十三非常階段
●トランスフォーマー SCF  ACT-1 G1 ウルトラマグナス
TRANSFORMERS 2010 SCF ACT-1 ULTRA MAGNUS 531

その力量はコンボイロディマスコンボイ
凌駕しているのではないかと思わせるほど、
ウルトラマグナスは完璧なサイバトロン戦士だ。

戦闘力は勿論、統率力、判断力、勇気等、
全てに於いてトップの実力を備えているが、
彼の地位は『ナンバー2』なのである。

定石通りにならない所がトランスフォーマーの面白さだ。



戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー 2010 SCF G1 ウルトラマグナス 527


  ◆ 名前 : ウルトラマグナス

  ◆グループ: サイバトロン 

  ◆ 役割 : シティコマンダー


  ◆シリーズ: トランスフォーマー SCF

  ◆登場作品: トランスフォーマー2010

  ◆ 発売 : 2000年12月末

  ◆ 価格 : 480円





TRANSFORMERS SCF ACT-1 『Sortie! Cybertrons chapter』Package Box

パッケージ




戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー 2010 SCF ACT-1 G1 ウルトラマグナス 516

フロント

叫び顔、構えた腕、開いた脚部という、
アクティブなポーズで立体化されており、
ウルトラマグナスの戦士らしさが表現されている。

脚部の膝下部分はアニメ設定と同じく
ボリュームがあり、迫力が感じられる造形。



戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー 2010 SCF ACT-1 G1 ウルトラマグナス 521

リア

両肩のミサイルランチャーは別パーツで
取り付けてあるので、任意の方向に動かす事が出来る。

又、脚を開き踏み出しているポーズを再現する為に、
足の裏は敢えて斜めに角度を付けて造形するという、
後年のTFユナイトウォリアーズでも採用されていた方法を
2000年の時点で早くも取り入れている事に驚く。




TRANSFORMERS 2010 SCF ACT-1 G1 ULTRA MAGNUS 547

コンボイの片腕で、
スクランブルシティーの指揮官。

コンボイより厚い装甲を持つ。
肩のミサイルは、50キロも離れた的に
命中させる事が出来る。』




TRANSFORMERS 2010 SCF ACT-1 G1 ULTRA MAGNUS 536

ウルトラマグナスロディマスコンボイ
副官として認知されているが、
登場当初はコンボイに次ぐリーダーという
キャラクター性が強調されていた。

事実、『トランスフォーマー ザ・ムービー』で
コンボイが後任を託したのはウルトラマグナスであった。



G1 TRANSFORMERS The Movie SCF ACT-1 G1 ULTRA MAGNUS 533

G1玩具でもウルトラマグナスの役割は
シティコマンダー』とされ、リーダー職となっている。

メトロフレックスエアーボットプロテクトボット達を
指揮するスクランブルシティの司令官である。

ウルトラマグナスのトイも、コンボイと同形のロボットの
パワーアップVer.という造りなので、リーダーに相応しかった。



戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー 2010 SCF G1 ウルトラマグナス 519

誰もがコンボイに代わる新リーダーは
ウルトラマグナスだと信じて疑わない状況があったが、
予想外の若者・ホットロディマスが新司令官になる所に
トランスフォーマー ザ・ムービー』の意外性と面白さがある。

そして日本版アニメのエンディングテーマにも歌われている様に、
ウルトラマグナス・ナンバー2』のキャラクター性が確立するのだ。




戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー 2010 SCF ACT-1 G1 ウルトラマグナス 548

コンボイと同世代のTFであるウルトラマグナスは、
経験の浅いロディマスコンボイの指南役でもあり、
サブリーダーとして最高の人物であったと言える。

反面、大胆で型破りな傾向があるロディマス司令官
支えるウルトラマグナスの苦労は想像に難くない。



TRANSFORMERS 2010 SCF Super Collection Figure G1 ULTRA MAGNUS 541

アニメ『トランスフォーマー2010』の第29話で
宇宙ペストに感染して凶暴化した際は、
「ひよっ子ロディマス」と言い放ち、「ぶっ殺してやる!」と
襲い掛かった姿はショッキングであった。

これはウルトラマグナスの本音が
露呈したと考える事が出来、
ロディマスコンボイの副官を務める事に
相当ストレスが溜まっていた様だ。






戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー 2010 SCF ACT-1 G1 ウルトラマグナス クリアー版 582


  ◆ 名前 : ウルトラマグナス(クリアー版)

  ◆グループ: サイバトロン 

  ◆ 役割 : シティコマンダー


  ◆シリーズ: トランスフォーマー SCF

  ◆登場作品: トランスフォーマー2010

  ◆ 発売 : 2000年12月末

  ◆ 価格 : 480円





戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー 2010 SCF ACT-1 G1 ウルトラマグナス クリアー版 566

フロント

G1期は実際のトイと、それを基にした
アニメデザインは、スタイルが多少異なっていた。

ウルトラマグナスもこの例に漏れず、
G1トイでは構造上、無可動の下半身が
アニメでは大幅に変更された箇所だ。



戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー 2010 SCF ACT-1 G1 ウルトラマグナス クリアー版 573

リア

又、トイではコンボイ型の本体ロボである
マグナス』が背中に収納され露出している。

アニメ設定では背中全体を完全新規デザインとし、
小型ロボ・マグナスの要素は無くしている事が分かる。

SCF版はアニメ版ウルトラマグナスの
背中のディティールを再現した初のフィギュアと言える。




TRANSFORMERS 2010 SCF ACT-1 G1 ULTRA MAGNUS CLear Version 583

ウルトラマグナスはアニメに於いては、
トランスフォーマー ザ・ムービー』及び、
トランスフォーマー2010』で活躍したTFだ。

しかしトイ自体は2010がスタートする
数ヶ月前に既に発売されていた。



TRANSFORMERS 2010 SCF ACT-1 G1 ULTRA MAGNUS CLear Ver. 590

当時、アニメと平行して日本独自に展開していた
スクランブルシティシリーズの中心アイテムの
一つとして登場したウルトラマグナスは、
トイCMや児童誌の記事に於ける活躍が先行している。

ライバルは、同じくトイが先駆けて登場していた
デストロン要塞参謀ガルバトロンである。
この時点では『新破壊大帝』ではなかった。



G1 TRANSFORMERS The Movie SCF ACT-1 G1 ULTRA MAGNUS Clear Ver. 593

上記のスクランブルシティシリーズは、アニメ第一作目の
戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』が
放送中の1986年春からスタートしたトイシリーズだ。

この時期は次作2010や映画の情報は皆無で、
トイは大々的にアピールされていたにも拘らず、
ウルトラマグナスメトロフレックスガルバトロン等が、
一向にTVアニメに登場する気配が無い事は奇妙であった。




TRANSFORMERS 2010 SCF ACT-1 G1 ULTRA MAGNUS CLear Ver. 588

トランスフォーマー2010以前、トイCMに使用された物を除けば、
ウルトラマグナスが登場した唯一のアニメは、
日本オリジナル作品の『スクランブルシティ発動編』だけである。

しかしTV放送は一切行われず、極一部の限られた店舗で
ビデオを流していた程度なので、目にするファンも少なかった。

更にこの作品のビデオソフトは、ロボットポイントを必要とする
通信販売限定という特殊な物だった。



TRANSFORMERS  SCF ACT-1 G1 ULTRA MAGNUS Full Color & CLear Ver. 563

たとえTVアニメが無くとも、児童誌のグラビア記事や
玩具CM、テレフォンサービス等を駆使して
トイを魅力的にアピールし、購買意欲を掻き立てる手法は、
ミクロマンダイアクロン時代から培われてきた
タカラの御家芸とも言うべき販売戦略である。

この手法はトランスフォーマーでも功を奏し、
スクランブルシティシリーズは大ヒットとなった。




TRANSFORMERS 2010 SCF Super Collection Figure G1 ULTRA MAGNUS 556

ナンバー2』である事が個性となっているTFは他にも存在し、
G1TFではマイスタースタースクリームが想起される。

ウルトラマグナスが他と異なるのは『総司令官』の器を
備えている実力者なのだが、トップの座に就いたのは
TFザ・ムービー劇中の僅かな期間のみである。

その後、サブリーダーとなった後も
迷わず邁進するウルトラマグナスの姿は、
非常に頼もしく感銘を受ける物であった。







TRANSFORMERS G1 ULTRA MAGNUS 553

◆参考にならない比較◆





⇒ ロボットヒーローズ ウルトラマグナス








テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog