十三非常階段
●トランスフォーマー マイクロンブースター  Ver.4 6 レプティクス
TRANSFORMERS MICRON BOOSTER Ver.4 6 REPTIX 649

恐竜型トランスフォーマーはG1期の初期から存在し、
ダイノボットを筆頭に様々なタイプが登場してきた。

ビーストウォーズ以降は数年毎に恐竜型TFが製作されており、
その中でも翼竜型のTFはプテラノドンに変形する事が定番であった。

2000年代後半には最小サイズのミニコン(マイクロン)にも
恐竜を導入する運びとなったが、他の例に漏れず、
マイクロンでも翼竜タイプはプテラノドンをモチーフにしている。



トランスフォーマー マイクロンブースター Ver.4 6 レプティクス 565



  ◆ 名前 : レプティクス

  ◆グループ: マイクロン / デストロン

  ◆ 変形 : プテラノドン







micron booster ver4 package

◆シリーズ: マイクロンブースター   `

◆ 発売 : 2007年7月30日      `

◆ 価格 : 300円          `




TRANSFORMERS MICRON BOOSTER Ver.4 6 REPTIX Pteranodon Mode 598

ビーストモード

海外の『TRANSFORMERS CLASSICS』シリーズで
2006年に発売されたミニコン3体セットの一つ、
ダイノボッツの一員スウープが基になったTF。

恐竜型マイクロンは、日本ではマイクロンブースターVer.4が初出で、
海外版とは異なるカラーリングが特徴となっており、
レプティクスは成形色を変更して差別化している。



TRANSFORMERS MICRON BOOSTER Ver.4 6 REPTIX Pteranodon Mode 607

リア

ミニコン・ダイノボッツオートボット(サイバトロン)側に属していた。

これに対し、マイクロンブースーVer.4恐竜型マイクロン
デストロン所属になっており、ビーストタイプのTF故に軍団マークは
ビーストウォーズ期のプレダコン(デストロン)マークが印刷されている。




TRANSFORMERS MICRON BOOSTER Ver.4 6 REPTIX Pteranodon Mode 596

嘴は開閉可能、足首の可動軸により立たせる事も出来る。

翼の基部はボールジョイントで接続されているので、
後ろ側に広げられるという、プテラノドンモードでも
意外に可動箇所が豊富に設けられているトイだ。



TRANSFORMERS MICRON BOOSTER Ver.4 6 REPTIX Pteranodon 656

翼竜の代表格であるプテラノドンは一般認知度も高く、
レプティクスも大型の翼や特徴的な長い鶏冠により
プテラノドンらしさを表現する事に成功している。

翼を広げて飛行する状態で造形されている事は、
他の翼竜型TFと共通する面で、飛翔動物である事が理解し易い姿。




トランスフォーム!
TRANSFORMERS MICRON BOOSTER Ver.4 6 REPTIX Transform

翼が脚部に変形するTFトイは幾つか存在するが、
レプティクスは翼が分割されて腕部と脚部に変形するという、
クラシックミニコンならではの意欲的な変形工程だ。




トランスフォーマー マイクロンブースター Ver.4 6 レプティクス 553

ロボットモード

翼が変形した手足ながらもヒューマン型スタイルを
違和感無く構築しており、プテラノドンの鶏冠が
頭部前方に配置される変形も一風変わっている。

顔の塗装も非常に細かく、シルバーの上に
目を水色で塗り分けている拘りが嬉しい。



トランスフォーマー マイクロンブースター Ver.4 6 レプティクス 558

リア

厚みが無いプテラノドンの翼や胴体を、
パネル状の手足やボディとして
複雑に移動させている変形が秀逸。

翼の一部を回転させた大型の踵により
接地性も良く、変形の巧さに加えて
デザイン面でも優れたマイクロンだ。




TRANSFORMERS MICRON BOOSTER Ver.4 6 REPTIX Normal Hand 627

小型TFのマイクロンだが各部は細かく造り込まれており、
ロボットの腕部になるプテラノドンの翼の両面に
手の平と甲を半立体でモールドするという拘りが見事だ。

拳は非常に小さいが5本指にする事で、
ロボットの手として認識し易い造形となっている。



TRANSFORMERS MICRON BOOSTER Ver.4 6 REPTIX Claws 630

腕部全体を回転させて上腕に配置されたプテラノドンの足部分を
下に移動させると、爪の生えた手の様な形態となる。

腕は短くなる物の、クローが備わった手は恐竜型TFに相応しい
シルエットを作り出し、攻撃的な印象の姿に変化する。




トランスフォーマー マイクロンブースター Ver.4 6 レプティクス 572

可動部は両肩と足首のみだが、肩は前後の可動軸と
ボールジョイントを併用しているので、
比較的可動範囲が広い構造となっている。



TRANSFORMERS MICRON BOOSTER Ver.4 6 REPTIX 578

本来、ボディと脚部は四角いジョイントで
繋ぐのが正規の変形だが、このジョイント部を外せば、
ボールジョイント接続された脚部の可動を活かす事が出来る。

しかし若干スタイルが崩れてしまうので、一長一短と言えよう。





TRANSFORMERS MICRON BOOSTER Ver.4 REPTIX Profile & Motto 580

マイクロンブースターVer.4では、各キャラクターに
プロフィールとモットーが設定されている事が特徴。

設定文は非常に短い物だが、簡潔にキャラクター性を表現しており、
個性的なTFを作り上げた事は大いに評価出来る。




TRANSFORMERS MICRON BOOSTER Ver.4 6 REPTIX Pteranodon 612

『大空を翔る雷鳴!』


翼竜に相応しく空を飛ぶ能力が記されており、
雷鳴という言葉により強力な印象が与えられている。



TRANSFORMERS MICRON BOOSTER Ver.4 6 REPTIX Profile 638

『飛べぬ者に生きる資格無し!』


飛行能力に自信と優越を感じている事が窺え、
更に他者を認めない独善的な性格が示されている。




トランスフォーマー マイクロンブースター Ver.4 レプティクス 574

空を飛べない者を見下しているというキャラクター性は、
G1TFのジェットロンの一人、サンダークラッカー
思わせる性格設定であり、レプティクスを表現する一文に
雷鳴』という言葉を使用している事からも、
サンダークラッカーを強く意識していると考えられる。



TRANSFORMERS MICRON BOOSTER Ver.4 6 REPTIX Pteranodon Mode 661

キャラクター性はサンダークラッカーに似ているレプティクスだが、
ボディカラーは青いジェットロンサンダークラッカーとは全く異なる。

レプティクスの赤いボディカラーという特徴は、ビーストウォーズ』に
登場したプテラノドンに変形するデストロン兵士・テラザウラー

影響が表れている事は間違いないだろう。




TRANSFORMERS MICRON BOOSTER REPTIX & TF Classics Dinobots Mini-con SWOOP 652

赤いプテラノドンという印象的な姿は後のTFにも受け継がれ、
ビーストウォーズ ネオ』の破壊大帝・マグマトロンが変形する
翼竜モード・スカイサウルス(ケツァルコアトルス)も、
赤いボディカラーと黄色の嘴でテラザウラーに酷似したカラーだった。

レプティクスの基になった海外版ミニコン・スウープ
赤いプテラノドンであり、テラザウラーに類似した印象を受ける。



トランスフォーマー マイクロンブースター Ver.4 レプティクス プテラノドン 666

レプティクスが発売された2007年の時点で
プテラノドンに変形するTFは、1980年代のG1ダイノボットのスワープ
1990年代はビーストウォーズ』のテラザウラー及びメタルステラザウラー
2000年代には『TF ギャラクシーフォース』のテラシェーバーが登場している。



TRANSFORMERS MICRON BOOSTER Ver.4 6 REPTIX 582

又、変形ではないが、プリテンダーと同様の外装というスタイルならば、
トランスフォーマーV』の恐竜戦隊・ヨクリュウ
プテラノドンの姿を持ったTFの一人と言えよう。

翼竜型TFの殆んどにプテラノドンが選ばれているのは、
子供でも分かる「空飛ぶ恐竜」がプテラノドンしか居ない為であろう。



TRANSFORMERS MICRON BOOSTER REPTIX & TF Classics Dinobots Mini-con SWOOP 640

映像で最も活躍する機会が多かったBWテラザウラーの影響は大きく、
TFシリーズではプテラノドンは赤いというイメージが強かったのだろう、
ミニコン・スウープレプティクスは赤いボディカラーを採用している。

しかし類似しながらもレプティクススウープとは異なる成形色を使用しており、
赤紫に近いカラーにして差別化している配慮が見事である。




トランスフォーマー マイクロンブースター Ver.4 6 レプティクス 676

レプティクス型のマイクロンは、プテラノドンとして
納得のスタイルを実現しているだけではなく、
予想を超える面白味のある変形や、それまでのTFには
見られなかった奇妙な頭部デザイン、絶妙なバランスで纏められた
手足やボディ等、楽しめる要素が満載のマイクロンである。

ビーストウォーズ以降の「赤いプテラノドン」のイメージも受け継いでいるが、
海外版とは明確に異なるカラーリングに変更する等、
レプティクスはマイナーながらも見るべき部分が多いTFトイであった。







TRANSFORMERS MICRON BOOSTER 671

◆参考にならない比較◆





⇒ マイクロンブースターVer.4 5.ナッシティース         `
⇒ マイクロンブースターVer.4 7.アイアンランジ         `

⇒ マイクロンブースターVer.4 8.リフューザー 9.ロックブレード `
⇒ マイクロンブースターVer.4 1.ラッドローグ 4.ウインドレイザー
⇒ マイクロンブースターVer.4 2.グレデター  3.エイペクサス  `







テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog