十三非常階段
●映画 トランスフォーマー  MA-04 オートボットジャズ
Imgp2037jazz.jpg

世界中で話題となったハリウッド映画版『トランスフォーマー』は、
その斬新なデザインも注目され、トイの発売が待たれました。

プレビューフィギュアは別として、ムービーシリーズのトイは
全世界で2007年6月2日解禁、販売開始という、
今までに無い方法をとった事も話題に。

案の定、アメリカのショップでは大々的にこのルールを破り
フライングの嵐でしたが、日本では決まり通り6月2日から発売され、
やはり国民性が真面目なのだと再認させられました。



Imgp2021.jpg
  ◆ 名前 : オートボットジャズ

  ◆グループ: オートボット

  ◆ 変形 : GM ポンティアック・ソルスティス クーペ

 
  ◆シリーズ: 映画 トランスフォーマー

  ◆ 発売 : 2007年6月2日

  ◆ 価格 : 2200円




jazz package1

パッケージ




Imgp2074.jpg

ビークルモード

2005年9月に登場して以来、コンパクト2シーターの
ロードスターとしてはアメリカ市場で最も売れている人気車種。

小型ボディに260馬力の2リッターエンジン搭載している。

ライバル車はマツダ・MX-5 ミアータ(日本名:ロードスター)。



Imgp2064.jpg

映画に登場したジャズは、クーペタイプにリアウイングを
追加し先行して映画に登場させた物で、
2008年のニューヨークモーターショーに
出展したタイプと同様のモデル。

但し一般公開された車にウイングは付かない。



Imgp2067.jpg

リア

2009年にはマグネシウム製のフレームを備え、
アルミニウム製パネルを採用した着脱可能のルーフが
追加されたクーペタイプが発売され、こちらも人気を博した。




トランスフォーム!
jazz transform4

ジャズの変形はムービーシリーズに於いては比較的簡単な方で、
入門編とも呼べる様な、それまでのTFを思わせる変形工程。



jazz automorph

オートモーフ

ルーフを下方に下げると連動して頭部がせり上がり、
背中内部から押されたフロントグリルが
飛び出して、段差のある胸部を構成する。




Imgp2009.jpg

ロボットモード

かなりアレンジされいる物の、ヘッドライトとグリルが
胸に位置する所やバイザーとなっている目、上方に伸びた耳等、
G1マイスターの意匠を引き継いでおり、
他の映画版TFと比べると最もG1期のイメージを有している。



Imgp2011.jpg

リア

2010年のヒューマンアライアンス版は映画のCGを
余す所無く再現し、この2007年版ジャズとは
別キャラクターと思える程スタイルが変わってしまったが、
2007年版のがっしりとした体型や太い脚を持つジャズも
又違った良さを醸し出しており、それぞれに長所がある。




Imgp2033jazz.jpg

『何事もスタイルを持って行わなければ、それをする価値は無い。とジャズは考えている。

最もクールなオートボットであり、衝撃音を伴うサウンドシステムと
滑らかな動きでディセプティコンとの戦いに飛び込んで行く。』



Imgp2045.jpg

『彼の勇気と地球及びオールスパークを
護る事への気持ちに際限は無い。

彼のブレードは敵を狩りたて、ジャズはメガトロン及び
悪の兵士達と接近戦で戦う覚悟を決めている。』




Transformers MA-04 AUTOBOT JAZZ  Tech Spec Movie 2007

テックスペック

・体力 : 6
・知力 : 6
・速度 : 9
・耐久力: 7
・地位 : 8
・勇気 : 9
・火力 : 6
・技能 : 5





jazz wepon sword5

テレスコーピングソード

二段階に伸縮可能なブレード。
腕部を開き、内側のジョイントに取り付ける。

テレスコーピングとは望遠鏡の様な伸縮を意味する。

一見ライフルの様な銃器に見えるが、
砲撃武装のクレッセントキャノンは後に発売された
ファイナルバトルジャズに付属する。




Imgp2030.jpg

ボディリア部は背中から外して肩に装着するとシールドになる。
ホイール中央の穴に刺しこむ方法がデザイン的にも秀逸。

両肩どちらにでも装着可能。



Imgp2088.jpg

テレスコーピングソードはシールドに取り付けられる
ジョイントが設けてあり、装備出来る。

この事は説明書には記載されていない。



Imgp2077.jpg


テレスコーピングソードはカーモードのリアスポイラーに装備可能。

このモードでは刀では無く、益々、車載砲の様なシルエットに見える。



Imgp2080.jpg

リアスポイラーは可動し、上方に角度を付けられる。

テレスコーピングソードは、おおよそ刀に見えないデザインなので、
銃火器として扱って楽しんでも良いだろう。




Imgp2022.jpg

集光ギミック

後頭部はほぼ全域が窓となっており、
バイザーの面積も広いので光り方は申し分無い。





Imgp2046.jpg

劇中ではオプティマスプライムを補佐する副官として登場し、
高官ながら軽いノリと砕けた話し方が印象的だった。
ロック好きのG1マイスターに通ずる性格描写が嬉しい。

反面、戦略家としての頭脳面が優れている表現はあまり見られなかった。
映画の限られた時間枠の中では致し方ないと言えようか。



Imgp2039.jpg

ジャズは意外にもバンブルビーよりも僅かに小柄で、
実車のコンパクトカーの質量を考慮した設定となっていた。

アニメではどの様なサイズにも伸縮可能な
トランスフォーマーであったが、映画ではリアル感を出す為、
変形の前後で質量は変わらないという法則に従っている。




Imgp2034.jpg

又、最も敏捷なオートボットとして活躍し、
『全身のアーマーに摩擦を軽減するメッキ処理が施されている。』
という設定を遺憾無く発揮するスピーディーな動きを見せた。



Imgp2101.jpg

市街戦で走りながら車からロボットに変形して
ブロウルの砲身を掴み、狙いを外させるシークエンスは、
1986年の『トランスフォーマー・ザ・ムービー』で
チャーブリッツウイングに対して行った行動と同じで、
映画スタッフによるファンサービスに好感が持てた。




Imgp2090.jpg

スタイリッシュで体型も頭脳もスマートなジャズは
人気が高いキャラクターだが、映画では
第一作だけの登場で終わってしまい非常に残念。

後にヒューマンアライアンス版が発売された事も
根強い人気の高さの証明であろう。




Imgp2091.jpg

玩具設定では復活を遂げているジャズですが、
映画での再登場は望めそうにありません。

大作映画だけに一度きり登場という、キャラクターを
贅沢に使う傾向が如実に表れた形となりましたが、
数年を経ても、その人気を保ち続ける事が出来るのが
トランスフォーマーの凄味であると言えるでしょう。






Imgp2096.jpg

◆参考にならない比較◆





⇒ ベーシックシリーズ オートボット ジャズ
⇒ EZコレクション ジャズ        `







テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

コメント
いつもながら、実車解説が勉強になります。
本当に、HA版を見たいまとなっては、別キャラのように見えてしまいますね。
G1カラー版、欲しかったなあ。
2010/08/16(月) 11:04:25 | URL | tf-tf | [ 編集 ]
>tf-tfさん
変形モチーフのオリジンが分かると楽しいですよね。
モチーフに関しての記述は、自分への覚え書きでもあるんですw

HAジャズはHAシリーズ中、最高の出来映えですね!
新作が出る度に精度が上がっていくのが凄いと思います。
2010/08/17(火) 17:15:22 | URL | 付喪 | [ 編集 ]



URL

 
PASS
SECRET

Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog