十三非常階段
●トランスフォーマー レジェンズ  LG-33 カルゴ & ヘッドマスター ハイブロウ
TRANSFORMERS LEGENDS LG-33 KARUGO & HEADMASTER HIGHBROW 292

ヘッドマスターのトイにミニビークルを追加した日本独自のセットは、
ミニフィギュアのヘッドマスターと連動させる事が出来る為、
予想を超えるプレイバリューの高さを実現しており、
ファンを大いに楽しませてくれた。

更にハイブロウとセットのカルゴは、トイに付属するコミックに於いて
興味深い解釈が示されており、TFトイの遊び方は
発想次第で大幅に広がると、改めて思い起こす事になった。



トランスフォーマー レジェンズ LG-33 パートナードローン カルゴ 629


  ◆ 名前 : カルゴ

  ◆グループ: パートナードローン

  ◆ 変形 : フューチャーカー / 砲台
         / ウェポンモード


  ◆シリーズ: トランスフォーマー レジェンズ

  ◆ 発売 : 2016年11月26日

  ◆ 価格 : 4000円






TRANSFORMERS LEGENDS LG-33 HIGHBROW Package Box

パッケージ




TRANSFORMERS LEGENDS LG-33 KARUGO Future Car Mode 457

ビークルモード

未来的なデザインのビークルモードは、
風防やリアウイングも備わっており、
自動車タイプの乗り物である事が理解出来る。

一人乗り用の小型車両ながらも、
運転席にはシートも造形された細かさが見事。



TRANSFORMERS LEGENDS LG-33 KARUGO Future Car Mode 461

リア

タイヤが無い、いわゆるホバーカーのスタイルにより、
セイバートロン星のビークルを想定したデザインだ。

元々は海外の『TRANSFORMERS TITANS RETURN』シリーズの
タイタンマスター・ラウドマウスに付属するミニビークルで、
日本版はハイブロウのカラーに合わせてブルー主体となっている。




トランスフォーマー レジェンズ LG-33 パートナードローン カルゴ 428

『パートナードローンのカルゴハイブロウを慕い、
研究助手として尽力している。』


日本のTFレジェンズではミニビークルにキャラクター性を与え、
パートナーを補佐するドローンとして設定されている。



TRANSFORMERS LEGENDS LG-33 Partner Drone KARUGO Future Car Mode 474

ホバーカーは地面から浮いて走行するビークルだが、
LG-33 ハイブロウに付属するコミックに於いて、
フューチャーカーモードのカルゴ
空中も飛行出来る姿が描かれている。

普段のカルゴは砲台モードでいる事が多い模様だが、
フューチャーカーモードに変形して高速移動する事が可能。




トランスフォーム!
TRANSFORMERS LEGENDS LG-33 Partner Drone CARGOT Transform




トランスフォーマー レジェンズ LG-33 パートナードローン カルゴ 砲台モード 404

砲台モード

フューチャーカーモードの車体を裏返し、
側面のパネルを反転、キャノン砲を起こすと、
全く異なる姿の砲台モードに変形する。

車体前方のキャノン砲が備わっている砲塔部分を、
「頭部」に設定している事がカルゴの特徴の一つ。



トランスフォーマー レジェンズ LG-33 パートナードローン カルゴ 砲台モード 553

サイド

メイン武装の2門のキャノン砲に加えて、
側面のパネル部分には片側2発ずつのミサイルが
モールドされており、戦闘力が高い事が窺えるモードだ。

サイドパネル後方にはノズルがモールドされているので、
砲台モードでの移動も可能である事が想像出来る。



トランスフォーマー レジェンズ LG-33 パートナードローン カルゴ 砲台モード 551

リア

カルゴは砲台モードが基本形態である事が
付属コミックで描かれており、砲塔を顔と見做している為、
ビーストモード的なイメージも持ち合わせている。

サイバトロン・ヘッドマスターズパートナードローンの中では、
カルゴは唯一のビーストタイプのロボットにも見えるデザインである。




TRANSFORMERS LEGENDS LG-33 CARGOT Self Propelled Artillery 575

カルゴは様々な研究に取り組むヘッドマスター・ハイブロウ
サポートする助手として活躍するドローンであり、
ハイブロウの事を「先生」と呼び尊敬の念を抱いている。

ハイブロウに対する忠誠心は厚く、彼の意向に完全に同意し、
ハイブロウが出撃する際は命令が無くとも即座に同行する姿勢を示している。






トランスフォーマー レジェンズ LG-33 ヘッドマスター ハイブロウ 414

  ◆ 名前 : ハイブロウ

  ◆グループ: ヘッドマスター
         / サイバトロン

  ◆ 変形 : ロボット頭部




TRANSFORMERS LEGENDS LG-33 HEADMASTER HIGHBROW 307   TRANSFORMERS LEGENDS LG-33 HEADMASTER HIGHBROW 3411

ロボットモード

ハイブロウは同シリーズのスカージと同時開発で
各部のパーツを流用する事が決まっていた為、
ミニフィギュアのヘッドマスター
トランステクターと合体した大型ロボットも、
スカージと共通するパーツが使用されている。



トランスフォーマー レジェンズ LG-33 ヘッドマスター ハイブロウ 323

ヘッドマスター・ハイブロウの胴体や手足は、
スカージのタイタンマスター・フレイカスと同型のパーツを使用。

頭部及び背中に配置された大型ロボットの頭部は
ハイブロウ用の新規パーツに変更されている。




TRANSFORMERS LEGENDS LG-33 HEADMASTER HIGHBROW Head Mode 2

ヘッドモード

ヘッドマスターフィギュア・ハイブロウのロボットモードは、
海外版ハイブロウのタイタンマスター・ゾートと同型だが、
大型ロボットの頭部は日本版専用の物に変更されている。

バイザーと露出した鼻と口というデザインは同じだが、
頭部全体が角張っていた海外版に対し、日本版は
曲線が目立つ日本版アニメ設定のデザインを再現している。




トランスフォーマー レジェンズ ヘッドマスター ブレインストーム & ハイブロウ 565

首と両肩はボールジョイント接続で可動し、
股関節と膝にも可動軸が備わっている。

ヘッドマスターフィギュア(タイタンマスター)は、
股関節の接続に金属ピンを使用している物と
嵌め込み式の2タイプが存在し、ハイブロウは
嵌め込み式なので少々緩い可動部となっている。




トランスフォーマー レジェンズ LG-33 ヘッドマスター ハイブロウ ゴート 326

1987年の『トランスフォーマー ザ・ヘッドマスターズ』シリーズで登場した
ハイブロウのヘッドマスター戦士の名称は『ゴーダー』であった。

しかし当時の日本版アニメ設定では、1987年の海外版と同じ
ゴート』と記載されていたり、『ゴーター』という資料もあり紛らわしい。

リメイク版のタイタンマスターは『ゾート』、日本のレジェンズ版では
大型ロボットと同じ名前の『ハイブロウ』である。



TRANSFORMERS LEGENDS LG-33 HEADMASTER HIGHBROW GORT 425

ハイブロウのヘッドに変形するマスター戦士の名前は異様に多い。

・G1海外版トイ&アニメ  : ゴート   1987年
・G1日本版アニメ     : ゴート   1987年
・G1日本版アニメ     : ゴーター  1987年
・G1日本版トイ       : ゴーダー  1987年
・海外版タイタンズリターン : ゾート   2016年
・日本版TFレジェンズ   : ハイブロウ 2016年


1987年に最初に登場した海外版トイの『GORT』から、
これだけの名前が派生した事実が興味深い。





トランスフォーマー レジェンズ LG-33 ヘッドマスター ハイブロウ & カルゴ フューチャーカー モード 486

パートナードローンヘッドマスターフィギュアと連動可能な
優れたトイであり、ビークルモードにミニフィギュアを
搭乗させる事を考慮した設計は大いに評価出来る。

フューチャーカーモードでは、コックピット前方の内側に設置されたマイクロピンを
ヘッドマスターフィギュアの足の裏の穴に差し込み固定する。



TRANSFORMERS LEGENDS LG-33 HEADMASTER HIGHBROW & CARGOT Future Car Mode 489

カルゴは同シリーズのモグルタンケッテ等の
パートナードローンと比べるとパーツ数が少なく、
他のアイテムに比べると幾分チープな印象は否めない。

しかしヘッドマスターフィギュアと連動させる遊び方は同様で、
他のパートナードローンと同等のプレイバリューの高さを備えている。




TRANSFORMERS LEGENDS LG-33 Headmaster HIGHBROW & CARGOT Self Propelled Artillery Mode 503

砲台モードでもヘッドマスター・ハイブロウを搭乗させる事が出来、
ハイブロウがカルゴの砲塔を操作して砲撃している様な姿を再現可能。

このモードではヘッドマスター・ハイブロウの膝を後ろ側に曲げ、
カルゴの車体後部内側のマイクロピンで固定するスタイル。




TRANSFORMERS LEGENDS LG-33 HEADMASTER HIGHBROW & KARUGO Combine TANK

海外版ではミニビークルタイタンマスター(ヘッドマスター)を
合体させるスタイルの為、タンクモードではキャノン砲の裏側に
設置されているジョイントにタイタンマスターの頭部を合体させる。

尚、日本版では、この遊び方は説明書に掲載されていない。



TRANSFORMERS LEGENDS LG-33 Headmaster HIGHBROW & CARGOT Combine TANK Mode 445

ミニビークルは日本では意思を持つドローンとされるが、
海外版では機械としてのサポートメカでありビークルである。

タイタンマスターが合体してミニビークルと一体になるモードは、
いわゆるパワードスーツ的な強化形態と言える。





TRANSFORMERS LEGENDS LG-33 KARUGO KARUGO CANNON 519

ウェポンモード

2門のレーザー砲を備えた銃器に変形。

トイに付属する説明書に掲載されたコミックでは、
カルゴキャノン』の名称が与えられており、
連射機能を備えたマシンガンの様な銃として描かれている。



TRANSFORMERS LEGENDS LG-33 CARGOT CAGOT CANNON 522

リア

一見すると砲台モードと非常に類似した形態だが、
ボディサイドのパネルを折り畳み、後方のグリップを
下ろすことでキャノン砲のスタイルを作り上げている。

パーツ数が限られている小型トイながらも、各部の可動を駆使して
ウェポンモードを構築しているアイディアに感心する。




トランスフォーマー マイクロン伝説 ステッパー & TFレジェンズ カルゴ ウェポンモード 532

ハイブロウの付属コミックでは、カルゴは砲台モード、
フューチャーカーモードに加え、ウェポンモードも登場し、
それぞれのモードの特性を活かした描写が流石と言える物だった。

更に4番目の新たな変形モードが描かれている事は、
ファンの予想を大きく上回る物であった。




TRANSFORMERS LEGENDS LG-33 Partner Drone KARUGO Microscope Mode 527

顕微鏡モード

コミックオリジナルの四つ目のモードで、
ハイブロウが神秘のエネルギー・ゾディアックを調べる際に
カルゴを顕微鏡として使用するシーンが描かれた。

ウェポンモードと殆んど同じだが、グリップ部を
ボディと垂直になる様に移動している。



トランスフォーマー リベンジ スカルペル & TFレジェンズ カルゴ 顕微鏡モード 549

キャノン砲の二つの砲身を顕微鏡の接眼レンズに、
グリップを対物レンズに見立てている。

簡単な見立て変形ながらもアイディア溢れる変形モードは、
正に『トランスプレイ』と呼ぶに相応しい物であり、
発想次第で様々な形態を作り出せるTFトイならでは。






TRANSFORMERS LEGENDS LG-33 Headmaster HIGHBROW & KARUGO Slug 624

カルゴの名称は『エスカルゴ』から採り短縮したという
分かり易いネーミングで、砲台モードの二つの砲身を
カタツムリの目と見做している事が分かる。

しかしカタツムリとして肝心な『』の部分が無い為、
付属コミックに於いても『ナメクジ』と呼ばれてしまっている。



トランスフォーマー アニメイテッド バトルホイール シューター & TFレジェンズ カルゴ カタツムリ 402

しかし幸いにもカルゴの砲台モードのボディは、
トラックの荷台の如きデザインとなっている。

殻に類似した形状の代用品をボディに乗せれば、
何となくカタツムリの雰囲気を出す事が出来る。

写真の殻部分のトイは、『トランスフォーマー アニメイテッド』で登場した
ガチャアイテム・バトルホイールシューターを使用している。





トランスフォーマー レジェンズ LG-33 ヘッドマスター ハイブロウ & パートナードローン カルゴ 501

トランスフォーマートイの豊富な可動箇所を活かし、
各人が考え出したモードを作り上げる『トランスプレイ』は、
言葉自体はG2期に提示された物だが、
その発想はG1期の頃から生み出されていた。

アニメ作品にも登場したシックスショットウイングウルフや、
ブラックザラック双頭蛇モードは代表例である。

カルゴの様な少ないパーツ構成の小型トイでも、様々な形態に
変形出来る事が示されており、TFトイの楽しみ方は無限大と言えるだろう。







TRANSFORMERS LEGENDS PARTNER DRONE 261

⇒ ◆参考にならない比較◆





⇒ LG-21 タンケッテ & ヘッドマスター ハードヘッド `
⇒ LG-32 モグル   & ヘッドマスター クロームドーム
⇒ LG-31 フォートレス                 `







テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog