデストロンマークをプリントし、
胸部両脇のスモークディスチャージャーや前腕にはガンメタルの塗装が施され、
胸部内の合体用ジョイントパーツや肘、大腿部をガンメタル成形色にしている。



TRANSFORMERS UNITE WARRIORS UW-07 COMBATICON BRAWL 992

更に頭部の塗装もアニメ設定を再現した塗り分けを採用し、
顔のマスクは赤、ゴーグルの目はオレンジ色に塗装されている。

海外版と大幅に印象が異なるのは頭頂部全体もオレンジ色に塗装している事だが、
本来のアニメ設定では額の中央をオレンジ色にして頭頂部はグレーとなっている。



トランスフォーマー ユナイトウォリアーズ UW-07 ブルーティカス セット ブロウル 033

アニメ版のブロウルの頭部は、本来の設定通りの
グレー&額のみオレンジの場合や、グレー一色であったり、
頭頂部がオレンジ色であったりとエピソードやシーンによっても異なるのだが、
頭頂部全体をオレンジ色に塗ってしまっているのは単なる彩色ミスである。




トランスフォーマー ユナイトウォリアーズ UW-07 コンバットロン ブロウル 061

トランスフォーマーのG1初期アニメではセル画の彩色ミスは散見され、
ブロウルも頭部の細かな部分の彩色ミスが多々見られた。

トイのTFユナイトウォリアーズ版ではアニメ設定を
取り入れたカラーリングが特徴だが、ブロウルの場合は頭頂部全体が
オレンジ色というアニメの彩色ミスバージョンを再現してしまっている。



TRANSFORMERS UNITE WARRIORS UW-07 DECEPTICON BRAWL 065

全体像が海外版と類似したイメージの為、差別化を考慮したのかもしれないが、
頭頂部がオレンジ色という日本版は、些か違和感がある事は否めない。

UWブロウルの頭部は一度ガンメタルで全体を塗装してから
頭頂部やゴーグル、マスクを追加塗装しているだけに、頭頂部は
ガンメタルの塗装を残しておいた方がアニメ版のイメージに近かった筈だ。





TRANSFORMERS UNITE WARRIORS UW-07 BRAWL TWIN SONIC CANNONS 976

ツインソニックキャノン

ブルーティカスに合体した際に手や足に変形するパーツは、
ロボットモードでは大型の2連装キャノン砲となる。

日本版はアニメ設定を再現している為、合体時に統一性を持たせる目的で
ブロウルのボディカラーと同じオリーブ色で成形されている事が特徴。



TRANSFORMERS UNITE WARRIORS UW-07 BRAWL Krauss-Maffei LEOPARD 2 A5 895

戦車モードではコの字状に変形させたツインソニックキャノンを、
砲塔後部に備わっている専用のジョイントパーツに取り付ける事が出来る。

砲塔の上部に副砲が備わったスタイルはG1ブロウルと同じで、
G1版を意識して設計している拘りは大いに評価出来る。



TRANSFORMERS UNITE WARRIORS UW-07 BRAWL Krauss-Maffei LEOPARD 2 A5 929

砲塔の天面に設けられた5ミリジョイント用の穴に、
ツインソニックキャノンを逆さにして取り付ける事も可能。

こちらのモードは少々見映えが悪くなるので、上記の様に
専用ジョイントを使用して武器をコの字型にして装着する方が様になる。

又、ツインソニックキャノンの名称は、海外のコンバイナーウォーズ版からの引用だが、
1986年のG1ブロウルと同名の武器で、当時の日本版では『双発砲』と訳されていた。




TRANSFORMERS UNITE WARRIORS UW-07 BRAWL ELECTRON BLASTER 980

エレクトロンブラスター

ユナイトウォリアーズ(コンバイナーウォーズ)の手足に変形するTFは、
合体パーツが変形した武器と専用武器の二つを所持している事が常だった
が、
ブロウルは専用武器が無く、主砲を取り外して銃の代替としている。

G1ブロウルは主砲とは別にエレクトロン銃という武器が付属していたが、
コンバイナーウォーズでは取り外した主砲をエレクトロンブラスターとしている。



トランスフォーマー ユナイトウォリアーズ UW-07 コンバットロン ブロウル 983

主砲を取り外して銃とし、手に装備するアイディアは評価に値するが、
ブロウルの個性でもある主砲を背負ったスタイルが崩れて物足りなくなる。

これを補う為に、代わりにツインソニックキャノンを砲塔のジョイントに装着すれば、
デザインは異なるが砲身を背負っているというスタイルを構築出来、
ボディカラーと同じオリーブ色の成形色なので違和感も無い。





TRANSFORMERS UNITE WARRIORS UW-07 COMBATICON BRAWL 984

デストロンの反逆者を集めたコンバットロン部隊の中でも、
ブロウルは最も粗野で暴力的、短気で野蛮な無頼漢である。

スタースクリームによって復活させられた直後、そのスタースクリーム
「おまえをスクラップにしてやる」と言い放ち戦いを挑む様な好戦的な兵士であり、
常に不平を口にして仲間のコンバットロンにも喧嘩を吹っかける荒くれ者だ。



TRANSFORMERS UNITE WARRIORS UW-07 BRAWL ELECTRON BLASTER 989

常に怒りを抱えているブロウルは非常にデストロンらしい兵士であり、
戦闘では先陣を切って攻撃を仕掛ける勇猛さを見せるが、
考え無しで向こう見ずな性格と言う方が正しいだろう。

尚、G1ブロウルのテックスペックの知力の数値は、コンバットロンの中で
最も低い(日本版設定では1.5)であり、頭脳面は今一つな為、
戦略や作戦を立案する事は無く、戦う事だけに特化した兵士である。



トランスフォーマー ユナイトウォリアーズ UW-07 コンバットロン ブロウル 050

ブロウルの凶暴性は異常な程で、パーソナルコンポーネントを地球人の
学生達が製作したロボットB.O.T.に移し変えられてしまった際も大暴れした。

TFに比べたら取るに足りない人工ロボットのボディにも拘わらず、
アイアンハイドギアーズバンブルの3人が相手にしても手に負えない程の
凶暴さでサイバトロン戦士達を翻弄するという、ブロウルの怒り狂う
キャラクター性が非常に巧く描かれていた。




トランスフォーマー ユナイトウォリアーズ UW-07 コンバットロン ブロウル 076

G1アニメ設定の特徴を取り入れたアレンジが非常に巧いUWブロウルのトイは、
武骨なロボットモードとリアルな戦車モードの両形態のスタイルが抜群に良い。

G1トイと同じレオパルド戦車を選んでいる所も嬉しい面であり、
懐かしさと新しさのバランスが取れている優れたトイと言えよう。

単に新作トイでリメイク版を造るだけではなく、G1当時のオリジナルのトイや
アニメ作品へのリスペクトが感じられる事が、リメイク版の重要な要素の一つなのだ。








TRANSFORMERS BRAWL 9067

◆参考にならない比較◆





⇒ TFジェネレーションズ TG-03 ディセプティコン ブラストオフ
⇒ TFジェネレーションズ TG-04 ディセプティコン ボルテックス







テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

コメント
レビューお疲れ様です
僕もこれは持っているのですが、コンバットロンの中で一番気に入りました
デザインがG1に近づけられており、なおかつプロモーションも進化している素晴らしいものでした。

またビークルモードもちゃんとレオパルド戦車で嬉しかったです
ブロウルのリメイクアイテムとしては及第点だと思います
2016/08/08(月) 14:02:49 | URL | keitai70 | [ 編集 ]
>keitai70さん
兵器集団のコンバットロンは人気が高いので、
日本でも一般販売されたのが良かったですね。
G1ブロウルのアニメ設定を再現したロボットモードのスタイルや、
重厚なカラーリングで戦車らしさが巧く表現されているのも嬉しい所です。

戦車の種類もG1版に合わせてレオパルドを選んでいて、
元々のキャラクターをよく考慮しているなと感心しました。
2016/08/09(火) 20:11:58 | URL | つくも | [ 編集 ]



URL

 
PASS
SECRET

Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog