十三非常階段
●ロボットマスターズ  RM-06 エアハンター
TRANSFORMERS ROBOT MASTERS RM-06 AIR HUNTER 882

ロボットマスターズ』の世界観は、数あるTFワールドの中でも
最も基本となるG1世界に属しており、コンボイメガトロンスタースクリーム等、
トランスフォーマー創生当初から馴染みのあるキャラクターも多い。

更にエアハンターの様な新規キャラクターの導入も行われており、
ロボットマスターズで新たに加わったTF達も
元々G1世界に存在していたとする設定面は斬新な物であった。



トランスフォーマー ロボットマスターズ RM-06 エアハンター 844  ◆ 名前 : エアハンター

  ◆グループ: デストロン

  ◆ 役割 : 剣闘士

  ◆ 変形 : ロッキードマーティン・F-22 ラプター


  ◆シリーズ: ロボットマスターズ

  ◆ 発売 : 2004年7月15日

  ◆ 価格 : 780円




TRANSFORMERS ROBOT MASTERS RM-06 AIR HUNTER Package Box 2

パッケージ




TRANSFORMERS ROBOT MASTERS RM-06 AIR HUNTER Lockheed Martin F-22 Raptor 925

ビークルモード

ステルス性能を最重要視したF-117は機体形状が
特殊であった為、機動性に皺寄せが発生していた。

この問題を克服し、ステルス性と機動性を両立させたF-22は、
突起物が無い機体形状でレーダー反射面積を極限まで小さくすると共に、
高出力のツインターボファンエンジンによりアフターバーナーを使用しない状態でも、
アフターバーナー使用時のF-15と同等の機動力を発揮するとされている。



TRANSFORMERS ROBOT MASTERS RM-06 AIR HUNTER Lockheed Martin F-22 Raptor 928

リア

F-22はアメリカの次世代戦闘機の筆頭という事もあって、
トランスフォーマートイでもF-22に変形するアイテムは多い。

エアハンターと同型トイのマシーンウォーズ・タイプの他、
TFスーパーリンクムービーシリーズ等でも数多く登場している。

実写映画版スタースクリームの変形モードに選ばれた事で、
F-22型のTFは飛躍的に増加した。




TF ロボットマスターズ RM-06 エアハンター ロッキードマーティン F-22 ラプター ランディングギア 939

機首及び機体後部の底面には、収納可能なランディングギアを搭載。

元々はG2後期に開発されたトイ故に、G2版ジェット機型TFと同様に
リアルな機体形状に加えて可動式の着陸脚が標準装備されている。

ベーシッククラスの小型トイだが、非常に完成度が高く、
ビークルモードでも様々なアイディアが盛り込まれている。



TF ROBOT MASTERS RM-06 AIR HUNTER Lockheed Martin F-22 Raptor 43

エアハンターは、スモーククリアの黒い機体に
オレンジ色の塗装が施された独特なカラーリング。

機首と尾翼にはオレンジ塗装に加えてデストロンマークも
プリントされている等、他の同時期に登場したトイも含めて
ロボットマスターズ』のフリップチェンジャーは塗装面に力が入っていた。




トランスフォーム!
TRANSFORMERS ROBOT MASTERS RM-06 AIR HUNTER Transform




TRANSFORMERS ROBOTMASTERS RM-06 AIR HUNTER Flip Changer 2

機首を下ろすと全身に組み込まれたギアとスプリングの力により、
一瞬でロボットモードに変形するフリップチェンジャー

奇妙な点は、説明書にはロボットからジェット機への変形方法は掲載されているが、
ジェット機からロボットへの一発変形の説明は一切載っていない事で、
パッケージにも瞬間変形に関するアピールは全く無い。




トランスフォーマー ロボットマスターズ RM-06 エアハンター 874

ロボットモード

1997年にアメリカのトイショップ・ケイビートイズ限定で発売された
マシーンウォーズ・メガトロン及びメガプレックスのリカラー版で、
日本に於いてはビーストウォーズⅡ・スラストに続き2体目。

同型トイだが、エアハンターは黒、オレンジ、グレーのボディカラーにより
従来のTFのイメージは無く、新規キャラクターとして納得の出来映え。



トランスフォーマー ロボットマスターズ RM-06 エアハンター 877

リア

それまでのMWジェット機型フリップチェンジャーと異なるのは、
キャノピーや集光ギミック用の目のパーツ以外にも
クリアパーツをふんだんに使用している事で、
ロボットのボディやジェット機の機体の大部分が
クリアブラック成形の素材で構成されている。




TRANSFORMERS ROBOT MASTERS RM-06 AIR HUNTER 845

関節部は全てボールジョイントが採用されており、
首、肩、肘、股関節、膝が自在に可動する。

全身のクリアパーツの破損には注意が必要だが、
関節部はノーマルのグレー成形のパーツなので、
ポージングに関しては然したる問題は無いだろう。




TRANSFORMERS ROBOT MASTERS RM-06 JETRON AIR HUNTER Bio 914

『軍団の風紀や規律が保たれる事を重んじる高潔な兵士。
エネルギーを一人でも多くの仲間に分配すべきと主張している。

剣技“イリュージョンマスター”の使い手で、修行を怠らない。』




TRANSFORMERS ROBOT MASTERS RM-06 AIR HUNTER Tech Specs 014

テックスペック

・ランク   : 8
・パワー   : 8
・ディフェンス: 8
・スタミナ  : 9
・スピード  : 9





TF ROBOT MASTERS RM-06 AIR HUNTER CHROMIUM SHOT 007

クロミウムショット

クロミウム(CHROMIUM)、又はCHROMEという言葉は、
殊、玩具に於いてはメッキ加工が施された物を指す。

武器名称から推察するに、同シリーズのリジェバウンドローグ
武器の様にメッキ処理する予定があったのかもしれない。



TRANSFORMERS ROBOTMASTERS RM-06 AIR HUNTER Chromium Shot

ジェット機型フリップチェンジャーには小型銃の他に、
長銃身アタッチメントパーツが付属している。

取り付ける事で銃身が2倍以上長くなり、
全くの別物に見える銃に変化させる事が出来る。



TRANSFORMERS ROBOTMASTERS RM-06 AIR HUNTER Chromium Shot 2

銃とアタッチメントパーツは、脚部裏側のスペースに
収納しておく事が出来、ロボット、ビークルモード共に
余剰パーツをなくす事に成功している。

エアハンターは脚部、銃ともにクリアパーツの為、
長期保存する際は取り外しておいた方が良いだろう。




トランスフォーマー ロボットマスターズ RM-06 エアハンター 聖断剣・鎧斬 855

聖断剣“鎧斬”

これを「せいだんソード・がざん」と読む。

「鎧をも切り裂く、聖なる者を滅する剣」という様な意味だが、
全て漢字にした上、「剣」のみソードと読ませている所が面白い。

尚、説明書では「せいだんけん」とされており統一感に欠ける。



TRANSFORMERS ROBOT MASTERS RM-06 JETRON AIR HUNTER SEIDAN SWORD GAZAN 892

パッケージにはエアハンターのモットーらしき一文の
『俺は宇宙(そら)と共に敵を切り裂く!!』も記載されており、
大仰な武器名称も相俟って、エアハンターは
少々常軌を逸した精神の持ち主である事が窺える。

規律を重んじ、剣技の修練を絶やさないという面も、
悪の軍団デストロンの兵士としては奇異な存在である。




トランスフォーマー ロボットマスターズ RM-06 ジェットロン エアハンター 976

又、スタースクリームに対しては一定の評価を示しており、
優れたスピード能力を認め、時には判断が的確だとも口にしている。

誰もが信用していないスタースクリームの長所を見極めているのは、
剣の修行に励む武人ならではの感覚と言えよう。



TRANSFORMERS ROBOT MASTERS RM-06 JETRON AIR HUNTER SEIDAN SWORD GAZAN 916

しかしスタースクリームに絶対的な忠誠を誓っている訳ではなく、
ロボットマスターズのストーリー序盤では真のデストロンリーダーである
初代メガトロンが行方不明になっていた為、後釜に納まっていた
スタースクリームの派閥に属しているだけに過ぎない。

この点はエアハンターと同じジェットロンウイングスタンも同様。





トランスフォーマー ロボットマスターズ RM-06 エアハンター 集光ギミック 862

集光ギミック

頭頂部の窓に光を当てると、クリアイエローの目が
鮮やかに輝く集光ギミックを内蔵している。

エアハンターの場合は頭部もクリア素材の為、
頭部全体が透ける所が独特な雰囲気を醸し出している。





トランスフォーマー ロボットマスターズ ジェットロン エアハンター & ウイングスタン 985

エアハンターは『ロボットマスターズ』で初登場した新キャラクターだが、
スタースクリーム直属の配下として設定されているジェットロン兵士だ。

同じくジェット機型フリップチェンジャーのウイングスタンとコンビを組み、
行動を共にしている所は、G1ジェットロンのコンビであった
スカイワープサンダークラッカーを彷彿させる。



TRANSFORMERS ROBOT MASTERS RM-06 JETRON AIR HUNTER 859

この様な新規のキャラクターにも拘らず、G1時代から
存在していたと設定されているTFは、2000年代から増加している。

これは2000年代前半から発売されていた復刻版のリカラーTFを、
G1世界に属する新キャラとして位置付けた事が影響している。

主にTFコレクターズエディションで発売された復刻版リカラーTF
設定面での手法を、ロボットマスターズでも取り入れた形である。




トランスフォーマー ロボットマスターズ RM-06 エアハンター 905

後年のTFレジェンズTFユナイトウォリアーズ等では、
新規キャラのG1TFは度々登場する事になるが、
当時はG1リメイクシリーズが定着し始める時期で、G1リメイク作品は
ロボットマスターズ』や『バイナルテック』ぐらいしか無かった為、
「新キャラだがG1TF」という設定は目新しい要素であった。



TRANSFORMERS ROBOT MASTERS RM-06 JETRON AIR HUNTER 908

同様の例は海外版でも見受けられ、パラレルワールドではある物の
IDWコミックスのG1世界では、従来のTF達の中に2000年代後半に創作された
新規キャラのドリフトグラインドコア等が存在している事が挙げられる。

端的に言えば「後付け設定」なのだが、数十年経過しようとも、
トランスフォーマーの中心になるのはG1世界である事が理解出来る。




TRANSFORMERS ROBOT MASTERS RM-06 AIR HUNTER 8013

長期に渡り展開するトランスフォーマーだけに、
G1世界の追加設定や新キャラクターは年々増え続け、
中にはG1の世界観を無視した奇を衒った物も存在する。

しかし『ロボットマスターズ』は、G1トランスフォーマー
優れた世界観や設定を崩さず巧く活かしており、
リスペクトが感じられるシリーズであった。

エアハンターの様に新規キャラクターながらも
G1TFとして違和感の無いTFこそ、ファンが求めている物なのだ。







TRANSFORMERS 5th Generation Jet Fighter  7959

⇒ ◆参考にならない比較◆





⇒ RM-08 ウイングスタン







テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog